【イチハツ(植物)のまとめ!】育て方(苗の植え付けや植え替え)と花言葉等8個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、イチハツについてまとめていきたいと思います。

 

イチハツはアヤメ科の植物で、中国が原産です。

日当たりが良い斜面や放牧地などに自生します。

 

名前は開花時期が早く、一番に咲くということから「一初」となっているようです。

学名は「Iris tectorum」と言います。

 

今回は、イチハツについてのポイント、

①イチハツの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②イチハツの画像(写真)!花の特徴は?
③イチハツの開花時期や季節はいつ頃なの?
④イチハツの苗の植え付けのポイントは?
⑤イチハツの植え替えのポイントは?
⑥イチハツの販売場所は?どこで買える?
⑦イチハツとアヤメやジャーマンアイリスの違いはなに?
⑧イチハツの花言葉はなに?

 

以上8個の点についてお伝えします。

まずはイチハツの育て方からお伝えします!

 

イチハツの育て方(栽培)は?

 

イチハツは、耐寒性、耐暑性ともに強い植物であるため、冬と夏の時期は特に対策は必要はありません。

 

注意点として、開花後の花を放っておくと株が弱る原因となるため、開花後の花をしっかりと切り取ります。

イチハツは丈夫ですが開花しない原因として根詰まりがあります。

 

株が込み合ってきたら定期的に植え替えを行うようにします。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、イチハツが好む環境についてお伝えします!

 

イチハツの育て方(栽培)!環境はどうする?

 

イチハツを育てる際は、日当たりが良く少し湿度がある環境で管理します。

乾燥しやすい夏の時期は半日陰に移動して育てるのが安全です。

 

次は、イチハツに適した用土についてお伝えします!

 

イチハツを育てる際の適した用土は何?

 

イチハツを育てる際は、水はけの良い用土を使用します。

市販の培養土または赤玉土7:腐葉土3の割合で混ぜたものがオススメです。

 

次は、イチハツに必要な肥料についてお伝えします!

 

イチハツの育て方(栽培)!肥料はどうする?

 

イチハツを育てる際は、肥料は多くは必要ありません。

春と秋にそれぞれ1回、緩効性の肥料を株元に与えます。

 

では次は、イチハツの水やりポイントについてお伝えします!

 

イチハツを育てる際の水の量はどうする?

 

イチハツは乾燥には強い植物であるため、鉢植えの表面が乾いたら水を与えます。

庭植えの場合は、自然の降雨のみで大丈夫です。

 

以上で基本的なイチハツの育て方については終わりです。

次はイチハツの写真をお見せします!

 

イチハツの画像(写真)!花の特徴は?

 

 

イチハツの花は、外側に3枚と内側に3枚花弁があり、外側の花弁にはトサカ状の突起物がつき倒卵型で下に垂れ下がっているのが特徴です。

 

花径は10cmほどで、花色は青、紫、白の種類があります。

葉は2列に互生してつき、長さは15~50cmで剣状で垂れ下がります。

 

草丈は30~50cmほどです。

 

次はイチハツの開花時期や季節についてお伝えします。

 

イチハツの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

イチハツの開花時期は、春(4~5月)です。

花径の高さは20~50cmほどになり、多少ですが枝分かれして先端に2~3個の花を付けます。

 

次にイチハツの苗の植え付けのポイントについてお伝えします。

 

イチハツの苗の植え付けのポイントは?

 

イチハツの植え付けの適期は5~6月です。

 

植えてる場所は水はけを良くしていることが大切です。

植え付け後は根付くまで、乾燥に注意して管理するのがポイントです。

 

次はイチハツの植え替えのポイントについてお伝えします。

 

イチハツの植え替えのポイントは?

 

イチハツの植え替えの時期は5~6月です。

 

植え替えの基準としては、株が込み合ってきたら実施します。

 

庭植えの場合は3~4年に1度植え替えを行います。

鉢植えの場合は、2年に1度植え替えを行います。

 

それでは次にイチハツはどこで買えるのかをお伝えします。

 

イチハツの販売場所は?どこで買える?

 

イチハツは園芸店のほかにオンラインでも購入することができます。

 

販売価格としては、10.5cmポットで1000~1500円ほどで購入できます。

イチハツは開花が早いのが特徴で、他の園芸花と差別化を図るために育ててみるのもオススメです。

 

次にイチハツとアヤメやジャーマンアイリスの違いについてお伝えします。

 

イチハツとアヤメやジャーマンアイリスの違いはなに?

 

イチハツとアヤメ、ジャーマンアイリスとの違いは葉と花にあります。

 

イチハツとアヤメの花の違いとしては、外側の花弁にあるトサカ状の突起の有無、花弁の付け根の色がイチハツは白色だがアヤメは黄色です。

葉の違いは、アヤメの幅が1cmほどに対してイチハツは4cmと幅広で、スジが目立ちます。

 

イチハツとジャーマンアイリスの花の違いは、ジャーマンアイリスの内側の花はお互いに抱え込むように湾曲しています。

 

また、ジャーマンアイリスの外側の花にはトサカ状の突起はなく、付け根にブラシ状の「ひげ」があるのが特徴です。

葉の違いは、イチハツは根元から斜めに伸び垂れ下がりますが、ジャーマンアイリスは直立します。

 

それでは最後にイチハツの花言葉についてお伝えします。

 

イチハツの花言葉はなに?

 

イチハツの花言葉は「火の用心」「使者」「知恵」などがあります。

 

”火の用心”は、かつてかぶき屋根の上にイチハツを植えて、屋根を守っていたことが由来となっているようです。

”使者”、”知恵”はギリシャ神話に由来するものと言われています。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

イチハツのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは9個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①イチハツの育て方(環境、土、肥料、水やり)

イチハツを育てる際は、日当たりが良く少し湿度がある環境で管理します。

育てる際の用土は、水はけの良いものを使用します。

育てる際の肥料は多くは必要ありません。

春と秋にそれぞれ1回、緩効性の肥料を株元に与えます。

イチハツは乾燥には強い植物であるため、鉢植えの表面が乾いたら水を与えます。

庭植えの場合は、自然の降雨のみで大丈夫です。

 

②イチハツの画像(写真)!花の特徴は?

イチハツの花は、外側に3枚と内側に3枚花弁があり、外側の花弁にはトサカ状の突起物がつき倒卵型で下に垂れ下がっているのが特徴です。

花径は10cmほどで、花色は青、紫、白の種類があります。

 

③イチハツの開花時期や季節はいつ頃なの?

イチハツの開花時期は、春(4~5月)です。

 

④イチハツの苗の植え付けのポイントは?

イチハツの植え付けの際は、植えつける場所の水はけを良くしていることが大切です。

植え付け後は根付くまで、乾燥に注意して管理するのがポイントです。

 

⑤イチハツの植え替えのポイントは?

イチハツの植え替えの時期は5~6月です。

植え替えの基準としては、株が込み合ってきたら実施します。

庭植えの場合は3~4年に1度植え替えを行います。

鉢植えの場合は、2年に1度植え替えを行います。

 

⑥イチハツの販売場所は?どこで買える?

イチハツは園芸店のほかにオンラインでも購入することができます。

販売価格としては、10.5cmポットで1000~1500円ほどで購入できます。

 

⑦イチハツとアヤメやジャーマンアイリスの違いはなに?

イチハツとアヤメ、ジャーマンアイリスとの違いは花と葉にあります。

イチハツとアヤメの花の違いとしては、外側の花弁にあるトサカ状の突起の有無、花弁の付け根の色がイチハツは白色ですがアヤメは黄色です。

葉の違いは、アヤメの幅が1cmほどに対してイチハツは4cmと幅広で、スジが目立つのが特徴です。

イチハツとジャーマンアイリスの花の違いは、ジャーマンアイリスの内側の花はお互いに抱え込むように湾曲しています。

また、ジャーマンアイリスの外側の花にはトサカ状の突起はなく、付け根にブラシ状の「ひげ」があるのが特徴です。

葉の違いは、イチハツは根元から斜めに伸び垂れ下がりますが、ジャーマンアイリスは直立します。

 

⑧イチハツの花言葉はなに?

イチハツの花言葉は「火の用心」「使者」「知恵」などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)