アキノキリンソウの育て方!開花時期や花言葉など7個のポイント!








夏から秋にかけて、黄色い明るい花を咲かせるアキノキリンソウ。

 

 

キク科アキノキリンソウ属、ユーラシア原産の多年草です。

和名は「秋の麒麟草」で、ベンケイソウ科のキリンソウに似た花を秋に咲かせることから、この名前がついたそうです。

 

アキノキリンソウといえばなんといっても、花が魅力的です。

そんな花の特徴画像似ている花花言葉など紹介しています。

ぜひチェックしてみてください。

 

今回はアキノキリンソウについてのポイント、

①アキノキリンソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②アキノキリンソウの開花時期はいつ頃?
③アキノキリンソウはどんな花が咲く?特徴は?
④アキノキリンソウの画像集!
⑤アキノキリンソウの花が咲かない原因は?
⑥アキノキリンソウに似た花って何があるの?
⑦アキノキリンソウの花言葉はなに?

 

以上の7個についてお伝えします。

まずはアキノキリンソウの育て方からお伝えします!

 

アキノキリンソウの育て方は?

 

アキノキリンソウを育てる上で注意すべきポイントは、生育環境です。

 

中でも、日当たりがキーポイントになります。

しっかりと花をつけるためにも、注意してくださいね。

 

それ以外に関しましては、特に気にせずとも大丈夫です。

比較的育てやすい植物なので、楽しく育てていきましょう!

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、アキノキリンソウが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

アキノキリンソウの育て方!環境はどうする?

 

アキノキリンソウは日当たりのいい場所が適しています。

 

 

日陰では育たないので注意してください。

 

また、水はけのいい環境がよいでしょう。

元々は、山地や草地に自生している植物です。

 

ですので、できるだけ生息している環境に近い状態で育てていきましょう。

 

次は、アキノキリンソウに適した用土についてお伝えします!

 

アキノキリンソウを育てる際の適した用土は何?

 

アキノキリンソウは、水はけのいい土が適しています。

 

自分で作る場合、赤玉土(小粒)を7、腐葉土を3の割合で混ぜるとよいでしょう。

小型の品種の場合には、一般的な山草用培養土がオススメです。

また、土は水洗いをし、みじんを抜いておきましょう。

 

次は、アキノキリンソウに必要な肥料についてお伝えします!

 

アキノキリンソウの育て方!肥料はどうする?

 

アキノキリンソウには、元肥として緩行性の化成肥料を混ぜ込んでおきましょう。

 

 

その後は、4~9月にかけて与えていきます。

頻度としては1ヶ月に2度、液体肥料を2000倍に薄めたものがよいでしょう。

肥料の与えすぎには注意してくださいね。

庭植えの場合には、肥料は必要ありません。

 

次は、アキノキリンソウの水やりポイントについてお伝えします!

 

アキノキリンソウを育てる際の水の量はどうする?

 

アキノキリンソウは鉢植えの場合、土の表面が乾燥したらたっぷりと水を与えましょう。

品種によっては乾燥を嫌うものもありますので、二重鉢にするなどの対策をしてください。

 

庭植えの場合、特に水やりは必要ありません。

晴れの日が続くようでしたら、様子を見て与えてくださいね。

 

以上で基本的なアキノキリンソウの育て方については終わりです。

次はアキノキリンソウの開花時期についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

アキノキリンソウの開花時期はいつ頃?

 

アキノキリンソウの開花時期は、夏~秋です。

 

 

具体的には、8~11月に花を咲かせます。

 

見逃さないように、しっかりとチェックしてみてくださいね。

どんな花を咲かせるか、また似ている花との区別などをこれから紹介していきます。

 

次は、アキノキリンソウの特徴についてお伝えします!

 

アキノキリンソウはどんな花が咲く?特徴は?

 

アキノキリンソウは、黄色い花を咲かせます。

花の1つ1つは小さいですが、総状に咲かせるため、見応えがあります。

 

花びらは細長いため、涼しげな印象を受けます。

花の真ん中に筒状花があるのも特徴です。

 

次は、アキノキリンソウの画像集についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

アキノキリンソウの画像集!

 

こちらがアキノキリンソウの画像です。

綺麗な黄色の花が咲きます。

 

次は、アキノキリンソウの花が咲かない原因についてお伝えします!

 

アキノキリンソウの花が咲かない原因は?

 

アキノキリンソウは、日陰では花を咲かせません。

 

最悪の場合、育つこともないでしょう。

ですので、しっかりと日に当てて育ててくださいね。

 

他には、花が咲かない原因は特にありません。

ですので、比較的丈夫で育てやすいでしょう。

 

日当たりにだけ、気をつけてくださいね。

 

次は、アキノキリンソウに似た花についてお伝えします!

 

アキノキリンソウに似た花って何があるの?

 

アキノキリンソウに似た花には、ミヤマアキノキリンソウというものがあります。

どちらもキク科アキノキリンソウ属です。

 

見分け方は、花のつく場所です。

 

アキノキリンソウは全体的に花をつけます。

対してミヤマアキノキリンソウは、上部にまとまって花をつける傾向があります。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

次は、アキノキリンソウの花言葉についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

アキノキリンソウの花言葉はなに?

 

アキノキリンソウの花言葉には「予防」「用心」「警戒」などがあります。

 

 

アキノキリンソウは、花の蜜を守るため、絹のような綿毛がそれを包んでいると、言われていました。

それが由来となって「予防」などの花言葉がついたそうです。

 

プレゼントには不向きな花言葉ですね。

 

また、アキノキリンソウは8月13日の誕生花です。

 

  • オススメ記事

ユリオプスデージーの育て方等はこちらをご覧下さい。

ヘリクリサムの育て方等はこちらをご覧ください。

ユーフォルビアの育て方等はこちらをご覧ください。

 

アキノキリンソウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7個ありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①アキノキリンソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)

環境は、日当たりのいい場所が適しています。

土は、水はけのいいものが適しています。

肥料は、元肥として緩行性の化成肥料を混ぜ込んでおきましょう。

その後は、4~9月にかけて1ヶ月に2度、液体肥料を2000倍に薄めたものを与えます。

水は、鉢植えの場合には土の表面が乾燥したらたっぷりと与えましょう。

庭植えの場合、特に必要ありません。

 

②アキノキリンソウの開花時期はいつ頃?

アキノキリンソウの開花時期は、夏~秋です。

 

③アキノキリンソウはどんな花が咲く?特徴は?

アキノキリンソウは、黄色い花を咲かせます。

花の真ん中に筒状花があるのも特徴です。

 

⑤アキノキリンソウの花が咲かない原因は?

アキノキリンソウは、日陰では花を咲かせません。

 

⑥アキノキリンソウに似た花って何があるの?

アキノキリンソウに似た花には、ミヤマアキノキリンソウというものがあります。

 

⑦アキノキリンソウの花言葉はなに?

アキノキリンソウの花言葉には「予防」「用心」「警戒」などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)