【ベゴニアのまとめ!】挿し木や花言葉など11個のポイント!






ハート型の花びらが特徴のベゴニア。

 

シュウカイドウ科シュウカイドウ属、熱帯などが原産の植物です。

春~夏にたくさん花を咲かせてくれます。

 

ベゴニアは花や葉の姿からついた花言葉があります。

ベゴニアのように可愛らしい花言葉です。

ぜひチェックしていってくださいね。

 

今回はベゴニアについてのポイント、

①ベゴニアの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ベゴニアの開花時期はいつ頃?
③ベゴニアを地植え(庭植え)で育てるポイントは?
④ベゴニアの植え替え時期とポイントは?
⑤ベゴニアの切り戻し(剪定)の方法はどうする?
⑥ベゴニアの注意すべき病気や害虫は?対策方法も!
⑦ベゴニアの寄せ植えのポイントは?
⑧ベゴニアの増やし方は?
⑨ベゴニアの挿し木のやり方は?
⑩ベゴニアの花言葉はなに?
⑪ベゴニアの種類や品種は何がある?

 

以上の11個についてお伝えします。

まずはベゴニアの育て方からお伝えします!

 

ベゴニアの育て方は?

 

ベゴニアは比較的育てやすい植物です。

 

ベゴニアを育てるときのポイントは、水やりです。

水を与えるときには、土や根元部分へと与えていきましょう。

 

また、寒さには弱いので、冬には室内へと取り込んであげてください。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ベゴニアが好む環境についてお伝えします!

 

ベゴニアの育て方!環境はどうする?

 

ベゴニアは日当たりのいい場所が適しています。

 

 

ですが、直射日光に当ててしまうと葉焼けを起こす可能性があります。

ですので、明るい日陰がちょうどよいでしょう。

 

また、ベゴニアは高温多湿に強いです。

ですが、寒さには弱いので冬は注意してください。

 

次は、ベゴニアに適した用土についてお伝えします!

 

ベゴニアを育てる際の適した用土は何?

 

ベゴニアは、水はけのいい土が適しています。

 

自分で作る場合には、赤玉土(小粒)を5、腐葉土を3、鹿沼土を2の割合で混ぜるとよいでしょう。

 

ただし、室内で育てる場合には腐葉土はオススメできません。

 

なぜなら、腐葉土はにおいを放つ土だからです。

ですので、室内で育てる場合には、腐葉土ではなくピートモスがオススメです。

次は、ベゴニアに必要な肥料についてお伝えします!

 

ベゴニアの育て方!肥料はどうする?

 

ベゴニアは、元肥として緩効性の化成肥料を与えます。

 

 

このとき、根元部分へ混ぜ込むように与えてください。

 

その後は夏~秋に、液体肥料を与えましょう。

頻度としては、1週間に1度がよいでしょう。

緩効性の化成肥料を与える場合は、月に1度でかまいません。

 

次は、ベゴニアの種まきについてお伝えします!

 

ベゴニアの種まき時期と種まきのポイントは?

 

ベゴニアの種まきは、2~3月が適期です。

品種に合わせた土を用意し、まいていきましょう。

 

ポイントは、種をまいた後に土で覆わないことです。

種まき後には、乾燥させないように管理します。

 

1年ほどすれば、開花するようになるので、じっくりと育てていきましょう。

 

次は、ベゴニアの水やりポイントについてお伝えします!

 

ベゴニアを育てる際の水の量はどうする?

 

ベゴニアは、土の表面が乾燥していたら水をたっぷりと与えましょう。

 

注意点としては、茎や葉に水をかけないようにすることです。

茎や葉に水をかけると、水がたまり、傷んでしまうこともあります。

土へと水を与えてくださいね。

 

葉に水を与えたい場合には、霧吹きなどがオススメです。

 

以上で基本的なベゴニアの育て方については終わりです。

次はベゴニアの開花時期についてお伝えします!

 

ベゴニアの開花時期はいつ頃?

 

ベゴニアは1年中花を咲かせます。

 

 

ですが、最も開花する時期があります。

それは、3~5月と9~10月です。

 

多年草なため花もちがよく、たくさん楽しむことが出来ます。

 

次は、ベゴニアの地植え(庭植え)についてお伝えします!

 

ベゴニアを地植え(庭植え)で育てるポイントは?

 

ベゴニアは寒さに弱いので、暖かい地域では地植えで育てることもできます。

 

西日が当たらない場所へと植え付けましょう。

夏には半日陰となる場所がオススメです。

 

植え付ける前には、腐葉土とピートモスを混ぜ込んでおきましょう。

 

また、害虫には注意してくださいね。

 

次は、ベゴニアの植え替えについてお伝えします!

 

ベゴニアの植え替え時期とポイントは?

 

ベゴニアの植え替えは3~4月が適期です。

 

頻度としては2年に1度、植え替えるとよいでしょう。

1回りほど大きな鉢へと植え替えます。

 

植え替えることで土の通気性ほ確保でき、元気に育ってくれます。

鉢から根が出ているようでしたら、必ず行ってくださいね。

 

次は、ベゴニアの切り戻し(剪定)についてお伝えします!

 

ベゴニアの切り戻し(剪定)の方法はどうする?

 

ベゴニアの切り戻しは8月が適期です。

 

 

茎の半分ほどまで切り戻していきましょう。

 

茎が伸びすぎてしまうと、花つきが悪くなってしまいます。

ですので、しっかりと切り戻しをしてくださいね。

 

また、古い株は株元から切り戻してしまってかまいません。

 

次は、ベゴニアの注意すべき病気や害虫についてお伝えします!

 

ベゴニアの注意すべき病気や害虫は?対策方法も!

 

ベゴニアが注意すべき病気は、うどんこ病です。

 

うどんこ病は、冬などの寒い季節で乾燥しやすい時期に発生します。

殺菌剤を用いて予防しましょう。

 

ベゴニアが注意すべき害虫は、ホコリダニです。

夏に発生しやすい害虫です。

見つけ次第、駆除していきましょう。

 

次は、ベゴニアの寄せ植えについてお伝えします!

 

ベゴニアの寄せ植えのポイントは?

 

ベゴニアは1年中楽しむことのできる植物です。

ですので、寄せ植えでも活躍してくれるでしょう。

 

花は比較的小さめなので、メインとなる植物の周りに植えるとよいかもしれません。

 

また、カラーリーフと合わせるのもオススメです。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

次は、ベゴニアの増やし方についてお伝えします!

 

ベゴニアの増やし方は?

 

ベゴニアの増やし方には、種まきと挿し木があります。

 

 

種まきについては既に紹介しました。

ですので、挿し木について詳しく紹介していこうと思います。

 

次は、ベゴニアの挿し木についてお伝えします!

 

ベゴニアの挿し木のやり方は?

 

ベゴニアの挿し木は4~6月と9~10月が適期です。

 

まず、茎を15cmほどの長さで切ります。

このとき、葉は3枚ほど残し、他の葉は落としていきましょう。

 

次に切った茎を2時間ほど水につけます。

そして、挿し木用の土へと挿せば完了です。

次は、ベゴニアの花言葉についてお伝えします!

 

ベゴニアの花言葉はなに?

 

ベゴニアの花言葉は「愛の告白」「片想い」などがあります。

 

 

ベゴニアは花がハートのような形をしています。

 

また、葉は左右非対称です。

そういったことからこれらの花言葉がついたようです。

 

次は、ベゴニアの種類や品種についてお伝えします!

 

ベゴニアの種類や品種は何がある?

 

ベゴニアは主に3つのタイプに分けることが出来ます。

 

1つ目は、茎をまっすぐに伸ばす木立性ベゴニア

2つ目は、地を這うように生長する根茎性ベゴニア

3つ目は、地中に根を張らない球根性ベゴニア

 

品種によってタイプが違うので、育てる際にはチェックしてみてください。

品種には、ピンク・ミュージアムやグラナダなどがあります。

 

  • オススメ記事

ニチニチソウの育て方等はこちらをご覧下さい。

ミセバヤの育て方等はこちらをご覧ください。

ルコウソウの育て方等はこちらをご覧ください。

 

ベゴニアのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは11個ありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①ベゴニアの育て方(環境、土、肥料、水やり)

日当たりのいい場所が適しています。

土は、水はけのいいもの適しています。

肥料は、元肥として緩効性の化成肥料を与えます。

夏~秋に、液体肥料を与えましょう。

種まきは、2~3月が適期です。

水は、土の表面が乾燥していたら水をたっぷりと与えましょう。

 

②ベゴニアの開花時期はいつ頃?

ベゴニアは1年中花を咲かせます。

最も開花する時期は、3~5月と9~10月です。

 

③ベゴニアを地植え(庭植え)で育てるポイントは?

ベゴニアは寒さに弱いので、暖かい地域では地植えで育てることもできます。

植え付ける前には、腐葉土とピートモスを混ぜ込んでおきましょう。

 

④ベゴニアの植え替え時期とポイントは?

ベゴニアの植え替えは3~4月が適期です。

頻度としては2年に1度、1回りほど大きな鉢へと植え替えます。

 

⑤ベゴニアの切り戻し(剪定)の方法はどうする?

ベゴニアの切り戻しは8月が適期です。

茎の半分ほどまで切り戻していきましょう。

 

⑥ベゴニアの注意すべき病気や害虫は?対策方法も!

ベゴニアが注意すべき病気は、うどんこ病です。

殺菌剤を用いて予防しましょう。

ベゴニアが注意すべき害虫は、ホコリダニです。

見つけ次第、駆除していきましょう。

 

⑦ベゴニアの寄せ植えのポイントは?

花は比較的小さめなので、メインとなる植物の周りに植えるとよいかもしれません。

また、カラーリーフと合わせるのもオススメです。

 

⑧ベゴニアの増やし方は?

ベゴニアの増やし方には、種まきと挿し木があります。

 

⑨ベゴニアの挿し木のやり方は?

ベゴニアの挿し木は4~6月と9~10月が適期です。

茎を15cmほどの長さで切り、葉は3枚ほど残して他の葉は落としていきましょう。

次に切った茎を2時間ほど水につけ、挿し木用の土へと挿せば完了です。

 

⑩ベゴニアの花言葉はなに?

ベゴニアの花言葉は「愛の告白」「片想い」などがあります。

 

⑪ベゴニアの種類や品種は何がある?

ベゴニアは主に3つのタイプに分けることが出来ます。

1つ目は、茎をまっすぐに伸ばす木立性ベゴニア。

2つ目は、地を這うように生長する根茎性ベゴニア。

3つ目は、地中に根を張らない球根性ベゴニアです。

品種には、ピンク・ミュージアムやグラナダなどがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)