【シモクレン(紫木蓮)のまとめ!】育て方(育て方や似た花)と花言葉等7個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、シモクレンについてまとめていきたいと思います。

 

シモクレンはモクレン科の高木で平安時代の「和名類聚抄」にもその名があるように古い時代に中国から伝わりました。

最初は観賞用ではなく、蕾を頭痛や鼻炎に効く漢方薬にするために持ち込まれたそうです。

 

今回は、シモクレンについてのポイント、

①シモクレンの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②シモクレンの画像(写真)!特徴は?
③シモクレンの開花時期や季節はいつ頃なの?
④シモクレンの剪定のポイントは?
⑤シモクレンに似た花は何がある?
⑥シモクレンの花言葉はなに?
⑦シモクレンの種類や品種は何があるの?

 

以上7個の点についてお伝えします。

まずはシモクレンの育て方からお伝えします!

 

シモクレンの育て方は?

 

 

シモクレンは樹木のため、樹高は高くありませんが横枝が広がるため、直径3mの広さが確保できる庭が必要です。

 

どんどん大きくなるため、鉢植えには向いていません。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、シモクレンが好む環境についてお伝えします!

 

シモクレンの育て方!環境はどうする?

 

シモクレンが育つ環境としては、広さがあり日当たりの良い場所で育てましょう。

そうすることで生育が進み、花も良く咲かせます。

 

次は、シモクレンに適した用土についてお伝えします!

 

シモクレンを育てる際の適した用土は何?

 

シモクレンを育てる際、必要な用土は、腐食質に富んだ水はけの良い土にしましょう。

 

植え付け期は、落葉期の1月から3月上旬に元肥として腐葉土と完熟堆肥を混ぜてすきこんでから根を軽くくずして下さい。

深植えにならないように浅めに植え付けましょう。

 

次は、シモクレンに必要な肥料についてお伝えします!

 

シモクレンの育て方!肥料はどうする?

 

シモクレンの肥料については、若木と成木で時期の違いがあります。

若木は、5月、9月、1月に、援劫性化成肥料や油かすを与えましょう。

 

ただし、9月はチッ素分の少ない肥料を与えて下さい。

成木は、5月、1月に若木と同じ肥料を施して下さい。

 

では次は、シモクレンの水やりポイントについてお伝えします!

 

シモクレンを育てる際の水の量はどうする?

 

シモクレンの水やりについては、植え付け直後は土が乾いたら与えるようにしましょう。

樹木が成長してからは、与える必要はありません。

 

以上で基本的なシモクレンの育て方については終わりです。

次はシモクレンの写真をお見せします!

 

シモクレンの画像(写真)!特徴は?

 

 

こちらがシモクレンの写真です。

 

シモクレンはモクレン科に属する樹木で樹の高さは4mから5mほどです。

シモクレンは名前の通り、外側が紅紫色で白色の花を咲かせます。

 

次に、シモクレンの開花時期をお伝えします!

 

シモクレンの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

シモクレンの開花時期は春先の4月が見ごろです。

樹の上の方から、ピンク色や白色の花が咲き、満開時にはとてもきれいですよ。

 

次は、シモクレンの剪定のポイントをお伝えします!

 

シモクレンの剪定のポイントは?

 

 

シモクレンは、成長につれて卵形に形どられますが剪定する場合は、花後、新葉が出る前に行いましょう。

 

伸びすぎた枝や込み合った枝は、3芽ほど残して外に向いている芽の上で切り取ります。

枯れ枝や徒長枝はそのまま基部から切り取りましょう。

 

次に、シモクレンに似た花をお伝えします!

 

シモクレンに似た花は何がある?

 

 

シモクレンに似た花には、ハクモクレンモクレンがあります。

 

違いとしては、ハクモクレンは樹高が20mもある高木で花弁が9枚の白色の花をつけます。

モクレンは、4mから5mの中高木で横に広がり、花弁が6枚の花をつけます。

 

公園などで、シモクレンとの違いを探してみると良いと思います。

 

次は、シモクレンの花言葉をお伝えします!

 

シモクレンの花言葉はなに?

 

 

シモクレンの花言葉には、

「自然への愛」

「崇高」

「忍耐」

「威厳」

という意味があります。

 

樹木が忍耐強く育ち、枝の上から花を咲かせる様子から、自然への愛を感じさせます。

 

それでは最後に、シモクレンの種類や品種をお伝えします!

 

シモクレンの種類や品種は何があるの?

 

モクレンの品種にはたくさんの種類がありますが、シモクレンは紫色の花の原種として区別されています。

また、欧米ではマグノリアという別名でたくさんの園芸品種が流通しています。

 

モクレンの主な品種としては、

  • トウモクレン
  • キンジュ
  • エリザベス
  • イエローリバー
  • ハクモクレン
  • サラサモクレン

 

などがあります。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

シモクレンのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①シモクレンの育て方(環境、土、肥料、水やり)

シモクレンは樹木のため、樹高は高くありませんが横枝が広がるため、直径3mの広さが確保できる庭が必要です。

育つ環境としては、広さがあり日当たりの良い場所で育てましょう。

シモクレンを育てる際、必要な用土は、腐食質に富んだ水はけの良い土にしましょう。

植え付け期は、落葉期の1月から3月上旬に元肥として腐葉土と完熟堆肥を混ぜてすきこんでから根を軽くくずして下さい。

シモクレンの肥料については、若木は、5月、9月、1月に、援劫性化成肥料や油かすを与えましょう。

成木は、5月、1月に若木と同じ肥料を施して下さい。

シモクレンの水やりについては、植え付け直後は土が乾いたら与えるようにしましょう。樹木が成長してからは、与える必要はありません。

 

②シモクレンの画像(写真)!特徴は?

シモクレンは名前の通り、外側が紅紫色で白色の花を咲かせます。

 

③シモクレンの開花時期や季節はいつ頃なの?

シモクレンの開花時期は春先の4月が見ごろです。

 

④シモクレンの剪定のポイントは?

シモクレンは、成長につれて卵形に形どられますが剪定する場合は、花後、新葉が出る前に行いましょう。

伸びすぎた枝や込み合った枝は、3芽ほど残して外に向いている芽の上で切り取ります。

枯れ枝や徒長枝はそのまま基部から切り取りましょう。

 

⑤シモクレンに似た花は何がある?

シモクレンに似た花には、ハクモクレンやモクレンがあります。

 

⑥シモクレンの花言葉はなに?

シモクレンの花言葉には、「自然への愛」「崇高」「忍耐」「威厳」という意味があります。

 

⑦シモクレンの種類や品種は何があるの?

モクレンの品種にはたくさんの種類がありますが、シモクレンは紫色の花の原種として区別されています。

また、欧米ではマグノリアという別名でたくさんの園芸品種が流通しています。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)