【トラデスカンチアのまとめ!】育て方(増やし方や挿し木)と花言葉等7個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、トラデスカンチアについてまとめていきたいと思います。

 

トラデスカンチアはツユクサ科の多年草です。

葉に班が入るのが特徴的で、株全体に白い軟毛に覆われている品種は、白雪姫と呼ばれています。

 

今回は、トラデスカンチアについてのポイント、

①トラデスカンチアの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②トラデスカンチアの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?
③トラデスカンチアの開花時期や季節はいつ頃なの?
④トラデスカンチアの増やし方!挿し木のポイントは?
⑤トラデスカンチアは風水に良い観葉植物なの?
⑥トラデスカンチアの花言葉はなに?
⑦トラデスカンチアの種類や品種は何があるの?ラベンダーやシラモンタナなど

 

以上7個の点についてお伝えします。

まずはトラデスカンチアの育て方からお伝えします!

 

トラデスカンチアの育て方は?

 

 

トラデスカンチアは庭植え、鉢植え両方で育てる事ができます。

植え付けに最適な時期は、4月から9月です。

 

鉢植えの場合は、成長するにつれて根詰まりを起こしやすいため、小さい鉢は選ばず一回り大きめの鉢を使うようにしましょう。

 

庭植えの場合は、水はけの良い土にそのまま植え付けてください。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、トラデスカンチアが好む環境についてお伝えします!

 

トラデスカンチアの育て方!環境はどうする?

 

トラデスカンチアが好む環境は、日が良く当たる場所か、明るさのある日陰を好みます。

日光が弱い場所で育てると株が徒長してしまうので注意しましょう。

 

次は、トラデスカンチアに適した用土についてお伝えします!

 

トラデスカンチアを育てる際の適した用土は何?

 

トラデスカンチア鉢植えで育てる場合は、赤玉土の小粒を6、腐葉土3、小粒の軽石1を混ぜた土が適しています。

 

腐植土で水はけの良い土がおすすめです。

市販の観葉植物用の培養土を使ってもいいでしょう。

 

次は、トラデスカンチアに必要な肥料についてお伝えします!

 

トラデスカンチアの育て方!肥料はどうする?

 

トラデスカンチアの肥料については、

春から秋の生長期は、2ヶ月に1回、援劫性化成肥料を与えるようにしましょう。

 

定期的に、即効性の液体肥料を1週間に1度与えても良いです。

 

では次は、トラデスカンチアの水やりポイントについてお伝えします!

 

トラデスカンチアを育てる際の水の量はどうする?

 

トラデスカンチアの水やりは、鉢植え、庭植え共に、土の表面が乾いてきたら与えるようにしましょう。

季節に応じて、春から秋は、土の表面が乾く度に水を与え、秋から冬にかけては、水やりの回数を減らして、乾燥に注意して管理して下さい。

 

以上で基本的なトラデスカンチアの育て方については終わりです。

次はトラデスカンチアの写真をお見せします!

 

トラデスカンチアの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

 

こちらがトラデスカンチアの写真です。

 

トラデスカンチアはツユクサ科の多年草で観葉植物として楽しまれています。

花は花弁が3つからなり、葉の真ん中から紫色や群青色の花を咲かせます。

 

茎がほふくする種類が多いのが特徴です。

 

また、葉に白色や、黄色、紫色の班が入る品種は、葉の色がきれいな事も特徴的です。

 

次に、トラデスカンチアの開花時期をお伝えします!

 

トラデスカンチアの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

トラデスカンチアの開花時期は、春から初夏にかけてです。

比較的長く、花を楽しむことができます。

 

鉢植えで室内で育てる場合は、冬に開花することもありますよ。

 

また、品種によっては花だけではなく葉の色彩の変化を楽しむことができます。

 

次は、トラデスカンチアの挿し木のポイントをお伝えします!

 

トラデスカンチアの増やし方!挿し木のポイントは?

 

 

トラデスカンチアの増やし方については、株分けと差し芽があります。

株分けは、4月から9月に株を鉢いっぱいになってから行いましょう。

 

古い土を1/3程度落としてから、2株から3株に分けて下さい。一緒に茎葉も1/3程度落としてから明るい日陰に置きましょう。

1週間程度立ったら、元の場所に植え変えて下さい。

 

差し芽は、4月から9月に行い、茎の先を5節ほどつけたまま切り、下の葉は2枚落とし差し穂を作ります。

 

ポット(3号)に赤玉土をいれて、差し穂の半分程度を土に差しましょう。

明るい日陰に置いてからは、差した部分の乾燥に気をつけながら水を与えてください。

 

10日ほどで発根したら、植え付け用の土を敷いた鉢に移しましょう。

しおれなければ、元鉢に戻して下さい。

 

株分けと差し芽、トラデスカンチアの生育状況に合わせて増やしていくと良いと思います。

 

それでは次に、トラデスカンチアは風水に良い観葉植物なのかをお伝えします!

 

トラデスカンチアは風水に良い観葉植物なの?

 

トラデスカンチア風水にも良い観葉植物とされています。

 

具体的には、健康運や家庭運を上げてくれると考えられています。

庭がある場合は、土の気を吸収する効果があるため、ガーデニングをすると良いでしょう。

 

マンションなどの室内でも、土に向かって葉の伸びるトラデスカンチアを置く事で効果を期待できますよ。

 

次は、トラデスカンチアの花言葉をお伝えします!

 

トラデスカンチアの花言葉はなに?

 

 

トラデスカンチアの花言葉には、

「届けたい切ない気持ち」

「乙女の真心」

という意味があります。

 

儚げな花の様子から、少女が初めて乙女心を持つような純粋さを想像することができます。

 

それでは最後に、トラデスカンチアの種類や品種をお伝えします!

 

トラデスカンチアの種類や品種は何があるの?ラベンダーやシラモンタナなど

 

トラデスカンチアの種類は、北アメリカや熱帯アメリカにかけて70種類ほどあります。

 

代表的な品種には、

メイデンズフラッシュ・・・

新葉に淡いピンクや白色の班が入り、別名で「胡蝶の舞」「初冠雪」と呼ばれる。

シラモンタナ・・・

株全体が白い軟毛に覆われていて、ピンク色の花が特徴的な、別名で「白雪姫」と呼ばれる。

ラベンダー・・・

葉に紫色の班が入り、つるの色合いのきれいな品種。

 

などがあります。

違いを見つけてトラデスカンチアの良さがよりわかると思いますよ。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

トラデスカンチアのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①トラデスカンチアの育て方(環境、土、肥料、水やり)

トラデスカンチアは庭植え、鉢植え両方で育てる事ができます。植え付けに最適な時期は、4月から9月です。

トラデスカンチアが好む環境は、日が良く当たる場所か、明るさのある日陰を好みます。

トラデスカンチアを鉢植えで育てる場合は、赤玉土の小粒を6、腐葉土3、小粒の軽石1を混ぜた土が適しています。

トラデスカンチアの肥料については、春から秋の生長期は、2ヶ月に1回、援劫性化成肥料を与えるようにしましょう。

定期的に、即効性の液体肥料を1週間に1度与えても良いです。

トラデスカンチアの水やりは、鉢植え、庭植え共に、土の表面が乾いてきたら与えるようにしましょう。

季節に応じて、春から秋は、土の表面が乾く度に水を与え、秋から冬にかけては、水やりの回数を減らして、乾燥に注意して管理して下さい。

 

②トラデスカンチアの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

トラデスカンチアはツユクサ科の多年草で観葉植物として楽しまれています。

花は花弁が3つからなり、葉の真ん中から紫色や群青色の花を咲かせます。

 

③トラデスカンチアの開花時期や季節はいつ頃なの?

トラデスカンチアの開花時期は、春から初夏にかけてです。

 

④トラデスカンチアの増やし方!挿し木のポイントは?

トラデスカンチアの増やし方については、株分けと差し芽があります。株分けは、4月から9月に株を鉢いっぱいになってから行いましょう。

古い土を1/3程度落としてから、2株から3株に分けて下さい。一緒に茎葉も1/3程度落としてから明るい日陰に置きましょう。

差し芽は、4月から9月に行い、茎の先を5節ほどつけたまま切り、下の葉は2枚落とし差し穂を作ります。

ポット(3号)に赤玉土をいれて、差し穂の半分程度を土に差しましょう。

明るい日陰に置いてからは、差した部分の乾燥に気をつけながら水を与えてください。10日ほどで発根したら、植え付け用の土を敷いた鉢に移しましょう。

 

⑤トラデスカンチアは風水に良い観葉植物なの?

トラデスカンチアは風水にも良い観葉植物とされています。具体的には、健康運や家庭運を上げてくれるのだそうです。

 

⑥トラデスカンチアの花言葉はなに?

トラデスカンチアの花言葉には、「届けたい切ない気持ち」「乙女の真心」という意味があります。

 

⑦トラデスカンチアの種類や品種は何があるの?ラベンダーやシラモンタナなど

トラデスカンチアの種類は、北アメリカや熱帯アメリカにかけて70種類ほどあります。

代表的な品種には、メイデンズ·フラッシュや、ピンク色の花が特徴的な、別名で「白雪姫」と呼ばれる、シラモンタナ、葉に紫色の班が入り、つるの色合いのきれいな、ラベンダーなどがあります。

 

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)