クサギの育て方!花や葉の特徴や花言葉など8つのポイント!








クサギは日本原産の小高木なので、全国どこでも育てることができます。

暖地では対策をしなくても、戸外で越冬することが可能です。

 

 

独特のニオイはありますが、葉や花、実はさまざまな使い道があるんですよ。

上手に育てるポイントと一緒に、クサギの利用方法や害虫対策などもご紹介しますので、どうぞ最後までご覧ください。

 

今回はクサギについてのポイント、

①クサギの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②クサギの苗の植え付け方は?
③クサギはどんな花が咲く?開花時期は?
④クサギの葉の特徴はなに?
⑤クサギの食べ方は?クサギって食べれるの?
⑥クサギの実で染色する方法は?
⑦クサギカメムシの対策はどうする?
⑧クサギの花言葉はなに?

 

以上8つの点についてお伝えします。

まずはクサギの育て方からお伝えします!

 

クサギの育て方は?

 

クサギは全国各地に自生する落葉小高木で、丈夫で育てやすいのが特徴です。

ほとんどの地域で地植えすることができますが、雪の多い地域では冬に対策が必要になります。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、クサギが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

クサギの育て方!環境はどうする?

 

クサギは日当たりがよく、程よい湿度のある環境を好みます。

午前中はよく日が当たり、午後には日陰になるような、半日陰の環境が好ましいです。

 

 

明るい場所で管理することで、しっかりとした花芽が付きます。

用土もクサギに合ったものを用意して、株や茎も丈夫に育てましょう。

 

次は、クサギに適した用土についてお伝えします!

 

クサギを育てる際の適した用土は何?

 

クサギは、水はけのよい土を好みます。

「赤玉土5:ピートモス3:川砂2」の配合土がおすすめです。

 

地植えにする場合は、庭土に腐葉土をよく混ぜ込んでおきましょう。

土が準備できたら次は肥料です。

適した時期に施して、きれいな花を咲かせてみませんか?

 

次は、クサギに必要な肥料についてお伝えします!

 

クサギの育て方!肥料はどうする?

 

春と秋に2か月に1回を目安に、緩効性の固形肥料を施します。

 

夏と冬は株が弱ってしまうので、肥料は控えましょう。

 

肥料は花を咲かせるために大切ですが、過肥は逆効果です。

時期と分量を守り、クサギの状態を見ながら与えましょう。

 

 

肥料などのほかにも、クサギを上手に育てるポイントに「水やり」があります。

次は、クサギの水やりポイントについてお伝えします!

 

クサギを育てる際の水の量はどうする?

 

土が乾いたらたっぷり水やりを行いましょう。

 

クサギは乾燥が苦手です。

生育期である春~秋は水の吸い込みが早く、とくに夏は水切れに注意が必要です。

 

 

鉢植えにする場合は、過湿にも気を付けてください。

土が乾いているのをしっかり確認してから、水やりを行うことで、根腐れを防ぐことができます。

 

冬は水の吸い込みが鈍くなるので、乾燥気味に管理します。

完全に葉が落ちたら、休眠期に入ったサインです。更に水の量を減らして越冬させましょう。

 

以上で基本的なクサギの育て方については終わりです。

次はクサギの苗の植え付け方についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

クサギの苗の植え付け方は?

 

クサギの植え付けに適した時期は4月頃です。

明るい半日陰の場所に植え付けします。

 

寒冷地では鉢植えにして、春~秋は戸外に出し、冬は室内に入れると寒害の心配がなく安心です。

環境が整っていると、クサギはきれいな花を咲かせます。

 

クサギはどのような花を咲かせるのでしょうか?

次はクサギの花についてお伝えします!

 

クサギはどんな花が咲く?開花時期は?

 

クサギの開花時期は8~9月です。

 

白や淡いピンク色の小さな花を、花茎の先端に密集させて咲かせます。

花はユリのような甘くてとてもよい香りがするのが特徴です。

 

 

しかしそのよい香りに負けないのが、葉の香りです。

次はクサギの葉の特徴についてお伝えします!

 

クサギの葉の特徴はなに?

 

クサギの葉や枝を摘み取ると、薬品のような臭いニオイを発します。

このニオイは収穫後、徐々に収まっていき、葉は山菜として食べられたり、お茶などに使われます。

 

 

好みが分かれますが、この独特な香りが好きという方も多くいます。

 

香りは山菜を楽しむ理由のひとつですよね。

クサギを香りごと楽しむために、おすすめの食べ方をいくつかご紹介したいと思います!

 

では次ではクサギの食べ方についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

クサギの食べ方は?クサギって食べれるの?

 

 

クサギの新芽や若葉は山菜として食べることができます。

 

茹でて和え物にしたり、炒め物にもおすすめです。

花びらは、湯がいて和え物や酢の物に加えるとおいしいですよ!

 

朝鮮半島や中国では「ソクズ」と呼ばれて、お茶として飲まれています。

香りが独特なクサギですが、これがクセになる味です。若葉の時期には、ぜひ試してみてくださいね。

 

クサギには花とはまた違った印象の実がなります。

クサギの実は染料として使われ、淡い藍色に染めることができるんですよ。

 

次はクサギの実で染色する方法についてお伝えします!

 

クサギの実で染色する方法は?

 

クサギの実は、星形に開いた真っ赤なガクの中心にあります。

 

 

1・濃い青色に熟した実を収穫して、鍋に実と水を加えて煮詰めていきます。

2・色が出たら実をこして液体だけにし、染める布を入れましょう。

3・そのまましばらく煮詰めてから火を止め、数時間置きます。

4・色が出なくなるまで水洗いをして、よく乾燥させてください。

 

2~4を繰り返すことで、どんどん色が濃くなります。

お好みの色合いに染めてみてくださいね。

 

 

クサギを育てる際に注意が必要なのが害虫です。

とくに「クサギカメムシ」に悩まされる方も多いのではないでしょうか?

 

次はクサギカメムシの対策についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

クサギカメムシの対策はどうする?

 

クサギカメムシは全国に分布して、室内にも入り込み、春~夏に発生しやすい害虫です。

 

 

5~6月頃は産卵時期なので、葉に卵がついていないか確認してください。

幼虫や成虫は葉や茎の汁を吸って食害するので、見つけ次第すぐに駆除しましょう。

 

完全防虫することが難しいので、カメムシ用の薬剤散布で防虫・駆除して、なるべく寄ってこないようにすることが大切です。

 

クサギは葉や枝に臭いニオイをもつことから「臭木」という字が使われています。

 

では花言葉にはどのようなものがあるのでしょうか?

次はクサギの花言葉についてお伝えします!

 

クサギの花言葉はなに?

 

 

クサギの花言葉は「運命」「治癒」です。

 

クサギの葉や花が薬用として使われたことから「治癒」という花言葉がつけられました。

また、クサギ属の学名「Clerodendrum」には「運命の木」という意味があり、このことから「運命」という花言葉が付けられたと言われています。

 

  • オススメ記事

ハマユウの育て方等はこちらをご覧下さい。

ユキヤナギの育て方等はこちらをご覧ください。

ナツハゼの育て方等はこちらをご覧ください。

 

クサギのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8つありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①クサギの育て方(環境、土、肥料、水やり)

クサギは日当たりがよく、程よい湿度のある環境を好みます。

午前中はよく日が当たり、午後には日陰になるような、半日陰の環境が好ましいです。

水はけのよい土を好みます。「赤玉土5:ピートモス3:川砂2」の配合土がおすすめです。

春と秋に2か月に1回を目安に、緩効性の固形肥料を施します。

夏と冬は株が弱ってしまうので、肥料は控えましょう。

土が乾いたらたっぷり水やりを行いましょう。

乾燥が苦手です。生育期である春~秋は水の吸い込みが早く、とくに夏は水切れに注意が必要です。

 

②クサギの苗の植え付け方は?

植え付けに適した時期は4月頃です。明るい半日陰の場所に植え付けします。

寒冷地では鉢植えにして、春~秋は戸外に出し、冬は室内に入れると寒害の心配がなく安心です。

 

③クサギはどんな花が咲く?開花時期は?

クサギの開花時期は8~9月です。

白や淡いピンク色の小さな花を、花茎の先端に密集させて咲かせます。

花はユリのような甘くてとてもよい香りがするのが特徴です。

 

④クサギの葉の特徴はなに?

葉や枝を摘み取ると、薬品のような臭いニオイを発します。

このニオイは収穫後、徐々に収まっていき、葉は山菜として食べられたり、お茶などに使われます。

 

⑤クサギの食べ方は?クサギって食べれるの?

クサギの新芽や若葉は山菜として食べることができます。

茹でて和え物にしたり、炒め物にもおすすめです。

朝鮮半島や中国では「ソクズ」と呼ばれて、お茶として飲まれています。

 

⑥クサギの実で染色する方法は?

濃い青色に熟した実を収穫しましょう。

収穫した実を鍋に入れ、水を加えて煮詰めていきます。

色が出たら実をこして液体だけにし、染める布を入れましょう。

そのまましばらく煮詰めてから火を止め、数時間置きます。

色が出なくなるまで水洗いをして、よく乾燥させてください。

 

⑦クサギカメムシの対策はどうする?

5~6月頃は産卵時期なので、葉に卵がついていないか確認してください。

幼虫や成虫は葉や茎の汁を吸って食害するので、見つけ次第すぐに駆除しましょう。

完全防虫することが難しいので、カメムシ用の薬剤散布で防虫・駆除して、なるべく寄ってこないようにすることが大切です。

 

⑧クサギの花言葉はなに?

クサギの花言葉は「運命」「治癒」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)