シュウメイギク(秋明菊)の育て方!種類や花言葉など10個のポイント!








秋に咲く優雅で美しい花、シュウメイギク。

 

シュウメイギクの種には〇〇がついていて、注意が必要・・・?

その〇〇とは一体何でしょうか。

このページのどこかに〇〇についての記載がありますので、最後までご覧ください。

 

 

非常に育てやすく、種類も豊富であることから人気のある植物です。

 

今回はシュウメイギクについてのポイント、

①シュウメイギクの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②シュウメイギク(秋明菊)の季節っていつ頃なの?
③シュウメイギクの剪定の方法は?
④シュウメイギクの鉢植えでの育て方は?
⑤シュウメイギクの地植えのポイントは?
⑥シュウメイギクの挿し木のやり方はどうする?
⑦シュウメイギクの増やし方は?
⑧シュウメイギクの挿し木のやり方は?
⑨シュウメイギクの花言葉はなに?
⑩シュウメイギクの種類や品種は何がある?

 

以上10つの点についてお伝えします。

まずはシュウメイギクの育て方からお伝えします!

 

シュウメイギクの育て方は?

 

シュウメイギクは耐暑性も耐寒性も持ち合わせており、全国で栽培することができます。

 

しかし、根の部分は高温、乾燥に弱いです。

ですので、地温の上昇を防ぐようにしましょう。

 

また、シュウメイギクは根付いた後はほとんど手間がかからない丈夫な植物です。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、シュウメイギクが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

シュウメイギクの育て方!環境はどうする?

 

シュウメイギクの株の元部分が直接日に当たらないようにしましょう。

 

先にも述べましたが、根部分は高温や乾燥に弱いので、注意が必要です。

ただし、日当たりの悪い場所では花つきが悪いです。

 

理想は株元部分が日陰、葉は日向となる場所です。

 

次は、シュウメイギクに適した用土についてお伝えします!

 

シュウメイギクを育てる際の適した用土は何?

 

シュウメイギクは水はけのいい土が適しています。

 

 

水はけの悪い場所では根腐れなどを起こしてしまう可能性があるので注意しましょう。

 

自分で作る場合、赤玉土を4、鹿沼土を3、腐葉土3の割合で混ぜるとよいでしょう。

次は、シュウメイギクに必要な肥料についてお伝えします!

 

シュウメイギクの育て方!肥料はどうする?

 

3~5月の生長する時期には月に1度の置き肥、または、月に3度液体肥料を与えましょう。

また、10~11月にも同じように与えましょう。

 

高温の時期に肥料を与えすぎると根が傷んでしまうので注意しましょう。

 

では次は、シュウメイギクの種まきについてお伝えします!

 

シュウメイギクの種まき時期と種まきのポイントは?

 

シュウメイギクの種まきは3~4月に行うとよいでしょう。

 

ここで始めに書きました〇〇について紹介します!

その〇〇とは・・・綿毛です!

 

シュウメイギクの種には綿毛がついています。

種をまいた後は土で覆わず、乾燥しないように管理する必要があります。

ですので、風で飛んでいかないように注意しましょう。

 

次は、シュウメイギクの水やりポイントについてお伝えします!

 

シュウメイギクを育てる際の水の量はどうする?

 

庭植えの場合、ほとんど必要ありません。

鉢植えの場合、土の表面が乾燥していたら与えましょう。

 

注意点としては、シュウメイギクは宿根草なので冬も水を与えるようにしましょう。

 

以上で基本的なシュウメイギクの育て方については終わりです。

次はシュウメイギク(秋明菊)の季節についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

シュウメイギク(秋明菊)の季節っていつ頃なの?

 

シュウメイギク(秋明菊)の季節は9~11月の秋頃です。

 

 

秋から冬へと移る季節に咲く花、少し切なさがありますね。

次は、シュウメイギクの剪定についてお伝えします!

 

シュウメイギクの剪定の方法は?

 

草丈が伸びすぎてしまっているようでしたら、大きな葉を切り取りましょう。

この作業は6~7月に行うことをオススメします。

 

また、花がついた後、種を取らないのであれば花茎部分を切り取りましょう。

シュウメイギクは放置しておくと、どんどんと広がっていくので、必要のないものは切り取るとよいでしょう。

 

次は、シュウメイギクの鉢植えでの育て方についてお伝えします!

 

シュウメイギクの鉢植えでの育て方は?

 

鉢植えの場合、肥料が不足してしまうと花つきが悪くなる恐れがあります。

ですので、適切な時期に適切な量の肥料を与えましょう。

肥料につきましては上で述べていますので、確認してください。

 

次は、シュウメイギクの地植えのポイントについてお伝えします!

 

シュウメイギクの地植えのポイントは?

 

地植えの場合、水やりをする必要がほとんどありませんが、極度に乾燥しているようときはたっぷりと与えましょう。

 

 

植える際には、腐葉土を混ぜ、30cmほどの深さまで耕すことをオススメします。

 

3~5年はそのままの状態でも大丈夫ですが、株が込み合ってきたら、株分けをして植え直しましょう。

 

次は、シュウメイギクの植え替えについてお伝えします!

 

スポンサーリンク

シュウメイギクの植え替えはどうする?

 

鉢植えの場合、時間が経つと根が詰まってきます。

ですので、毎年春頃に古い土を落とし、新しい土へと植え替えましょう。

 

次は、シュウメイギクの増やし方についてお伝えします!

 

シュウメイギクの増やし方は?

 

シュウメイギクの増やし方には、株分け、根伏せ、種まきの3つがあります。

株分けは秋か春に行うとよいでしょう。

 

鉢植えの場合、どんどんと広がりいっぱいになってしまうため、葉が展開する前の段階で株分けをしましょう。

 

次は、シュウメイギクの挿し木についてお伝えします!

 

シュウメイギクの根伏せのやり方は?

 

シュウメイギクの根伏せは株分けと同じく、秋か春に行うとよいでしょう。

根部分を5cmほどで切り取り、鉢などに横に寝かせ、土をかぶせれば完了です。

 

次は、シュウメイギクの花言葉についてお伝えします!

 

シュウメイギクの花言葉はなに?

 

シュウメイギクの花言葉は「薄れゆく愛」「淡い思い」などがあります。

 

 

これは、シュウメイギクの仲間、アネモネの悲しい伝説からきており、それにちなんでいるといわれています。

次は、シュウメイギクの種類や品種についてお伝えします!

 

シュウメイギクの種類や品種は何がある?

 

シュウメイギクは、一重や八重、白から紅まで非常に種類が豊富です。

品種には花びらの数が多い八重咲のローズキブネギク濃い桃色の一重咲であるダイアナなどがあります。

 

  • オススメ記事

エビネの育て方等はこちらをご覧下さい。

エリゲロンの育て方等はこちらをご覧ください。

シンシバイの育て方等はこちらをご覧ください。

 

シュウメイギクのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは10つありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①シュウメイギクの育て方(環境、土、肥料、水やり)

株の元部分が直接日に当たらないようにしましょう。

理想は株元部分が日陰、葉は日向となる場所です。

土は、水はけのいいものが適しています。

肥料は、3~5月の生長する時期と10~11月に月に1度の置き肥、または、月に3度液体肥料を与えましょう。

種まきは3~4月に行うとよいでしょう。

種は土にまき、土で覆わず、乾燥しないように管理しましょう。

水は、庭植えの場合はほとんど必要ありません。

鉢植えの場合は土の表面が乾燥していたら与えましょう。

 

②シュウメイギク(秋明菊)の季節っていつ頃なの?

シュウメイギクの季節は9~11月の秋頃です。

 

③シュウメイギクの剪定の方法は?

草丈が伸びすぎてしまっているようでしたら、大きな葉を切り取りましょう。

 

④シュウメイギクの鉢植えでの育て方は?

肥料が不足してしまうと花つきが悪くなる恐れがあるので適宜与えましょう。

 

⑤シュウメイギクの地植えのポイントは?

水やりをする必要がほとんどありませんが、極度に乾燥しているようときはたっぷりと与えましょう。

植える際に腐葉土を混ぜ、30cmほどの深さまで耕しましょう。

 

⑥シュウメイギクの植え替えはどうする?

毎年春頃に古い土を落とし、新しい土へと植え替えましょう。

 

⑦シュウメイギクの増やし方は?

増やし方には、株分け、根伏せ、種まきの3つがあります。

 

⑧シュウメイギクの根伏せのやり方は?

根部分を5cmほどで切り取り、鉢などに横に寝かせ、土をかぶせれば完了です。

 

⑨シュウメイギクの花言葉はなに?

シュウメイギクの花言葉は「薄れゆく愛」「淡い思い」などがあります。

 

⑩シュウメイギクの種類や品種は何がある?

一重や八重、白から紅まで非常に種類が豊富で、花びらの数が多い八重咲のローズキブネギクや濃い桃色の一重咲であるダイアナなどがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)