【セラスチュームのまとめ!】育て方(増やし方や寄せ植え)と花言葉等9個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、セラスチュームについてまとめていきたいと思います。

 

セラスチュームはナデシコ科ミミナグサ属であり、学名Cerastium tomentosumの常緑多年草です。

ヨーロッパ原産の植物で、日本には明治時代に入ってきました。

 

セラスチュームの特徴は何といっても銀色に見える葉や茎で、茎や7葉には細かい毛が密集して光沢のある銀色に見えます。

セラスチュームは多年草ですが、高温多湿になる日本においては夏越えが難しく一年草として扱われることも多い植物です。

 

今回は、セラスチュームについてのポイント、

①セラスチュームの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②セラスチュームの画像(写真)!特徴は?
③セラスチュームの開花時期や季節はいつ頃なの?
④セラスチュームの苗の植え付けのやり方は?
⑤セラスチュームの冬の手入れはどうするの?
⑥セラスチュームの寄せ植えの仕方!
⑦セラスチュームの増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?
⑧セラスチュームの花言葉はなに?
⑨セラスチュームの種類や品種は何があるの?

 

以上9つの点についてお伝えします。

まずはセラスチュームの育て方からお伝えします!

 

セラスチュームの育て方は?

 

セラスチュームは高温多湿が苦手です。

 

多年草であるセラスチュームですが、高温多湿になる日本では多くが1年で枯れてしまいます

一年草として割り切ってしまえば栽培も容易で可憐な姿を楽しむことができますよ!

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、セラスチュームが好む環境についてお伝えします!

 

セラスチュームの育て方!環境はどうする?

 

セラスチュームは直接水が当たるのを嫌います。

 

また、日当たりや水はけの良い環境を好み、高温多湿は嫌います。

多年草であるセラスチュームは夏が冷涼な地域以外では夏に枯れてしまうので一年草とされることが多い植物です。

反対に冷涼な地域では放置していても翌年花を咲かせてくれます。

 

夏が高温多湿になる地域では一年草と割り切れば栽培も容易できれいな姿を楽しむことができますよ!

 

次は、セラスチュームに適した用土についてお伝えします!

 

セラスチュームを育てる際の適した用土は何?

 

セラスチュームは水はけの良いやや乾燥した環境を好みます。

 

鉢植えをする場合は水はけを良くするために、赤玉土と腐葉土を4:1で混合したものを使用し、より排水性を高めたい場合は川砂も用いるのもおすすめです。

庭植えの場合はそのままで構いません。

 

次は、セラスチュームに必要な肥料についてお伝えします!

 

セラスチュームの育て方!肥料はどうする?

 

セラスチュームは肥料をあまり必要としません

もともと肥沃な土壌では育ちにくく、肥料を与え過ぎると花が咲かなかったり枯れてしまうこともあるので注意が必要です。

 

では次は、セラスチュームの水やりポイントについてお伝えします!

 

セラスチュームを育てる際の水の量はどうする?

 

セラスチュームは乾燥気味な環境を好みます。

 

鉢植えの場合は土が乾燥したら水やりをしましょう。

庭植えの場合は自然に任せて構いませんが、あまりにも直接雨にあたる場所や水の溜まる場所は避けたほうが良いです。

 

鉢植え庭植えともに水やりはセラスチュームにはかけず、根元に与えると枯れたり腐りにくくなります。

 

以上で基本的なセラスチュームの育て方については終わりです。

次はセラスチュームの写真をお見せします!

 

セラスチュームの画像(写真)!特徴は?

 

セラスチュームはヨーロッパ原産の植物で、生長すると10~15㎝ほどです。

 

 

 

 

 

 

セラスチュームの花弁は長細いハート形で、茎や葉は細かな毛が生えて銀色のように見えるので、花が終わった後も長く楽しむことができます

 

 

 

 

 

 

セラスチュームは全体が銀色に見えることからよく寄せ植えとしても用いられています。

多年草であるセラスチュームは日本では一年草として扱われていますが、一年草と割り切ってしまえば栽培は容易できれいな花と銀の姿で長く楽しませてくれるので、ぜひ育ててみて下さいね!

 

次に、セラスチュームの開花時期をお伝えします!

 

セラスチュームの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

セラスチュームの開花時期は4~6月です。

セラスチュームは花だけでなく銀色に見える茎や葉全体も楽しむことができるので、ぜひ見てみて下さいね!

 

次は、セラスチュームの苗の植え付けのやり方をお伝えします!

 

セラスチュームの苗の植え付けのやり方は?

 

セラスチュームの苗を植え付けるときのポイントは蒸れさせない環境をつくることです。

 

セラスチュームの株を複数植える場合は、株と株の間を10~15㎝程度間隔をあけると風通しも良くなり蒸れにくくなります。

鉢植えで植える場合は、混み合っている箇所を少し間引きするなど風通しが良くなるように工夫してみて下さいね!

 

それでは次に、セラスチュームの冬の手入れはどうするのかをお伝えします!

 

セラスチュームの冬の手入れはどうするの?

 

セラスチウムは耐寒性に優れているので特に冬越しのために手入れする必要はあまりありません

冬の手入れはあまり必要ありませんが、セラスチュームを夏越しさせたい場合は夏前に直接雨の当たらない場所へ植え替えたり、花後に剪定するなど手入れが必要です。

 

次は、セラスチュームの寄せ植えの仕方をお伝えします!

 

セラスチュームの寄せ植えの仕方!

 

セラスチュームは銀色の姿が特徴的でよく寄せ植えに用いられています。

 

銀色の姿は多くの植物と相性が良く、セラスチュームの葉や茎の実のみでも十分楽しむことができます

多くの植物と楽しむことができるセラスチュームですが、一例としてクレマチスとの寄せ植えがおすすめです。

 

クレマチスには赤やピンク、白などの花が咲きますが、特に青や紫のクレマチスとともに植えると、とても優美な印象の寄せ植えができます。

 

 

 

 

 

 

セラスチュームは単体でも十分楽しむことができますが、他の植物と寄せ植えするとよりいっそう魅力的になるので、ぜひ挑戦してくださいね!

 

次に、セラスチュームの増やし方をお伝えします!

 

セラスチュームの増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?

 

セラスチュームの種まきは夏が終わり涼しくなる9月ごろが適しています。

 

市販の培養土や赤玉土など比較的養分の少ない綺麗な土を使用し、種をまいて芽が出るまで管理しましょう。

芽が出て植え替えに耐えるくらいになったら、ポットなどに植え替えて下さい。

 

庭などに直接植えることも可能ですが、雨で流れたり水が溜まったりして失敗してしまうことがあるので、管理しやすい鉢やポットがおすすめです。

 

それでは次に、セラスチュームの花言葉をお伝えします!

 

セラスチュームの花言葉はなに?

 

セラスチュームの花言葉は「幸福」「才能」「思いがけない出会い」です。

セラスチュームは4月18日の誕生花にもなっています。

 

最後に、セラスチュームの種類をお伝えします!

 

セラスチュームの種類や品種は何があるの?

 

セラスチュームにはいくつか種類があり、日本で多く栽培されているセラスチュームは一般的に夏雪草と呼ばれているCerastium tomentosumという品種です。

 

こちらは横へ生長する品種で、株が大きくなりやすいのでグランドカバーなどに用いられることもあります。

他方、ギリシャ原産のCerastium candidissimumというセラチュームは比較的縦に生長するセラスチュームです。

 

日本ではあまり市販されていませんので、見つけた際にはぜひ育ててみて下さいね!

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

スポンサードリンク

 

セラスチュームのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは9つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①セラスチュームの育て方(環境、土、肥料、水やり)

セラスチュームは高温多湿や直接水が当たるのを嫌い、日当たりや水はけの良い環境を好みます。

多年草であるセラスチュームは夏が冷涼な地域以外では夏に枯れてしまうので一年草とされることが多い植物です。

セラスチュームは水はけの良いやや乾燥した環境を好みます。

鉢植えをする場合は水はけを良くするために赤玉土と腐葉土を4:1で混合したものを使用しますが、庭植えの場合はそのままで構いません。

セラスチュームは肥料をあまり必要としません。

肥料を与え過ぎると花が咲かなかったり枯れてしまうこともあります。

セラスチュームは乾燥気味な環境を好むので、鉢植えの場合は土が乾燥したら根元に水やりをしましょう。

庭植えの場合は自然に任せて構いませんが、あまりにも直接雨にあたる場所や水の溜まる場所は避けたほうが良いです。

 

②セラスチュームの画像(写真)!特徴は?

セラスチュームはヨーロッパ原産の植物で、生長すると10~15㎝ほどになります。

セラスチュームの花弁は長細いハート形で、茎や葉は細かな毛が生えて銀色のように見えるのが特徴です。

 

③セラスチュームの開花時期や季節はいつ頃なの?

セラスチュームの開花時期は4~6月です。

 

④セラスチュームの苗の植え付けのやり方は?

セラスチュームの苗を植え付けるときのポイントは蒸れさせない環境をつくることです。

株と株の間を10~15㎝程度間隔をあけ、混み合っている箇所を少し間引きするなど風通しが良くしましょう。

 

⑤セラスチュームの冬の手入れはどうするの?

セラスチウムは耐寒性に優れているので特に冬越しのために手入れする必要はあまりありません。

 

⑥セラスチュームの寄せ植えの仕方!

セラスチュームはよく寄せ植えに用いられています。

一例としてクレマチスとの寄せ植えがおすすめです。

クレマチスの花の色はいくつかありますが特に青や紫のクレマチスとともに植えると、とても優美な印象の寄せ植えができます。

 

⑦セラスチュームの増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?

セラスチュームの種まきは夏が終わり涼しくなる9月ごろが適しています。

市販の培養土や赤玉土などを使用し、芽が出るまで管理しましょう。

その後ポットなどに植え替えて下さい。

 

⑧セラスチュームの花言葉はなに?

セラスチュームの花言葉は「幸福」「才能」「思いがけない出会い」です。

 

⑨セラスチュームの種類や品種は何があるの?

セラスチュームにはいくつか種類があり、日本で多く栽培されているのは夏雪草と呼ばれているCerastium tomentosumという品種で横へ生長します。

ギリシャ原産のCerastium candidissimumというセラチュームは比較的縦に生長します。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)