エビネの育て方!開花時期や花言葉など6つのポイント!








エビネは、日本の山林に自生する蘭の一種です。

愛好家の方も多く、交配も盛んにおこなわれています。

 

しかし乱獲による採取が原因で、現在自生のエビネは準絶滅危惧種に指定されています。

山採りされたと思われるエビネは、購入しないようにしましょう。

 

 

園芸品種のエビネはたくさんの種類があります。

しかし春咲きの種類の「キエビネ」以外は、育て方がとても難しく上級者向けです。

 

今回はエビネについてのポイント、

①エビネの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②エビネの植え替えのポイントは?
③エビネの開花時期はいつ?
④エビネを地植えで育てるポイントは?
⑤エビネの種類は何があるの?
⑥エビネの花言葉はなに?

 

以上の6つの点についてお伝えしますね。

まずはエビネの育て方からお伝えします!

 

エビネの育て方は?

 

エビネを購入するときは、新芽が傷んでいないか、株元のぐらつきがないか、病気にかかっていないか、をよく確認しましょう。

 

エビネには様々な楽しみ方があり、どのような形にするかで、環境や育て方が変わってきます。

今回は「庭植えや鉢植えで楽しむための育て方」をご紹介しますね!

 

でははじめに、エビネが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

エビネの育て方!環境はどうする?

 

エビネは夏の蒸し暑さや、多湿に弱いです。

1年を通して風通しのよい場所で育てるようにしましょう。

 

直射日光にも弱く、当たると葉が傷む原因になります。

ただ、日が当たらな過ぎると花付きが悪くなってしまうので、時々日が差し込むような明るい日陰で育てるのが理想的です。

 

鉢植えの場合は、エビネにとってよい環境になるよう、日当たりを意識して移動させるようにしましょうね。

 

次に、エビネに適した用土についてお伝えします!

 

エビネを育てる際の適した用土は何?

 

エビネは、通気性があり、水はけの良い柔らかな土を好みます。

 

鉢植えの場合は、「赤玉土4:鹿沼土4:腐葉土2」の割合で混ぜたものを使いましょう。

地植えの場合は、もとある土に「腐葉土」や「ヤシガラチップ」を混ぜてあげるとよいでしょう。

 

※ヤシガラチップの特徴は、吸水性、保水性、排水性に優れています。

次は、エビネに必要な肥料についてお伝えします!

 

エビネの育て方!肥料はどうする?

 

肥料は「5〜6月中旬」「9月中旬〜10月」の間に規定量の2倍に薄めた液体肥料を、週に1度程度与えます。

強い肥料与えると、根が傷む原因になるので気をつけましょうね。

花が咲いている間と、夏と冬には肥料は必要ありませんよ。

 

次は、エビネの水やりのポイントについてお伝えします!

 

エビネを育てる際の水の量はどうする?

 

エビネは乾燥に弱いです。

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷり水を与えましょう。

 

ただ、夏場の水やりは注意が必要です。

昼間の暑い時間帯に水を与えると、水の温度が上がり、蒸し風呂状態になってしまいます。

すると根が傷み、枯れてしまう原因になります。

 

夏場の水やりは、気温が上がらない午前中か、夕方にやるようにしましょうね。

地植えの場合は雨で十分ですが、生育期間中あまりに乾燥した状態が続くようであれば水やりをします。

 

冬は休眠期なので、水やりは控えめにしましょう。

 

新芽が出ているときは、上から水はかけないように気をつけて下さいね。

芽に水が溜まって腐敗してしまう場合があります。

 

次はエビネの植え替えのポイントについてお伝えします!

 

エビネの植え替えのポイントは?

 

植え替えは、鉢植えは2〜3年に1回、地植えでも4〜5年に1回おこなうようにしましょう。

 

長い期間同じ用土で育てると、根腐れをおこしてしまう可能性があります。

また、花が咲き終わりしぼみ始めたら、ねじるようにして花茎を引き抜きましょう。

 

そうすることで、次の年も立派な花が咲いてくれますよ。

 

エビネの植え替えについては、こちらをご覧ください。

 

次は、エビネの開花時期についてお伝えしますね!

 

スポンサーリンク

エビネの開花時期はいつ?

 

エビネの開花時期は、4月上旬〜5月上旬です。

この期間は、エビネの多彩な色の花を楽しむことができますよ!

 

次は、エビネを地植えで育てるポイントについてお伝えしますね!

 

エビネを地植えで育てるポイントは?

 

自生のエビネは、木漏れ日がさす林の中で育ちます

 

地植えのポイントとしては、風通しがよく、明るい日陰の場所を選んで植え付けることです。

 

植え付ける際は、元々の土に「腐葉土」ヤ「シガラチップ」などを混ぜ、根についた土を崩さないように、バルブが半分、地表に見えるくらいに植えて下さいね。

※バルブとは、茎の一部が肥大したもので、養分や水分を蓄える部分のことをいいます。

自生に近い環境を与えてあげることが理想ですね!

 

YouTubeで育て方について説明されている方がいたのでご紹介します

 

次に、エビネの種類についてお伝えします!

 

エビネの種類は何があるの?

 

日本には、約20種のエビネの原種が自生していると言われています。

そして、これらの原種が異種同士で自然に交配したり、または人工的に交配させたりして、多くの雑種がうまれています。

 

ここでは、原種と、自然に交配してうまれた自然交配種をいくつかご紹介します。

 

「原種」

エビネ(ジエビネ)

キエビネ

サルメンエビネ

ニオイエビネ

キリシマエビネ

 

「自然交配種」

タカネ(エビネ×キエビネ)

ヒゼン(エビネ×キリシマエビネ)

サツマ(エビネ×キエビネ×キリシマエビネ)

コオズ(エビネ×ニオイエビネ)

スイショウ(ニオイエビネ×キリシマエビネ)

 

人工的に交配させた雑種の中には、種類が不明のものも多くあるようです。

 

次は、エビネの花言葉についてお伝えします!

 

エビネの花言葉は何?

 

エビネの花言葉は「謙虚」「謙虚な恋」「誠実」「忠実」です。

他の蘭と比べて控えめな印象を与えることから、このような花言葉がつけられたと言われています。

 

  • オススメ記事

アデニウムの育て方等はこちらをご覧ください。

ニシキギの育て方等はこちらをご覧ください。

フタバアオイの育て方等はこちらをご覧ください。

 

エビネのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6つありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返ってみましょう!

 

①エビネの育て方(環境、土、肥料、水やり)

エビネは夏の蒸し暑さや、多湿に弱いです。

1年を通して風通しのよい場所で育てるようにしましょう。

エビネは、通気性があり、水はけの良い柔らかな土を好みます。

鉢植えの場合は、「赤玉土4:鹿沼土4:腐葉土2」の割合で混ぜたものを使いましょう。

地植えの場合は、もとある土に「腐葉土」や「ヤシガラチップ」を混ぜてあげるとよいでしょう。

肥料は「5〜6月中旬」「9月中旬〜10月」の間に規定量の2倍に薄めた液体肥料を、週に1度程度与えます。

エビネは乾燥に弱いです。

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷり水を与えましょう。

夏場の水やりは、気温が上がらない午前中か、夕方にやるようにしましょうね。

地植えの場合は雨で十分ですが、生育期間中あまりに乾燥した状態が続くようであれば水やりをします。

冬は休眠期なので、水やりは控えめにしましょう。

 

②エビネの植え替えのポイントは?

植え替えは、鉢植えは2〜3年に1回、地植えでも4〜5年に1回おこなうようにしましょう。

長い期間同じ用土で育てると、根腐れをおこしてしまう可能性があります。

 

③エビネの開花時期はいつ?

エビネの開花時期は、4月上旬〜5月上旬です。

 

④エビネを地植えで育てるポイントは?

地植えのポイントとしては、風通しがよく、明るい日陰の場所を選んで植え付けることです。

植え付ける際は、元々の土に「腐葉土」やヤ「シガラチップ」などを混ぜ、根についた土を崩さないように、バルブが半分、地表に見えるくらいに植えて下さいね。

 

⑤エビネの種類は何があるの?

原種と、自然に交配してうまれた自然交配種をいくつかご紹介します。

「原種」

・エビネ(ジエビネ)・キエビネ・サルメンエビネ・ニオイエビネ・キリシマエビネ

 

「自然交配種」

・タカネ(エビネ×キエビネ)

・ヒゼン(エビネ×キリシマエビネ)

・サツマ(エビネ×キエビネ×キリシマエビネ)

・コオズ(エビネ×ニオイエビネ)

・スイショウ(ニオイエビネ×キリシマエビネ)

などの種類があります。

 

⑥エビネの花言葉はなに?

エビネの花言葉は、「謙虚」「謙虚な恋」「誠実」「忠実」です。

 

 

多くの人の目を楽しませてくれる色彩豊かなエビネ。

ぜひご自宅で、その美しい姿を楽しんでくださいね。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)