【ミムラス(花)のまとめ!】育て方(種まきや寄せ植え)や花言葉等10個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ミムラスについてまとめていきたいと思います。

 

ミムラスは、ハエドグソウ属(ゴマノハグサ科)ミムラス属の植物です。

 

赤や黄色のユニークな形をしていて独特な香りが特徴です。

北アメリカ原産の多年草ですが日本の環境があまり合わず夏の暑さで枯れてしまうことから一年草扱いになっています。

 

今回は、ミムラスについてのポイント、

①ミムラスの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ミムラスの花の画像(写真)!
③ミムラスの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ミムラスの苗の植え付けのポイントは?
⑤ミムラスの寄せ植えの仕方!
⑥ミムラスの剪定(切り戻し)のポイントは?
⑦ミムラスの増やし方!
⑧ミムラスの種まき時期と種まきのポイントは?
⑨ミムラスの花言葉はなに?
⑩ミムラスの種類や品種は何があるの?

 

以上10つの点についてお伝えします。

まずはミムラスの育て方からお伝えします!

 

ミムラスの育て方は?

 

ミムラスはもともと湿地に自生している植物で、乾燥や暑さに弱いです。

そのため、こまめなお世話が必要になります。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ミムラスが好む環境についてお伝えします!

 

ミムラスの育て方!環境はどうする?

 

ミムラスは、半日陰を好む植物ですが園芸品種は日なた・日陰どちらでも生育することが出来ます

 

日当たりがよい場所で生育するほうがしっかりとバランスの良い草姿になるので日なたでの生育をおすすめします

日照不足は茎が弱くなり倒れやすくなってしまうので注意が必要です。

 

次は、ミムラスに適した用土についてお伝えします!

 

ミムラスを育てる際の適した用土は何?

 

ミムラスを育てる際の適した用土は、赤玉土(小粒)5:腐葉土3:バーミキュライト2がおすすめです。

そこに緩効性肥料を混ぜておき水はけの良い元肥の入った土を作りましょう。

 

次は、ミムラスに必要な肥料についてお伝えします!

 

ミムラスの育て方!肥料はどうする?

 

ミムラスは肥料を与えすぎると葉ばかり成長してしまうため開花時期は与えなくて大丈夫です。

 

植え付け前や種まき前に、堆肥や緩効性肥料を混ぜ込んでおきましょう。

鉢植えの場合は、元肥として緩効性肥料をまぜておき、生育が悪くなってきたら液体肥料を追肥してください。

 

では次は、ミムラスの水やりポイントについてお伝えします!

 

ミムラスを育てる際の水の量はどうする?

 

ミムラスを育てる際には、水切れは厳禁です。

 

土の表面が乾ききる前にたっぷりと水を与え、毎日2回程度水を与えましょう。

ですが、あまりにも与えすぎると根腐れを起こすので様子を見ながら与えてください。

 

鉢植えの場合は土が乾燥するごとに水をたっぷりと水を与えましょう。

 

以上で基本的なミムラスの育て方については終わりです。

次はミムラスの写真をお見せします!

 

ミムラスの花の画像(写真)!

 

 

ミムラスはとても色鮮やかで庭に映える色をしています。

色の種類は赤・白・オレンジ・黄色・複色(斑入りタイプ)と様々なものがあります。

 

次に、ミムラスの開花時期をお伝えします!

 

ミムラスの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ミムラスの開花時期は、春先の4月~初夏の6月頃まで花を咲かせてくれます。

 

日本の環境があまり合わず夏の暑さで枯れてしまうことが多いですが涼しい地域では夏でも9月頃まで楽しむことが出来ます。

また、1/3程度切り戻して涼しい場所に置いておくと夏でも楽しむことができる多年草になります。

 

次に、ミムラスの苗の植え付けのポイントをお伝えします!

 

ミムラスの苗の植え付けのポイントは?

 

ミムラスの開花時期は、春先の4月~初夏の6月頃まで花を咲かせてくれます。

日本の環境があまり合わず夏の暑さで枯れてしまうことが多いですが涼しい地域では夏でも9月頃まで楽しむことが出来ます。

 

また、1/3程度切り戻して涼しい場所に置いておくと夏でも楽しむことができる多年草になります。

 

それでは次に、ミムラスの寄せ植えのポイントをお伝えします。

 

ミムラスの寄せ植えの仕方!

 

ミムラスの寄せ植えにおすすめな花を紹介します。

 

・チューリップ

・パンジー/ビオラ

・アイビー/ユーケラ

 

色合いも合う、背丈の高いもの低いもの色々なものを試してみてください♪

 

次に、ミムラスの剪定(切り戻し)のポイントをお伝えします!

 

ミムラスの剪定(切り戻し)のポイントは?

 

ミムラスは、茎が伸びすぎてバランスが悪くなり倒れてくるようであれば剪定のタイミングです。

 

半分に切り戻ししっかりと水揚げをしましょう。

ミムラスは3日程度しか花が持たないため、定期的に花がらも摘みましょう

 

次に、ミムラスの増やし方をお伝えします!

 

ミムラスの増やし方!

 

ミムラスは、種を蒔くことで増やすことが出来ます。

気温が20度前後に落ち着いてくる9月頃~10月に種まきをしましょう。

 

次に、ミムラスの種まき時期と種まきのポイントをお伝えします!

 

ミムラスの種まき時期と種まきのポイントは?

 

ミムラスの種はとても細かいため土に直接植えるのではなく、トレーや育苗箱に重ならないように蒔きましょう。

土は被せず、水は底面給水で与えます。

 

ミムラスが根付き発芽し、本葉が2~3枚になったらいよいよポットへ移し替えましょう。

冬は霜が当たらないようにして、春になったら定植してください。

 

次に、ミムラスの花言葉をお伝えします!

 

ミムラスの花言葉はなに?

 

 

ミムラスの花言葉をご紹介します。

 

『笑顔を見せて』

この花言葉の由来はミムラスの英名MonkeyFlowerモンキーフラワー(猿の顔)から由来され、おどけた猿のような花が咲くことから人を笑わせている意味を込めて付けられました。

 

次に、ミムラスの品種や種類をお伝えします!

 

ミムラスの種類や品種は何があるの?

 

ミムラスの種類をいくつかご紹介します。

 

・グッタンス

こちらが一番ノーマルで原種となったもので、とても色鮮やかです。

・ミスティック

ミスティックは、とても色鮮やかで花径4㎝程の大きさになる大輪品種です。

・ルテウス

ルテウスは黄色系のパッション系な色鮮やかな花が咲き、ノーマルなミムラスと寄せ植えにとても適しています。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ミムラスのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは10つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ミムラスの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ミムラスは、半日陰を好む植物ですが園芸品種は日なた・日陰どちらでも生育することが出来ます

日当たりがよい場所で生育するほうがしっかりとバランスの良い草姿になるので日なたでの生育をおすすめします

日照不足は茎が弱くなり倒れやすくなってしまうので注意が必要です。

 

ミムラスの適した用土は赤玉土5:腐葉土3:バーミキュライト2をおすすめしています。

この割合はとても水はけがよいのでこの割合の土に緩効性肥料を混ぜておきましょう。

または、市販の草花用培養土でも大丈夫です。

 

ミムラスの開花時期は、肥料はいりません

植え付け前に元肥として、緩効性肥料を混ぜておきましょう。

ミムラスに与える水の量は毎日土の表面が乾ききる前にたっぷりと水を与えてください。

次にミムラスの写真を見ていきましょう。


②ミムラスの花の画像(写真)!

とても色鮮やかで庭に植えると映える色をしています。

色は赤・白・オレンジ・黄色と様々でたくさんの種類を庭で育てるのも明るくていいですね。

次にミムラスの開花時期や季節を説明します。


③ミムラスの開花時期や季節はいつ頃なの?

ミムラスの開花時期は、春先の4月~初夏の6月頃まで花を咲かせてくれます。

日本の環境があまり合わず夏の暑さで枯れてしまうことが多いですが涼しい地域では夏でも9月頃まで楽しむことが出来ます。

また、1/3程度切り戻して涼しい場所に置いておくと夏でも楽しむことができる多年草になります。

 

次にミムラスの苗の植え付けポイントはをご紹介します。


④ミムラスの苗の植え付けのポイントは?

ミムラスの開花時期は、春先の4月~初夏の6月頃まで花を咲かせてくれます。

日本の環境があまり合わず夏の暑さで枯れてしまうことが多いですが涼しい地域では夏でも9月頃まで楽しむことが出来ます。

また、1/3程度切り戻して涼しい場所に置いておくと夏でも楽しむことができる多年草になります。

次にミムラスの寄せ植えにおすすめな花をご紹介します。

 

⑤ミムラスの寄せ植えの仕方!

ミムラスはとても色鮮やかでバリエーション豊富なので寄せ植えにもたくさんの種類がありますがここでは一緒に寄せ植えすると可愛い花を少しだけご紹介します。

・チューリップ

・パンジー/ビオラ

・アイビー/ユーケラ

色合いも合う、背丈の高いもの低いもの色々なものを試してみてください♪

次にミムラスの剪定方法をご説明します。

⑥ミムラスの剪定(切り戻し)のポイントは?

ミムラスは、茎が伸びすぎてバランスが悪くなり倒れてくるようであれば剪定のタイミングです。

半分に切り戻ししっかりと水揚げをしましょう。

ミムラスは3日程度しか花が持たないため、定期的に花がらも摘みましょう

次にミムラスを増やしたいときにはどうしたらよいのかお答えします。


⑦ミムラスの増やし方!

ミムラスは、種を蒔くことで増やすことが出来ます。

気温が20度前後に落ち着いてくる9月頃~10月に種まきをしましょう。

次にミムラスの種まき時期と種まきポイントをご紹介します。


⑧ミムラスの種まき時期と種まきのポイントは?

ミムラスの種はとても細かいため土に直接植えるのではなく、トレーや育苗箱に重ならないように蒔きましょう。

土は被せず、水は底面給水で与えます。

ミムラスが根付き発芽し、本葉が2~3枚になったらいよいよポットへ移し替えましょう。

冬は霜が当たらないようにして、春になったら定植してください。

次はミムラスの花言葉をご紹介します。


⑨ミムラスの花言葉はなに?

ミムラスの花言葉をご紹介します。

『笑顔を見せて』

この花言葉の由来はミムラスの英名MonkeyFlowerモンキーフラワー(猿の顔)から由来され、おどけた猿のような花が咲くことから人を笑わせている意味を込めて付けられました。

最後にミムラスの種類や品種をご紹介します。


⑩ミムラスの種類や品種は何があるの?

・グッタンス

こちらが一番ノーマルで原種となったもので、とても色鮮やかです。

・ミスティック

ミスティックは、とても色鮮やかで花径4㎝程の大きさになる大輪品種です。

・ルテウス

ルテウスは黄色系のパッション系な色鮮やかな花が咲き、ノーマルなミムラスと寄せ植えにとても適しています。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)