【カブの育て方!】種まき方法や花言葉等9個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、カブについてまとめていきたいと思います。

 

カブは皆さんも良く食べていますよね!

 

様々な調理法で知られています。

春の七草の一種、「菘」(スズナ)としても広く知られていますね!

 

今回は、カブについてのポイント、

①カブの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②カブの画像(写真)!
③カブの開花時期や季節はいつ頃なの?
④カブの苗の植え付けのポイントは?
⑤カブのプランターで育てる際のポイントは?
⑥カブの種まき時期と種まきのポイントは?
⑦カブのかかりうる病気や害虫の対策方法は?
⑧カブの花言葉はなに?英語でなんていうの?
⑨カブの種類や品種は何があるの?

 

以上9つの点についてお伝えします。

まずはカブの育て方からお伝えします!

 

カブの育て方は?

 

カブは乾燥に弱く高温にも弱い植物です。

 

乾燥に弱いため水やりもしっかり行いましょう。

根菜ですので根にダメージを与える環境は避けましょう!

 

カブのサイズによって畝の感覚を変えたり水はけが悪ければ高畝にしたりと環境に敏感になる必要があるでしょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、カブが好む環境についてお伝えします!

 

カブの育て方!環境はどうする?

 

上にある通りカブは高温に弱い植物です。

 

生育適温は20~25度です。

 

特に夏の乾燥は激しいため裂根を起こすため避けてください!

涼しく風通しの良い環境で育てるようにしましょう。

 

次は、カブに適した用土についてお伝えします!

 

カブを育てる際の適した用土は何?

 

カブはあまり土壌を選ばない植物です。

 

水はけの良い土を好みます、冒頭の通り水はけが悪いようでしたら高畝にしてあげてください。

畑を耕す時には元肥を入れる二週間前に石灰を混ぜて耕しましょう!

 

次は、カブに必要な肥料についてお伝えします!

 

カブの育て方!肥料はどうする?

 

カブは元肥が多すぎると根が大きくならず葉に栄養がいってしまいます。

 

元肥は少なめに施しましょう。

二回目の間引き後に二週間に一回程度化成肥料を与えてください!

 

では次は、カブの水やりポイントについてお伝えします!

 

カブを育てる際の水の量はどうする?

 

発芽する前は土を乾かさないようにします。

 

発芽してからは土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えてください。

 

根の肥大を確認してからは特に水やりがデリケートになります。

この時は根の乾燥が大きく影響するので乾燥には特に気を付けましょう!

 

以上で基本的なカブの育て方については終わりです。

次はカブの写真をお見せします!

 

カブの画像(写真)!

 

 

こちらがカブです!

皆さんご存知のカブですね!

 

カブはアブラナ科アブラナ属に属する植物です。

 

名前の由来には頭を意味する「カブリ」、また根を意味する「株」から来ているとも言われています。

和食のイメージが強いですが海外でもカブ料理は多く知られています。

 

次は、カブの開花時期をお伝えします!

 

カブの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

 

こちらがカブの花です!

カブと聞くと食べる根の部分は覚えていても花と聞いてピンとくる方は多くないような気がします。

 

カブの開花時期は3月~5月です。

季節的には春ですね!

 

菜の花にも似ていて綺麗ですよね!

 

次は、カブの苗の植え付けのポイントをお伝えします!

 

カブの苗の植え付けのポイントは?

 

カブはあまり植え付けをする植物ではありません。

 

直根性という特性ですから植え付けのタイミングは早い方がいいでしょう。

肥大が始まる前に行ってくださいね。

 

次に、カブのプランターで育てる際のポイントをお伝えします!

 

カブのプランターで育てる際のポイントは?

 

プランターで育てる際には土は野菜用の培養土で育てましょう。

 

元肥を気にしなくていい分畑より簡単そうですね。

しかしカブのサイズに合わせたプランターにしなければ根へのストレスが大きくなるので気を付けましょう!

 

日当たりの良い所へ動かしたり環境への配慮を忘れないようにしましょう。

 

次は、カブの種まき時期と種まきのポイントをお伝えします!

 

カブの種まき時期と種まきのポイントは?

 

上にある通りカブは一般的に植え付けではありません。

カブの増やし方は種まきです。

 

種まきの二週間前には土に石灰を混ぜておきましょう!

 

春や秋にタネをまくのがオススメですが春の中でも寒い時期に撒くとストレスがかかってしまうので注意が必要です!

 

小さいカブの場合はスジ状に撒き水を絶やさないようにしましょう。

大きいカブもスジ状に撒きますが一か所に4、5粒撒いて間引き菜を食べるのも楽しみの一つです!

 

育てるカブのサイズによってスジ蒔きの感覚を変えてください。

カブは日当たりの良い環境を好むので覆う土は浅めにかけましょう!

 

次に、カブのかかりうる病気や害虫の対策方法をお伝えします!

 

カブのかかりうる病気や害虫の対策方法は?

 

カブは畑で広く栽培されているだけあって害虫、病気の種類も多く知られています。

 

病気は「うどんこ病」「根コブ病」「灰色カビ病」。

害虫は「アブラムシ」「アオムシ」「コナガ」「コナジラミ」「ネキリムシ」「ハダニ」「ヨトウムシ」。

 

数多くありますね!

 

これらは殺虫剤、殺菌剤で対応することができます。

アーリーセーフやベニカマイルドスプレーは殺虫、殺菌と汎用性が高くオススメです!

上記の商品が「ベニカマイルドスプレー」です。

 

次は、カブの花言葉をお伝えします!

同時に、カブを英語でなんて言うのかについてもお伝えします。

 

カブの花言葉はなに?英語でなんていうの?

 

カブの花言葉は誕生花としての花言葉と花自身の花言葉に分けられます。

 

誕生花としては「晴れ晴れと」もう一つは「慈愛」です。

どちらも春の花に相応しい温かみのある言葉ですね!

 

そして英名は「Turnip」(ターニップ)ですね。

 

パッと見ではチューリップに似ていますね…

チューリップも根がカブ状ですから語源は似ているのかもしれませんね!

 

最後に、カブの種類や品種をお伝えします。

 

カブの種類や品種は何があるの?

 

実はカブは栽培の歴史上最古とも言える歴史を誇る作物です。

 

そうなるとやはり品種も多く品種改良もかなり行われています。

今では地域ごとに「万木カブ」(ゆるぎかぶ)や「矢島カブ」(やじまかぶ)というような品種があります。

 

また海外にも品種はいろいろあります。

 

そのなかでも名前で目を引くのはチーマディラーパと呼ばれるイタリア産のカブです。

これは英語で「Turnip tops」といい「カブの王様」とも呼べる品種なんです!

 

しかし主に食べるのは菜の方らしくなにがカブか考えさせられそうな品種ですね…

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

カブのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは9つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①カブの育て方(環境、土、肥料、水やり)

高温と乾燥を嫌う植物!

土質は選びませんが元肥を撒く二週間ほど前に石灰質を混ぜて土を耕すといいでしょう。

肥料は元肥を与えすぎると根に栄養がいきませんので気を付けてください。

水やりは種まきから時期ごとに管理の仕方が変わるので注意が必要です!

 

②カブの画像(写真)!

皆さんご存知のカブです。

春の七草の一種でこちらでは菘の名前で知られています!

 

③カブの開花時期や季節はいつ頃なの?

開花時期は3~5月です。

あまり知られていない花は黄色くキレイな花!

 

④カブの苗の植え付けのポイントは?

カブは種まきが主流で植え付けには注意が必要です!

 

⑤カブのプランターで育てる際のポイントは?

プランターの場合にはカブのサイズに合わせて選ばないと根へのストレスが大きいです。

 

⑥カブの種まき時期と種まきのポイントは?

 

春か秋が種まきの適期です!

 

⑦カブのかかりうる病気や害虫の対策方法は?

病気や害虫はたくさんあります。

汎用性の高い薬で対処しましょう!

 

⑧カブの花言葉はなに?英語でなんていうの?

花言葉は「晴れ晴れと」「慈愛」です。

英名は「Turnip」!

 

⑨カブの種類や品種は何があるの?

最古の歴史を持つ栽培作物で数多くの品種があります!

イタリアの品種は注目ですね。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)