【トウゴクミツバツツジのまとめ!】ムラサキヤシオとの違いや花言葉等6個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、トウゴクミツバツツジについてまとめていきたいと思います。

 

トウゴクミツバツツジは「ツツジ科」「ツツジ属」の落葉低木です。

宮城県以南の本州に見られます。

 

学名は「Rhododendron Wadanum」です。

 

今回は、トウゴクミツバツツジについてのポイント、

①トウゴクミツバツツジの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②トウゴクミツバツツジの画像(写真)!
③トウゴクミツバツツジの開花時期や季節はいつ頃なの?
④トウゴクミツバツツジの花言葉はなに?
⑤ミツバツツジとトウゴクミツバツツジの違いはなに?
⑥トウゴクミツバツツジとムラサキヤシオの違いはなに?

 

以上6つの点についてお伝えします。

まずはトウゴクミツバツツの育て方からお伝えします!

 

トウゴクミツバツツの育て方は?

 

トウゴクミツバツツジは、植え場所は特に選ばず育てることができます。

挿し木で増やすことも可能です。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、トウゴクミツバツツが好む環境についてお伝えします!

 

トウゴクミツバツの育て方!環境はどうする?日光が大事なの?

 

トウゴクミツバツツジの環境は、それほど気にする必要はありません。

 

丈夫な木なので初心者で育てやすいです。

ただし、花を綺麗に咲かせたいなら、日向で育てるのが良いでしょう。

 

次は、トウゴクミツバツツに適した用土についてお伝えします!

 

トウゴクミツバツツを育てる際の適した用土は何?

 

トウゴクミツバツツジは水はけの良い土壌を好みます。

 

特に酸性の土壌が適しているので、

それに見合ったものを選ぶとより育ちやすくなります。

 

次は、トウゴクミツバツツに必要な肥料についてお伝えします!

 

トウゴクミツバツツの育て方!肥料はどうする?

 

トウゴクミツバツツジは、特に肥料を意識する必要はありません。

 

酸性の土壌を好むので、より確実に綺麗な花を咲かせたい場合は、ピートモスなどを

活用するのがおすすめです。

 

では次は、トウゴクミツバツツの水やりポイントについてお伝えします!

 

トウゴクミツバツツを育てる際の水の量はどうする?

 

トウゴクミツバツツジの水やりも降雨で特に問題はありません。

 

ただし、ツツジ全般が乾燥に弱い傾向にあるので、乾いたら水を適宜与えましょう。

水はけの良い状態を保ってください。

 

夏は気温の低い午前中、もしくは夕方に葉にもかかるようたっぷり与えると効果的です。

 

以上で基本的なトウゴクミツバツツの育て方については終わりです。

次はトウゴクミツバツツの写真をお見せします!

 

トウゴクミツバツツジの画像(写真)!

 

直径は3〜4cmほどで、花弁は白紫、淡い紫色をしています。

雄しべが10本あるのも特徴です。

 

次に、トウゴクミツバツツジの開花時期をお伝えします!

 

トウゴクミツバツツジの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

トウゴクミツバツツジの開花は4〜6月頃です。

同じ品種のミツバツツジなどと比べると少し遅めのタイミングですね。

 

次は、トウゴクミツバツツジの花言葉をお伝えします!

 

トウゴクミツバツツジの花言葉はなに?

 

ツツジを総称して「節制・自制」です。

 

トウゴクミツバツツジ固有の花言葉はありません。

 

ツツジは厳しい環境でも鮮やかな花を咲かせることから、

この花言葉になったと言われています。

 

それでは次に、ミツバツツジとトウゴクミツバツツジの違いをお伝えします!

 

ミツバツツジとトウゴクミツバツツジの違いはなに?

 

トウゴクミツバツツジはミツバツツジの一種なので、大きな違いはありません。

 

・ミツバツツジは低山地、トウゴクミツバツツジは高山地(標高1000m以上)に自生することが多い

・ミツバツツジは4〜5月、トウゴクミツバツツジは4〜6月が開花時期

・ミツバツツジは雄しべが5本、トウゴクミツバツツジは10本

 

花弁や見た目もそっくりですが上記のような違いがあります。

 

最後に、トウゴクミツバツツジとムラサキヤシオの違いをお伝えします!

 

トウゴクミツバツツジとムラサキヤシオの違いはなに?

 

トウゴクミツバツツジとムラサキヤシオの違いは、

・トウゴクミツバツツジは花弁が細長く尖り気味だが、ムラサキヤシオは丸みを帯びて大きい

・トウゴクミツバツツジは関東が中心だが、ムラサキヤシオは北海道や本州も滋賀以北に見られる

・トウゴクミツバツツジは淡い紫、もしくは白に近い、ムラサキヤシオはより紫に近く鮮やか

 

などがあります。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

トウゴクミツバツツジのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①トウゴクミツバツツジの育て方(環境、土、肥料、水やり)

トウゴクミツバツツジは比較的初心者でも育てやすい。

ただし乾燥にやや弱いので、水はけの良い土壌、肥料もピートモスなど酸性土壌に近づける、

乾燥したら適宜水やりするとより綺麗な花を咲かせてくれるでしょう。

 

②トウゴクミツバツツジの画像(写真)!

花弁は細長く尖り気味で、淡い紫色をしているのが特徴です。

 

③トウゴクミツバツツジの開花時期や季節はいつ頃なの?

トウゴクミツバツツジの開花は4〜6月頃です。

ミツバツツジなどと比べるとやや遅めのタイミングでの開花となります。

 

④トウゴクミツバツツジの花言葉はなに?

ツツジを総称して「節制・自制」です。

トウゴクミツバツツジ固有のものはありません。

 

⑤ミツバツツジとトウゴクミツバツツジの違いはなに?

トウゴクミツバツツジはミツバツツジの一種なのであまり違いはありません。

違いとしては、

・ミツバツツジは低山地、トウゴクミツバツツジは高山地(標高1000m以上)に自生することが多い

・ミツバツツジは4〜5月、トウゴクミツバツツジは4〜6月が開花時期

・ミツバツツジは雄しべが5本、トウゴクミツバツツジは10本

があります。

 

⑥トウゴクミツバツツジとムラサキヤシオの違いはなに?

トウゴクミツバツツジとムラサキヤシオの違いは、

・トウゴクミツバツツジは花弁が細長く尖り気味だが、ムラサキヤシオは丸みを帯びて大きい

・トウゴクミツバツツジは関東が中心だが、ムラサキヤシオは北海道や本州も滋賀以北に見られる

・トウゴクミツバツツジは淡い紫、もしくは白に近い、ムラサキヤシオはより紫に近く鮮やか

などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)