【レンゲソウ(れんげ草)のまとめ!】育て方(庭植えや種まき)や季節等10個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、レンゲソウ(れんげ草)についてまとめていきたいと思います。

 

マメ科に属するレンゲソウは、春時期になると可愛らしい桃色のや紅紫の花を開花させます。

レンゲソウの茎丈は大きいものでも25cmとなります。

 

ただし、暖かい地域では根本から枝分かれをして水平に伸びていき、最長で150cm程に成長する場合もあります。

 

今回は、レンゲソウ(れんげ草)についてのポイント、

①レンゲソウ(れんげ草)の育て方(環境、土、肥料、水やり)
②レンゲソウ(れんげ草)の画像(写真)!
③レンゲソウ(れんげ草)の開花時期や季節はいつ頃なの?
④レンゲソウ(れんげ草)の苗の植え方は?
⑤レンゲソウ(れんげ草)の鉢植えや庭で育てる際のポイントは?
⑥レンゲソウ(れんげ草)の種まき時期と種まきのポイントは?
⑦レンゲソウ(れんげ草)のかかりうる病気や害虫の対策方法は?
⑧レンゲソウ(れんげ草)に似た花は何がある?
⑨レンゲソウ(れんげ草)の花言葉はなに?英語でなんていうの?別名は?
⑩レンゲソウ(れんげ草)の種類や品種は何があるの?

 

以上10の点についてお伝えします。

まずはレンゲソウ(れんげ草)の育て方からお伝えします!

 

レンゲソウ(れんげ草)の育て方(栽培)は?

 

 

レンゲソウは夏や秋に発芽しますが、冬の寒い時期になると葉を出したまま冬越しをした後の春に開花する越年草となります。

 

レンゲソウ等の越年草の育成をする場合は、冬越しを行う場合でも水やりは行いましょう。

自生をするレンゲソウを育成する場合は花壇や芝生などにポイントとして植え付けてあげると可愛らしさを演出できます。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、レンゲソウ(れんげ草)が好む環境についてお伝えします!

 

レンゲソウ(れんげ草)の育て方!環境はどうする?

 

レンゲソウは痩せ地でも自生することが可能な植物となります。

 

環境は日当たりが良く湿度のある場所を好む品種となります。

レンゲソウの育成を行う環境は日が当たり湿度のある場所で行ってあげましょう。

 

次は、レンゲソウ(れんげ草)に適した用土についてお伝えします!

 

レンゲソウ(れんげ草)を育てる際の適した用土は何?

 

 

レンゲソウはある程度の環境で自生をする強健な品種となります。

たくましい植物であるレンゲソウは、土壌を選ばなくても育てることが可能となります。

 

レンゲソウを鉢植えで育成をする場合は、市販の園芸用培養土を選んであげましょう。

 

レンゲソウは種を鉢などに直接撒いて育てる品種となります。

種まきに使用する用土を自身で作成する場合は、赤玉土小粒を7割に腐葉土3割で混ぜ合わせたものがオススメです。

 

ある程度の環境ではたくましく成長いたしますが、市販のものを使用する場合は花専用培養土をご使用いただくと問題なく育成できます。

 

次は、レンゲソウ(れんげ草)に必要な肥料についてお伝えします!

 

レンゲソウ(れんげ草)の育て方!肥料はどうする?

 

レンゲソウは空気中にある窒素を取り込むことができる植物となります。

 

根粒菌を含むことから、肥料を特に必要としなくても自生をいたします。

他の植物と合わせて使用することで、根粒菌を含むレンゲソウが肥料の役割を補うことが可能です。

 

では次は、レンゲソウ(れんげ草)の水やりポイントについてお伝えします!

 

レンゲソウ(れんげ草)を育てる際の水の量はどうする?

 

湿度のある用土を好むレンゲソウの水やりは、用土の表面が乾燥してきたらたっぷりと与えましょう。

 

冬時期も水やりをする必要がありますが、日が昇る午前中の時間帯にできるだけ行ってください。

日が沈む夕方に水やりを行うと地中の水分が凍結してしまいますので、その事が原因で根が痛んでしまい株が弱ってしまいます。

 

以上で基本的なレンゲソウ(れんげ草)の育て方については終わりです。

次はレンゲソウ(れんげ草)の写真をお見せします!

 

レンゲソウ(れんげ草)の画像(写真)!

 

根に根粒菌を持っているレンゲソウは、根に窒素を蓄えており土壌を肥沃していく植物です。

 

休耕中の時期には肥沃をさせるために昔はレンゲソウを活用することも多かったようです。

稀に白色のレンゲソウが開花いたしますが、その他にも真っ赤な花色をしたレンゲソウもございます。

 

レンゲソウの写真はこちらになります。

 

次に、レンゲソウ(れんげ草)の開花時期をお伝えします!

 

レンゲソウ(れんげ草)の開花時期や季節はいつ頃なの?

 

レンゲソウの開花時期は春時期の4月~5月と短い期間となり、田んぼに植え付けを行う場合は開花しないまますき込む事があります。

レンゲソウの花は葉から突き出すように開花させます。

 

通常レンゲソウの花色が紅紫色となりますが、白色やクリーム色の花色である株もまれにあります。

 

次に、レンゲソウ(れんげ草)の苗の植え方をお伝えします!

 

レンゲソウ(れんげ草)の苗の植え方は?

 

 

レンゲソウは株からの植え付けではなく、花壇などに直まきを行ってください。

 

地植えの場合は、予め腐葉土を混ぜ合わせ約10cmの深さに土を耕してください。

種を撒いた後は上に土をかけすぎると芽が出てこない場合がありますので、軽めにかけてあげましょう。

 

苗を植え付けてからはとくに植え替えることはしません。

種まきをして発芽をした後しばらく様子を見て苗の間引きを行いましょう。

 

それでは次に、レンゲソウ(れんげ草)の鉢植えや庭で育てる際のポイントをお伝えします!

 

レンゲソウ(れんげ草)の鉢植えや庭で育てる際のポイントは?

 

原っぱで見かけることが多いレンゲソウは幼い頃から親しみのある植物となり、地植えは湿度を含む環境に種を撒いてください。

 

可愛い花姿や、レンゲソウが肥料効果があることでガーデニングとしても利用する方もいる品種で、鉢植えとして寄せ植えを行うことも可能です。

鉢植えは種を直まきをしますが、その後は乾燥しないようにこまめに水を与えてください。

 

次は、レンゲソウ(れんげ草)の種まき時期をお伝えします!

 

レンゲソウ(れんげ草)の種まき時期と種まきのポイントは?

 

 

レンゲソウは種まきをしておくと雑草が生えないように予防することができます。

 

種まきの適時期は秋頃の9月下旬~11月上旬となり、種は花壇などに直接撒いてあげましょう。

種は袋に入れて揉んであげると傷がつくので、発芽率をあげることができます。

 

次に、レンゲソウ(れんげ草)のかかりうる病気や害虫の対策法をお伝えします!

 

レンゲソウ(れんげ草)のかかりうる病気や害虫の対策方法は?

 

 

レンゲソウは病気になりにくい植物ですが、アブラムシが付きやすく、茎や葉などの養分を吸い取ってしまいます。

最悪枯れてしまう場合があるので、最悪の場合枯れてしまう原因になりますので見つけ次第駆除してください。

 

またコナジラミ類の害虫がつくこともあり、葉の裏などに寄生してしまいますので注意して見つけ次第駆除しましょう。

 

それでは次に、レンゲソウ(れんげ草)に似た花をお伝えします!

 

レンゲソウ(れんげ草)に似た花は何がある?

 

花や若芽は食欲としても利用することができるレンゲソウに似た花は下記となります。

 

ムラサキツメクサ

和名で紫詰草となるムラサキツメクサはシャジクソウ属に属する植物となります。

別名として赤クローバーと呼ばれることもありますが、花色がレンゲソウのような紅紫色をしています。

 

次は、レンゲソウ(れんげ草)の花言葉をお伝えします!

 

レンゲソウ(れんげ草)の花言葉はなに?英語でなんていうの?別名は?

 

 

英語ではAstragalus別名はゲンゲと呼ばれるレンゲソウは、花姿が蓮の花とよく似ていることから和名で蓮華草と呼ばれています。

レンゲソウには「心が和らぐ」「あなたは幸福です」といった花言葉がつけられています。

 

民間薬として使用されているレンゲソウが、相手の人を思いやる気持ちを表していることからその花言葉がつけられています。

 

最後に、レンゲソウ(れんげ草)の種類をお伝えします!

 

レンゲソウ(れんげ草)の種類や品種は何があるの?

 

レンゲソウが属するゲンゲ属は、日本国内で14種生息しています。

 

ムラサキモメンヅル

多年草となるムラサキモメンヅルは夏時期の7月~8月頃に開花する植物です。

低山から高山、砂礫地など様々な環境でムラサキモメンヅルは自生しています。

 

キバナオウギ

中国から朝鮮半島に分布しているキバナオウギは、漢方として強壮や利尿などに効果的となります。

花色が淡黄白色である蝶花をキバナオウギは多数咲かせます。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

レンゲソウ(れんげ草)のまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは10つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①レンゲソウ(れんげ草)の育て方(環境、土、肥料、水やり)

レンゲソウは夏や秋に発芽しますが、冬の寒い時期になると葉を出したまま冬越しをした後の春に開花する越年草となります。

レンゲソウ等の越年草の育成をする場合は、冬越しを行う場合でも水やりは行いましょう。

自生をするレンゲソウを育成する場合は花壇や芝生などにポイントとして植え付けてあげると可愛らしさを演出できます。

 

②レンゲソウ(れんげ草)の画像(写真)!

根に根粒菌を持っているレンゲソウは、根に窒素を蓄えており土壌を肥沃していく植物です。

休耕中の時期には肥沃をさせるために昔はレンゲソウを活用することも多かったようです。

稀に白色のレンゲソウが開花いたしますが、その他にも真っ赤な花色をしたレンゲソウもございます。

 

③レンゲソウ(れんげ草)の開花時期や季節はいつ頃なの?

レンゲソウの開花時期は春時期の4月~5月と短い期間となり、田んぼに植え付けを行う場合は開花しないまますき込む事があります。

レンゲソウの花は葉から突き出すように開花させます。

通常レンゲソウの花色が紅紫色となりますが、白色やクリーム色の花色である株もまれにあります。

 

④レンゲソウ(れんげ草)の苗の植え方は?

レンゲソウは株からの植え付けではなく、花壇などに直まきを行ってください。

地植えの場合は、予め腐葉土を混ぜ合わせ約10cmの深さに土を耕してください。

種を撒いた後は上に土をかけすぎると芽が出てこない場合がありますので、軽めにかけてあげましょう。

苗を植え付けてからはとくに植え替えることはしません。

 

⑤レンゲソウ(れんげ草)の鉢植えや庭で育てる際のポイントは?

原っぱで見かけることが多いレンゲソウは幼い頃から親しみのある植物となり、地植えは湿度を含む環境に種を撒いてください。

可愛い花姿や、レンゲソウが肥料効果があることでガーデニングとしても利用する方もいる品種で、鉢植えとして寄せ植えを行うことも可能です。

鉢植えは種を直まきをしますが、その後は乾燥しないようにこまめに水を与えてください。

 

⑥レンゲソウ(れんげ草)の種まき時期と種まきのポイントは?

レンゲソウは種まきをしておくと雑草が生えないように予防することができます。

種まきの適時期は秋頃の9月下旬~11月上旬となり、種は花壇などに直接撒いてあげましょう。

種は袋に入れて揉んであげると傷がつくので、発芽率をあげることができます。

 

⑦レンゲソウ(れんげ草)のかかりうる病気や害虫の対策方法は?

レンゲソウは病気になりにくい植物ですが、アブラムシが付きやすく、茎や葉などの養分を吸い取ってしまいます。

最悪枯れてしまう場合がございますので、最悪の場合枯れてしまう原因になりますので見つけ次第駆除してください。

またコナジラミ類の害虫がつくこともあり、葉の裏などに寄生してしまいますので注意して見つけ次第駆除しましょう。

 

⑧レンゲソウ(れんげ草)に似た花は何がある?

花や若芽は食欲としても利用することができるレンゲソウに似た花は下記となります。

ムラサキツメクサ

和名で紫詰草となるムラサキツメクサはシャジクソウ属に属する植物となります。

別名として赤クローバーと呼ばれることもありますが、花色がレンゲソウのような紅紫色をしています。

 

⑨レンゲソウ(れんげ草)の花言葉はなに?英語でなんていうの?別名は?

英語ではAstragalus別名はゲンゲと呼ばれるレンゲソウは、花姿が蓮の花とよく似ていることから和名で蓮華草と呼ばれています。

レンゲソウには「心が和らぐ」「あなたは幸福です」といった花言葉がつけられています。

民間薬として使用されているレンゲソウが、相手の人を思いやる気持ちを表していることからその花言葉がつけられています。

 

⑩レンゲソウ(れんげ草)の種類や品種は何があるの?

レンゲソウが属するゲンゲ属は、日本国内で14種生息しています。

ムラサキモメンヅル

多年草となるムラサキモメンヅルは夏時期の7月~8月頃に開花する植物です。

低山から高山、砂礫地など様々な環境でムラサキモメンヅルは自生しています。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)