【トウダイグサのまとめ!】育て方や毒性について等7個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、トウダイグサについてまとめていきたいと思います。

 

トウダイグサ科の二年草であるトウダイグサは、茎や葉を傷つけると白い乳液が出てきます。

 

草丈は20~30cmとなるトウダイグサの花は独特な杯状花序となり、へら形をしている葉は鋸歯が細かく縁にあります。

野原でよく見かける花は小さく可愛らしいのですが毒性を持っていますので液には触れないように注意してください。

 

今回は、トウダイグサについてのポイント、

①トウダイグサの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②トウダイグサの画像(写真)!毒性はあるの?
③トウダイグサの開花時期や季節はいつ頃なの?
④トウダイグサとサボテンの関係性は?
⑤トウダイグサとユーフォルビアの違いはなに?
⑥トウダイグサの花言葉はなに?
⑦トウダイグサの種類や品種は何があるの?

 

以上7つの点についてお伝えします。

まずはトウダイグサの育て方からお伝えします!

 

トウダイグサの育て方は?

 

 

トウダイグサの植えつけを行う時は、石灰分を用土に含ませるとより良い環境づくりにつながりますので苦土石灰を混ぜ合わせてください。

 

庭植えでの育成ですと植え替えは必要ございませんが、鉢植えですと根詰まりを起こす可能性があるため約3年に一度植え替えをしてあげましょう。

挿し芽で増やす場合は頂芽を切った部分から出てくる白い液は予め捨てていただき鹿沼土などに刺してください。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、トウダイグサが好む環境についてお伝えします!

 

トウダイグサの育て方!環境はどうする?

 

 

トウダイグサはアジアからヨーロッパなど北半球の暖かい地域の広い範囲で生息している品種となります。

 

国内では本州から九州沖縄に分布しており、道端や原っぱなど様々な環境で自生する植物です。

日当たりの良い環境をトウダイグサは好みますが、半日陰でもじゅうぶんに育成することが可能となります。

 

次は、トウダイグサに適した用土についてお伝えします!

 

トウダイグサを育てる際の適した用土は何?

 

トウダイグサは野原で自生をする植物ですので、用土はこだわらなくても育成することが可能となります。

 

市販の用土ですと、山野草やサボテン向けの用土を選ぶことをオススメします。

自身で用土を作成する場合は赤玉土を3割に鹿沼土を3割のところに水ハケを良くするために軽石3割と腐葉土を1割を混ぜ合わせてください。

 

次は、トウダイグサに必要な肥料についてお伝えします!

 

トウダイグサの育て方!肥料はどうする?

 

 

トウダイグサの適時期は秋時期の10月頃と春先の3月から5月の間に少量の液体肥料を施してあげましょう。

 

夏の暑い時期に肥料が残ってしまわないように残らないように注意してください。

春時期の3月から初夏の5月頃もしくは秋時期の10月頃に化成肥料を与えるとより良い成長に繋がります。

 

では次は、トウダイグサの水やりポイントについてお伝えします!

 

トウダイグサを育てる際の水の量はどうする?

 

 

道端や原っぱなどでも自生しているトウダイグサの水やりは庭植えの場合ですとほとんど必要ございません。

 

鉢植えでの育成を行う場合では、土の表面が乾燥してきてからたっぷりと与えてください。

春の時期は成長期となりますので、トウダイグサの水やりは通常よりも多めに与えますが、夏には少し乾燥させてあげましょう。

 

以上で基本的なの育て方については終わりです。

次はトウダイグサの写真をお見せします!

 

トウダイグサの画像(写真)!毒性はあるの?

 

黄緑と緑が鮮やかで人気のあるトウダイグサですが毒を含む植物ですので注意してください。

 

トウダイグサは全体的に有毒となり、葉や茎を切ると白い液体が出てきますが触れたぶぶんが水泡になりますので注意してください。

と吐き気や腹痛や痙攣などの症状が起きますので口にはしないでおきましょう。

 

トウダイグサの写真はこちらになります。

 

次に、トウダイグサの開花時期をお伝えします!

 

トウダイグサの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

 

黄色の花色である花を複数つけるトウダイグサは、茎から放射状に花茎をつけます。

 

トウダイグサの開花時期は春時期の4月から初夏の6月頃となります。

開花時期を終えると実が熟していき次第に下部が裂けて種子が散布するさく果となります。

 

次は、トウダイグサとサボテンの関係性をお伝えします!

 

トウダイグサとサボテンの関係性は?

 

 

サボテンは南北アメリカ大陸が主な原産地であり、多くがユーフォルビア属に属する植物となります。

 

サボテンは乾燥地帯で自生をする植物ですが、トウダイグサは野原や山地で自生をしますので生息地が異なります。

その他にもトウダイグサとは違いサボテンにはアレオーレと呼ばれる刺がありますので刺さらないように注意してください。

 

それでは次に、トウダイグサとユーフォルビアの違いをお伝えします!

 

トウダイグサとユーフォルビアの違いはなに?

 

 

様々な種類のユーフォルビアは、別名や和名でトウダイグサと呼ばれています。

 

世界中に分布しているとても大きな属性であるユーフォルビアは一年草や多年草や、多肉植物やサボテンなど様々な品種があります。

控えめなトウダイグサとは異なり華やかな花を開花する品種もあり、園芸植物は学名でユーフォルビアと呼ばれることが大半となります。

 

次に、トウダイグサの花言葉をお伝えします!

 

トウダイグサの花言葉はなに?

 

 

和名では灯台草と書くトウダイグサは明治より前に使用されていた灯明台に似ていることからその名がつけられています。

 

別名はスズリバナやミズクサなどがあり、英語ではEuphorbiaと呼ばれています。

 

トウダイグサの花言葉には「控えめ」と「地味」があります。

どちらも毒を含み華やかな花色をしていないトウダイグサは人に贈るのには不向きな植物となります。

 

最後に、トウダイグサの種類をお伝えします!

 

トウダイグサの種類や品種は何があるの?

 

 

トウダイグサが属するユーフォルビア属は約2000種以上にもなる大きな属性の植物となります。

 

ポインセチア

クリスマスの代表的な花として人気の高いポインセチアは、トウダイグサ同様ユーフォルビア属に属する植物となります。

真っ赤な花色とキレイな緑色をした葉色がクリスマスカラーを象徴しています。

 

ユーフォルビア・キパリッシアス

レモンのように爽やかな花色をしたユーフォルビア・キパリッシアスもユーフォルビア属に属する品種です。

開花時期である春先の3月下旬〜夏時期の9月頃になると、枝先に黄色い花色をした可愛らしい花を開花させます。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

トウダイグサのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①トウダイグサの育て方(環境、土、肥料、水やり)

トウダイグサの植えつけを行う時は、石灰分を用土に含ませるとより良い環境づくりにつながりますので苦土石灰を混ぜ合わせてください。

庭植えでの育成ですと植え替えは必要ございませんが、鉢植えですと根詰まりを起こす可能性があるため約3年に一度植え替えをしてあげましょう。

挿し芽で増やす場合は頂芽を切った部分から出てくる白い液は予め捨てていただき鹿沼土などに刺してください。

 

②トウダイグサの画像(写真)!毒性はあるの?

黄緑と緑が鮮やかで人気のあるトウダイグサですが毒を含む植物ですので注意してください。

トウダイグサは全体的に有毒となり、葉や茎を切ると白い液体が出てきますが触れたぶぶんが水泡になりますので注意してください。

と吐き気や腹痛や痙攣などの症状が起きますので口にはしないでおきましょう。

 

③トウダイグサの開花時期や季節はいつ頃なの?

黄色の花色である花を複数つけるトウダイグサは、茎から放射状に花茎をつけます。

トウダイグサの開花時期は春時期の4月から初夏の6月頃となります。

開花時期を終えると実が熟していき次第に下部が裂けて種子が散布するさく果となります。

 

④トウダイグサとサボテンの関係性は?

サボテンは南北アメリカ大陸が主な原産地であり、多くがユーフォルビア属に属する植物となります。

サボテンは乾燥地帯で自生をする植物ですが、トウダイグサは野原や山地で自生をしますので生息地が異なります。

その他にもトウダイグサとは違いサボテンにはアレオーレと呼ばれる刺がありますので刺さらないように注意してください。

 

⑤トウダイグサとユーフォルビアの違いはなに?

様々な種類のユーフォルビアは、別名や和名でトウダイグサと呼ばれています。

世界中に分布しているとても大きな属性であるユーフォルビアは一年草や多年草や、多肉植物やサボテンなど様々な品種があります。

控えめなトウダイグサとは異なり華やかな花を開花する品種もあり、園芸植物は学名でユーフォルビアと呼ばれることが大半となります。

 

⑥トウダイグサの花言葉はなに?

和名では灯台草と書くトウダイグサは明治より前に使用されていた灯明台に似ていることからその名がつけられています。

別名はスズリバナやミズクサなどがあり、英語ではEuphorbiaと呼ばれています。

トウダイグサの花言葉には「控えめ」と「地味」がございますがどちらも毒を含み華やかな花色をしていないトウダイグサは人に贈るのには不向きな植物となります。

 

⑦トウダイグサの種類や品種は何があるの?

トウダイグサが属するユーフォルビア属は約2000種以上にもなる大きな属性の植物となります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)