【カンヒザクラのまとめ!】育て方(挿し木)や見頃等10個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、カンヒザクラについてまとめていきたいと思います。

 

カンヒザクラは暖かい気候の土地に咲く花で、主に台湾や中国、沖縄や鹿児島に自生します。高さは10メートル程まで伸びます。

沖縄では「桜といえばカンヒザクラ」というほどです。沖縄での桜の開花予想はカンヒザクラの開花を指しています。

 

カンヒザクラは早咲きの桜として知られており、ソメイヨシノなどの他の桜よりも早く開花します。沖縄などでは1月の下旬に見頃を迎えます。

また、桜としては珍しく、下向きに咲くことと、他の桜よりも濃いピンク色をしているのが特徴です。

 

今回は、カンヒザクラについてのポイント、

①寒緋桜(カンヒザクラ)の育て方(環境、土、肥料、水やり)
②寒緋桜(カンヒザクラ)の画像(写真)!特徴は?
③寒緋桜(カンヒザクラ)の開花時期や見頃はいつ頃なの?
④寒緋桜(カンヒザクラ)を東京で見たい!どこで見ることができる?
⑤寒緋桜(カンヒザクラ)の苗木の販売価格はいくらぐらい?どのように植えればいいの?
⑥寒緋桜(カンヒザクラ)の増やし方!
⑦寒緋桜(カンヒザクラ)の挿し木(挿し芽)のやり方はどうするの?
⑧寒緋桜(カンヒザクラ)の花言葉はなに?英語でなんていうの?
⑨ヒガンザクラとカンヒザクラの違いはなに?
⑩寒緋桜(カンヒザクラ)の種類や品種は何があるの?

 

以上10つの点についてお伝えします。

まずはカンヒザクラの育て方からお伝えします!

 

カンヒザクラの育て方は?

 

カンヒザクラの育て方のポイントとしては、日当たりが良く、風通しの良い場所で育てることです。

 

植えつけは、2月から3月に行うのが適しています。苗木よりも少し大きめに穴を掘り、植えつけましょう。最初は幹が細いため、根付くまでは支柱を添えて支えてあげましょう。

鉢植えの場合は、大きめの鉢に植え替えると管理が楽になります。

 

また、2~3年に1回は必ず植え替えるように心がけてください。植え替えを怠ると、生育が衰えるだけでなく立ち枯れを起こしやすくなるためです。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、カンヒザクラが好む環境についてお伝えします!

 

カンヒザクラの育て方!環境はどうする?

 

カンヒザクラは日当たりが良く、風通しの良い場所で育てます。

 

日陰では枝が枯れやすく、枝と枝との間隔が広くなって、日光を求めて枝先が伸びていきます。

しかし、強い西日の当たるところはあまり好みません。また、風が強すぎると花や葉がすぐに落ちてしまうため、強風が当たらない場所で育てます。

 

次は、カンヒザクラに適した用土についてお伝えします!

 

カンヒザクラを育てる際の適した用土は何?

 

カンヒザクラは、水持ちが良く、栄養が豊富に含まれている土を好みます。

 

赤玉土(小粒)をベースに腐葉土と黒土を混合(混合比率の目安は、赤玉土4、腐葉土3、黒土3)したものがおすすめです。

市販されている庭木用の土もあるので、そちらを活用するのも良いです。

 

次は、カンヒザクラに必要な肥料についてお伝えします!

 

カンヒザクラの育て方!肥料はどうする?

 

カンヒザクラはの肥料としては、植えつける時に、植え穴の底部に元肥として化成肥料を堆肥に混合して入れ、軽く覆土します。

晩秋から冬にかけて株の周囲に何か所か穴を掘り、有機質肥料と緩効性化成肥料を混合したものを寒肥として穴の中へ施すとよいでしょう。

 

では次は、カンヒザクラの水やりポイントについてお伝えします!

 

カンヒザクラを育てる際の水の量はどうする?

 

カンヒザクラの水やりは、庭植えでは基本的に水やりは不要です。

 

ただし、夏に乾燥が続くときは、2週間に1回程度、朝のうちに水を与えます。

鉢植えの場合は、夏場は1~2日に1回程度、朝のうちに行います

 

以上で基本的なカンヒザクラの育て方については終わりです。

次はカンヒザクラの写真をお見せします!

 

寒緋桜(カンヒザクラ)の画像(写真)!特徴は?

 

 

カンヒザクラは花弁が5枚で、小輪の一重咲きです。

さらに桜としては珍しく、ベル型の花を下向きに咲かせます。

 

次に、寒緋桜(カンヒザクラ)の開花時期や見頃はいつ頃なのかをお伝えします。

 

寒緋桜(カンヒザクラ)の開花時期や見頃はいつ頃なの?

 

カンヒザクラの見頃は、沖縄では1月下旬から見頃を迎えます。

 

ただ、本州では場所によって開花時期が異なっていて、東京の荏原神社ではの1月下旬くらいから、京都府立植物園では3月下旬から、長野県の臥竜公園では4月中旬〜4月下旬になります。

場所によって開花時期が異なるので、開花状況を確認してから行くといいでしょう。

 

次に、寒緋桜(カンヒザクラ)を東京で見たい場合に、どこで見ることが出来るのかをお伝えします。

 

寒緋桜(カンヒザクラ)を東京で見たい!どこで見ることができる?

 

日本では沖縄や鹿児島でしか自生しない寒緋桜(カンヒザクラ)ですが、東京でも見られる場所はあります。

 

まず1つめが、北品川の荏原神社にあります。荏原神社の歴史は長く、1300年以上にもなります。そこでは1月下旬ぐらいにカンヒザクラが見頃を迎えます。

2つめは、ホテル椿山荘東京です。お花見スポットとしても有名な椿山荘では、3月頃カンヒザクラが咲き始めます。他にも修善寺寒桜なども咲き、桜の見頃は4月中旬まで続きます。

 

次は、寒緋桜(カンヒザクラ)の苗木の販売価格どのように植えればいいのかをお伝えします。

 

寒緋桜(カンヒザクラ)の苗木の販売価格はいくらぐらい?どのように植えればいいの?

 

カンヒザクラの苗木は通販で見ると大体2~3000円くらいで売られているようです。

 

接ぎ木苗でポットの状態で売られている事が多いので、ポットから大きめの鉢や地面に植え替えて育てるといいでしょう。

植え替えは2月から3月に行うのが適しています。苗木よりも少し大きめに穴を掘って植えつけます。

 

次は、寒緋桜(カンヒザクラ)の増やし方をお伝えします。

 

寒緋桜(カンヒザクラ)の増やし方!

 

カンヒザクラの増やし方としては、接ぎ木挿し木があります。

 

接ぎ木のポイントとしては、増やしたい枝は1月中旬~2月上旬に切り取って保管し、2月下旬~3月中旬に土台となる木に接ぎ木することです。

 

増やしたい枝には、芽が2~3個付くようにします。

挿し木の際は、さし穂は10~15cmの長さに調整し、鹿沼土や赤玉土のさし床にさします。密閉ざしは、活着率が高くなります。

 

次は、寒緋桜(カンヒザクラ)の挿し木(挿し芽)のやり方をお伝えします。

 

寒緋桜(カンヒザクラ)の挿し木(挿し芽)のやり方はどうするの?

 

カンヒザクラの挿し木の際は、10~15cmほどの長さのものを用意し、親株の切り口には癒合剤や接ぎロウを塗っておきます。

挿し木の具体的な方法は以下の通りです。

 

1. 10cm以上の深さがある、育苗ポットを準備する

2. 鉢底から2~3cmの深さに砂を敷き、上から5~6cmほど赤玉土や鹿沼土を入れる

3. 挿し木用の枝の切り口を、斜めに切る

4. 切り口を2~3時間水に浸ける

5. 枝の1/2~1/3の葉っぱを全て取り除く

6. 切り口に発根剤を塗る

7. 枝を6~10cmほど土に挿す

8. 何本か挿し木するときは、株同士の間隔を3~4cm空ける

 

挿し木した後は、土が乾燥しないように水やりをしながら、日陰で管理します。

そして、半年ほどたって株が十分に育ったら鉢に植え替えましょう。

 

次は、寒緋桜(カンヒザクラ)の花言葉をお伝えします。

英語ではなんていうのでしょうか。

 

寒緋桜(カンヒザクラ)の花言葉はなに?英語でなんていうの?

 

カンヒザクラの花言葉には、「あでやかな美人」「あなたに微笑む」「気まぐれ」があります。

 

はっきりとした由来は分かっていませんが、他の桜にはない濃いピンクがあでやかな雰囲気を生み出していて、それを美しい女性に例えているのではないでしょうか。

英語では、台湾が原産であることから、Taiwan cherry、また、冬に咲くことからwinter cherry treeともいいます。

 

次は、ヒガンザクラとカンヒザクラの違いをお伝えします。

 

ヒガンザクラとカンヒザクラの違いはなに?

 

桜には様々な種類がありますが、カンヒザクラとヒガンザクラが間違いやすいといった声を聞くことがあります。

 

その理由としては、カンヒザクラをヒカンサクラ(緋寒桜)ともいうことからなのですが、この2つの桜は見た目や咲く時期も異なります。

カンヒザクラは濃いピンク色の花を咲かせますが、ヒガンザクラは薄いピンクの花を咲かせます。また、咲く時期も名前にあるように彼岸の頃(3月中旬)になります。

 

そのように違いがあるので、見た目で間違えることは無いでしょう。

 

最後に、寒緋桜(カンヒザクラ)の種類や品種は何があるのかをお伝えします。

 

寒緋桜(カンヒザクラ)の種類や品種は何があるの?

 

カンヒザクラの仲間である、カンヒザクラ群には以下のような品種があります。

 

  • カワヅザクラ(河津桜)
  • オオカンザクラ(大寒桜)
  • オカメザクラ(阿亀桜)
  • カンザクラ(寒桜)
  • ケイオウザクラ(啓翁桜・東海桜・岳南桜)
  • シュゼンジカンザクラ(修善寺寒桜)
  • リュウキュウカンヒザクラ(琉球寒緋桜・琉球緋桜)
  • タイリョウザクラ(大漁桜)
  • ツバキカンザクラ(椿寒桜)
  • ハツミヨザクラ(初御代桜)
  • イズタガアカ(伊豆多賀赤)
  • リッシュンカンザクラ(立春寒桜)
  • ミョウショウジ(明正寺)
  • アタミハヤザキ(熱海早咲)
  • ヨウコウ(陽光)
  • ヨコハマヒザクラ(横浜緋桜)

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

寒緋桜(カンヒザクラ)のまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは10つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①寒緋桜(カンヒザクラ)の育て方(環境、土、肥料、水やり)

育て方のポイントとしては、

・風通しの良い場所で育てる

・水持ちが良く、栄養が豊富に含まれている土に植え付ける

・元肥として化成肥料を堆肥に混合して入れる。また、寒肥として有機質肥料と緩効性化成肥料を混合したものを施す

・庭植えでは基本的に水やりは不要、鉢植えの場合は、夏場は1~2日に1回程度、朝のうちに行う

になります。


②寒緋桜(カンヒザクラ)の画像(写真)!特徴は?

カンヒザクラは花弁が5枚で、小輪の一重咲きです。

さらに桜としては珍しく、ベル型の花を下向きに咲かせます。

 

③寒緋桜(カンヒザクラ)の開花時期や見頃はいつ頃なの?

カンヒザクラの見頃は、沖縄では1月下旬から見頃を迎えます。

ただ、本州では場所によって開花時期が異なります。

 

④寒緋桜(カンヒザクラ)を東京で見たい!どこで見ることができる?

カンヒザクラは、東京では荏原神社と椿山荘東京で見られます。

 

⑤寒緋桜(カンヒザクラ)の苗木の販売価格はいくらぐらい?どのように植えればいいの?

カンヒザクラの苗木は通販で見ると大体2~3000円くらいで売られていることが多いです。

接ぎ木苗でポットの状態で売られている事が多いので、ポットから大きめの鉢や地面に植え替えて育てるといいでしょう。

 

⑥寒緋桜(カンヒザクラ)の増やし方!

カンヒザクラは接ぎ木と挿し木で増やします。

 

⑦寒緋桜(カンヒザクラ)の挿し木(挿し芽)のやり方はどうするの?

カンヒザクラの挿し木の方法は以下の通りです。

1. 10cm以上の深さがある、育苗ポットを準備する

2. 鉢底から2~3cmの深さに砂を敷き、上から5~6cmほど赤玉土や鹿沼土を入れる

3. 挿し木用の枝の切り口を、斜めに切る

4. 切り口を2~3時間水に浸ける

5. 枝の1/2~1/3の葉っぱを全て取り除く

6. 切り口に発根剤を塗る

7. 枝を6~10cmほど土に挿す

8. 何本か挿し木するときは、株同士の間隔を3~4cm空ける

 

⑧寒緋桜(カンヒザクラ)の花言葉はなに?英語でなんていうの?

花言葉は、「あでやかな美人」、「あなたに微笑む」、「気まぐれ」

英語ではTaiwan cherry、またはwinter cherry treeといいます。

 

⑨ヒガンザクラとカンヒザクラの違いはなに?

カンヒザクラは濃いピンク色の花を咲かせますが、ヒガンザクラは薄いピンクの花を咲かせます。

咲く時期はカンヒザクラが1月下旬、ヒガンザクラが彼岸の頃(3月中旬)になります。

 

⑩寒緋桜(カンヒザクラ)の種類や品種は何があるの?

カンヒザクラの仲間である、カンヒザクラ群にはたくさんの品種があります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)