【キツネアザミ(狐薊)のまとめ!】画像や花言葉等5個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、キツネアザミについてまとめていきたいと思います。

 

キツネアザミはキク科の植物で、空き地や田んぼで見られる二年草です。

キツネアザミは漢字で「狐薊」」と書き、関西から南の地域に多く自生しています。

 

学名は「Hemisteptia lyrata」です。

 

今回は、キツネアザミについてのポイント、

①キツネアザミの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②キツネアザミの画像(写真)!特徴は?
③キツネアザミの開花時期や季節はいつ頃なの?
④キツネアザミに似た花は何がある?
⑤キツネアザミの花言葉はなに?名前の由来は?

 

以上5個の点についてお伝えします。

まずはキツネアザミの育て方からお伝えします!

 

キツネアザミの育て方は?

 

キツネアザミは、耐暑性や耐寒性に強いため栽培はしやすい植物です。

 

植え付けの時期としては毎年2~3月に行います。

庭植えの場合は、植え替えの必要はありません。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、キツネアザミが好む環境についてお伝えします!

 

キツネアザミの育て方!環境はどうする?種まきの時期やポイントは?

 

キツネアザミを育てる際は、風通しと日当たりが良い場所で管理します。

 

冬の時期には用土が凍り、株が傷んでしまう場合があるため、腐葉土を株元に敷き凍結防止をする必要があります。

また、茎が伸びてきたら支柱をして倒れ防止などしてあげるなどの手入れが必要です。

 

キツネアザミは種まきで増やすのが最も良い増やし方です。

 

種まきのポイントとしては、1か所に3~4粒程まいて5mm覆土します。

種まきの直後に水やりをすると種が急激に吸水し発芽が悪くなるため、あらかじめ用土を湿らせておき翌日に水まきをすると効果的です。

 

次は、キツネアザミに適した用土についてお伝えします!

 

キツネアザミを育てる際の適した用土は何?

 

キツネアザミを育てる際は、有機質を多く含んだ肥沃な土を好みます。

使用する用土としては、市販の草花用培養土で大丈夫です。

 

次は、キツネアザミに必要な肥料についてお伝えします!

 

キツネアザミの育て方!肥料はどうする?

 

キツネアザミを育てる際は、植え付けの際にリン酸とカリ肥料を元肥として与えます。

 

植え付け後は、特に追肥をする必要はありません。

鉢植えの場合は、生育期には2週間に1回の割合で液肥を与えます。

 

では次は、キツネアザミの水やりポイントについてお伝えします!

 

キツネアザミを育てる際の水の量はどうする?

 

キツネアザミを育てる際の水やりは、用土が乾いたらたっぷりと与えます。

 

ただし、水を与えすぎると根腐れを起こしてしまうため、与えすぎにも注意が必要です。

キツネアザミの成長期には、水切れにより生育が衰えたり枯れてしまう事も多くあるため、水やりはしっかりと行います。

 

以上で基本的なキツネアザミの育て方については終わりです。

次はキツネアザミの写真をお見せします!

 

キツネアザミの画像(写真)!特徴は?

 

 

キツネアザミは直径3cmほどの紅紫色の花を咲かせます。

 

花は筒状花のみで、枝先に多数つけるのが特徴的です。

キツネアザミの草丈は100cm程まで成長します。

 

葉は互生してつけ、羽状に深く切れ込んであるのが特徴で、裏面には綿毛が多数あります。

 

次に、キツネアザミの開花時期をお伝えします!

 

キツネアザミの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

キツネアザミの花期は、夏(5~6月)です。

キツネアザミの花は、枝先に紅紫色の頭花を上向きにつけていきます。

 

次は、キツネアザミに似た花をお伝えします!

 

キツネアザミに似た花は何がある?

 

キツネアザミに似た花には、「ノアザミ」や「ヒメヒゴタイ」があります。

 

ノアザミは、葉に鋭い棘があるのが特徴です。

ヒメヒゴタイは、花や葉は似ているが、花期が秋であるため、花が咲いている時期で区別します。

 

それでは最後に、キツネアザミの花言葉をお伝えします!

 

キツネアザミの花言葉はなに?名前の由来は?

 

キツネアザミの花言葉は、「嘘は嫌い」です。

 

花言葉は、名前の由来のようにアザミと間違えたという事が由来となっているようです。

花の名前は、アザミに似た植物であり、アザミと間違えてしまうことが多く、狐に騙されたようであることが由来となっているようです。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

キツネアザミのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①キツネアザミの育て方(環境、土、肥料、水やり)

キツネアザミは、耐暑性や耐寒性に強いため栽培はしやすい植物です。

植え付けの時期としては毎年2~3月に行います。

庭植えの場合は、植え替えの必要はありません。

キツネアザミを育てる際の用土は、有機質を多く含んだ肥沃な土を好みます。

キツネアザミを育てる際の肥料は、植え付けの際にリン酸とカリ肥料を元肥として与えます。

植え付け後は、特に追肥をする必要はありません。

キツネアザミを育てる際の水やりは、用土が乾いたらたっぷりと与えます。

成長期には、水切れにより生育が衰えたり枯れてしまう事も多くあるため、水やりはしっかりと行います。

 

②キツネアザミの画像(写真)!特徴は?

キツネアザミは直径3cmほどの紅紫色の花を咲かせます。

花は筒状花のみで、枝先に多数つけるのが特徴的です。

葉は互生してつけ、羽状に深く切れ込んであるのが特徴で、裏面には綿毛が多数あります。

 

③キツネアザミの開花時期や季節はいつ頃なの?

キツネアザミの花期は、夏(5~6月)です。

 

④キツネアザミに似た花は何がある?

キツネアザミに似た花には、「ノアザミ」や「ヒメヒゴタイ」があります。

 

⑤キツネアザミの花言葉はなに?名前の由来は?

キツネアザミの花言葉は、「嘘は嫌い」です。

花言葉は、名前の由来のようにアザミと間違えたという事が由来となっているようです。

花の名前は、アザミに似た植物であり、アザミと間違えてしまうことが多く、狐に騙されたようであることが由来となっているようです。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)