アベリアの育て方!生垣の作り方や花言葉など6つのポイント!








公園や道路沿いに数多く植えられているアベリア。

一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

 

開花時期が長いことと、寒さに強いという特徴があります。

 

 

丈夫で初心者にも育てやすいアベリアは、生垣にもぴったりです!

剪定のしやすさも、生垣として人気がある理由のひとつです。

 

育てるポイントはアレとアレに注意すること!

記事にまとめましたので、ぜひ最後までご覧くださいね!

 

今回はアベリアについてのポイント、

①アベリアの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②アベリアの剪定のポイントはなに?
③アベリアを生垣にするには?
④アベリアの開花時期はいつ頃?
⑤アベリアの品種や種類は何があるの?
⑥アベリアの花言葉はなに?

 

以上6つの点についてお伝えします。

まずはアベリアの育て方からお伝えします!

 

アベリアの育て方は?

 

アベリアは寒さや暑さにとても強く、日本全国で手軽に育てることができる植物です。

 

また手軽な大きさで、開花時期も長く庭木や生垣にとても適した植物です。

アベリアは苗を庭に直接植え育てる「庭植え」と、植木鉢で育てる「鉢植え」が一般的な栽培方法です。

 

植え付け時期は、3~4月または9~10月が適期です。

アベリアは種をつけにくい植物だといわれていますが、ごく稀に種をつけることがあります。

 

種を収穫し、3〜4月に種まきをすることで種から育てることも可能です。

もしアベリアが種をつけたら、是非収穫してくださいね。

 

最初は、アベリアが好む環境についてお伝えします!

 

スポンサーリンク

アベリアの育て方!環境はどうする?

 

日当たりがよく、水はけのよい場所で育てましょう。

日照不足が続く場所だと、花が咲きにくくなるので日当たりをよく見ましょう。

 

庭植えは、冬でも凍らない場所を選んで植え付けるようにします。

凍結は、葉が傷む原因になるので注意しましょう。

 

寒さの厳しい地域では鉢植えで育て、冬は屋内で管理しましょう。

 

 

次は、アベリアに適した用土についてお伝えします!

 

アベリアを育てる際の適した用土は何?

 

アベリアは、特に土質を選ばす、どんな土でも育てることができます。

 

庭植えの場合はやせ地でも大丈夫です。

庭植えにする場所、水はけが心配な方は、植え付ける場所に「川砂」「バーミキュライト」を混ぜてから植え付けるといいですよ。

次は、アベリアに必要な肥料についてお伝えします!

 

アベリアの育て方!肥料はどうする?

 

2月頃と8月下旬に「緩効性化成肥料」を与えましょう。

アベリアは肥料を与えなくてもよく育ちます。

花もよく咲く植物ですので、肥料の与えすぎには注意しましょう。

 

では次は、アベリアの水やりポイントについてお伝えします!

 

アベリアを育てる際の水の量はどうする?

 

アベリアは乾燥にも強い植物です。

 

庭植えにしたアベリアは、雨水のみで特に水やりの必要はありません。

 

鉢植えは、春から秋は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。

秋の終わりから冬は、水やりの回数を減らして乾燥気味に管理します。

 

真夏の水やりは、涼しい時間帯に水やりをするようにしましょう。

 

以上で基本的育て方については終わりです。

次はアベリアの剪定についてお伝えします!

 

スポンサーリンク

アベリアの剪定ポイントはなに?

 

アベリアは丈夫で枝をよく出し、剪定をし色々な形に仕立てることができる植物です。

アベリアの剪定時期は3月から8月です。

 

 

こまめに剪定を行うことで枝も葉も生い茂り、きれいな姿になりますが、剪定をしすぎると花が楽しめなくなる場合があります。

というのも、アベリアは新しく伸びた枝に花を咲かせます。

 

春から秋に何回も剪定を行うと、新しく伸びた枝やつぼみを剪定してしまうことになってしまいます。

 

そして、花をみることができなくなってしまいます。

花を楽しみたい場合は、開花時期の剪定を避け、花が終わった11月頃に剪定行いましょう。

 

アベリアには成長の遅い品種もありますので、「剪定が面倒だな」という方は成長の遅い品種を選んでみてはいかがでしょう。

 

アベリアの剪定のポイントについてお伝えしている方がYouTubeにいたのでご紹介します!

 

次はアベリアの生垣にするポイントについてお伝えします。

 

アベリアを生垣にするには?

 

アベリアを生垣にする際の植え付けは、株と株の間隔を30センチあけて植え付けるようにします。

 

アベリアは生育が早く放置するとどんどん伸びてしまいます。

なので生垣にして目隠しにするときには、こまめに剪定をしましょう。

 

育ち過ぎる場合には、開花時期でも剪定を行います。

 

新芽が芽吹く前の3月に一回目の剪定をし、新芽が芽吹いた夏前の6月から7月に二回目の剪定を行います。

アベリアを生垣にする際は「よく育つ植物」ということ覚えておきましょう。

 

次はアベリアの開花時期についてお伝えします。

スポンサーリンク

 

アベリアの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

アベリアの開花時期はとても長く5月~10月です。

 

花色は白や淡いピンク色で、釣鐘の形に似た甘い香りがある小さい花をたくさん咲かせます。

 

 

アベリアは環境がよければ、開花時期の10月以降にも花を咲かせることがあります。

 

アベリアは、伸びた枝の先に花芽をつけます。

花を咲かせ続けることは、枝が伸び放題になってしまうことにつながります。

 

伸び放題の枝は見栄えも悪くなりますので、花が少なくなってきたらしっかりと剪定をし形を整えましょう。

 

次はアベリアの品種や種類についてお伝えします。

 

アベリアの品種や種類はなにがある?

 

アベリアの品種や仲間は約30種類あります。

 

ほどんどの品種の花色は、白色、ピンク色のどちらかで、そのほか葉に白や黄色の斑が入る品種もあります。

 

代表的な品種名は「アベリア・カレイドスコープ」「アベリア・ホープレイズ」などがあります。

大きめの花で花つきがよい「アベリア・エドワードゴーチャ」はアベリアの中で成長が遅い品種ですがとても人気がある品種です。

 

次はアベリアの花言葉についてお伝えします。

 

アベリアの花言葉は何がある?

 

アベリアの花言葉は、「強運」「謙譲」「謙虚」です。

 

「強運」はよく育つアベリアの姿から生まれた花言葉です。

「謙遜」や「謙虚」は、アベリアのあまり目立たない控えめな花の姿から生まれた花言葉です。

 

  • オススメ記事

デンドロビウムの育て方等はこちらをご覧ください。

バイカウツギの育て方等はこちらをご覧ください。

カラテアの育て方等はこちらをご覧ください。

 

アベリアのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6つありました。

覚えているでしょうか?一つ一つ振り返っていきましょう!

 

①アベリアの育て方(環境、土、肥料、水やり)

アベリアの植え付け時期は3~4月または9~10月です。

寒さの厳しい地域では鉢植えで育て、冬は凍らない場所に移動させましょう。

肥料は2月頃と8月下旬にゆっくりと効くタイプの化成肥料を与えます。

庭植えの場合は雨水のみで水やりの必要ありません。

鉢植えは春から秋は土の表面が乾いたらたっぷり与えましょう。

 

②アベリアの剪定ポイントとは?

剪定時期は3月から8月です。

花を楽しみたい場合は、開花時期の剪定は避け11月頃に剪定を行います。

 

③アベリアを生垣にするには?

株と株の間隔を30センチ間隔で生垣の長さ分植え付けましょう。

アベリアはよく育つのでこまめな剪定が必要です。

育ち過ぎる場合は、3月に一回目の剪定をし、6月から7月に二回目の剪定をし開花時期でも剪定しましょう。

 

④アベリアの開花時期はいつ?

釣鐘の形に似た甘い香りのある小さい花が6月~10月に咲きます。

花色は白色か、ピンク色。環境がよければ、10月以降も花が咲くこともあります。

 

⑤アベリアの品種や種類は何がある?

アベリア品種や仲間は約30種類。

代表的な品種名は「アベリア・カレイドスコープ」「アベリア・ホープレイズ」など。

成長の遅い「アベリア・エドワードゴーチャ」も人気品種です。

 

⑥アベリアの花言葉はなに?

アベリアの花言葉は、「強運」「謙譲」「謙虚」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)