【ホソバウンランのまとめ!】育て方や花言葉等9個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ホソバウンランについてまとめていきたいと思います。

 

ホソバウンランはゴマノハグサ科ウンラン属(リナリア属)の多年草、学名はLinaria vulgarisです。

 

名前を漢字で表すと「細葉海蘭」で、由来は日本の在来種であるウンランよりも葉が細かったことによります。

このホソバウンランは大正時代に観賞・薬用として日本に渡来し、日本の環境が適していたために帰化し、今では道端で見かけるほどになりました。

 

今回は、ホソバウンランについてのポイント、

①ホソバウンランの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ホソバウンランの画像(写真)!
③ホソバウンランの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ホソバウンランの寄せ植えの仕方!
⑤ホソバウンランのかかりうる病気や害虫の対策方法は?
⑥ホソバウンランの花が咲かない原因は?
⑦ホソバウンランに似た花は何がある?
⑧ホソバウンランの花言葉はなに?
⑨ホソバウンランの種類や品種は何があるの?

 

以上9つの点についてお伝えします。

まずはホソバウンランの育て方からお伝えします!

 

ホソバウンランの育て方は?

 

ホソバウンランは道端に生えるほど手をかけなくとも育ちますが、やはり好む環境があります。

 

それは、日当たりの良い水はけの良い環境です。

これからより生き生きとしたホソバウンランの育て方のポイントをまとめていきたいと思います!

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ホソバウンランが好む環境についてお伝えします!

 

ホソバウンランの育て方!環境はどうする?

 

ホソバウンランの好むのは、日当たりの良い水はけの良いの環境です。

 

また、多湿を嫌うので風通しの良い場所がより適しています。

在来種であるウンランも同じような場所を好み、主に海辺の砂地に自生しています。

 

ホソバウンランもウンランほどではありませんが、水はけや風通しには気をつけた方が良いですね。

 

次は、ホソバウンランに適した用土についてお伝えします!

 

ホソバウンランを育てる際の適した用土は何?

 

ホソバウンランはあまり土を選びませんが、注意するならば、水はけと通気性をよくすることがポイントです。

 

鉢やプランターに植える場合は、赤玉土と腐葉土、軽石を混ぜたものや、市販の培養土が適しています。

また、ホソバウンランは酸性土壌を嫌いますので、庭植え、鉢植えともに、植える前に苦土石灰をまくと良いでしょう。

 

次は、ホソバウンランに必要な肥料についてお伝えします!

 

ホソバウンランの育て方!肥料はどうする?

 

ホソバウンランは元肥と追肥を与えます。

 

鉢植え庭植えともに、植え付け時に緩効性化学肥料を土に混ぜて与え、その後は一年に一度春に追肥しましょう。

ただし、窒素過多になると間伸びして背が高くなり過ぎて倒れやすくなるので、与え過ぎには注意が必要です。

 

では次は、ホソバウンランの水やりポイントについてお伝えします!

 

ホソバウンランを育てる際の水の量はどうする?

 

ホソバウンランの水やりは、鉢植えの場合は土が乾いたら水をたっぷり与えると良いです。

庭植えの場合は、自然の降雨に任せても大丈夫ですが、長期間雨が降らない時は水やりをしましょう。

 

以上で基本的なホソバウンランの育て方については終わりです。

次はホソバウンランの写真をお見せします!

 

ホソバウンランの画像(写真)!

 

ホソバウンランはヨーロッパ~アジア北部原産で、生長すると20~80㎝ほどになります。

 

 

 

 

 

 

花の形はランに似ていますが、ラン科ではなくゴマハグサ科であり、ランではありません。

もともと日本には自生していませんでしたが、大正時代に持ち込まれて以来、全国各地で見られるようになりました。

 

次に、ホソバウンランの開花時期をお伝えします!

 

ホソバウンランの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ホソバウンランの開花時期は5~9月です。

開花時期には日本全国で見ることができます。

 

次に、ホソバウンランの寄せ植えのポイントをお伝えします!

 

ホソバウンランの寄せ植えの仕方!

 

ホソバウンランは比較的背が高くなりやすい植物です。

 

庭植えではこれを活かして、奥行きと立体感を持たせるアクセントとして用いることができます。

また、ホソバウンランと同じように背の高い植物、例えば近種のマツバウンランキンギョソウなどと並べて様々な色の花を楽しむのもいいかもしれませんね。

 

鉢植えでは、背が高くなり過ぎないように気を付け、アメジストセージなど紫色の花と植えることで、ホソバウンランの可愛らしいイメージとは異なる上品な雰囲気を楽しむことができますね。

 

次に、ホソバウンランの病気や害虫の対策方法についてお伝えします!

 

ホソバウンランのかかりうる病気や害虫の対策方法は?

 

ホソバウンランに限らず、リナリア属の仲間は苗が小さいときに苗立枯病になることがあります。

 

これは土が過度に湿気していることが原因です。

苗立枯病を防ぐためにも、水はけの良い土と風通しには注意しましょう。

 

次に、ホソバウンランの花が咲かない原因についてお伝えします!

 

ホソバウンランの花が咲かない原因は?

 

ホソバウンランの花が咲かない原因は肥料のやりすぎということが考えられます。

 

ホソバウンランは肥料によく含まれる窒素を吸収すると背が高くなります。

窒素を取り過ぎると背が高くなり、葉ばかりが茂るので花が咲かないことがあります。

 

きれいな花を咲かせるためにも、肥料のやり過ぎには気を付けてくださいね。

 

次に、ホソバウンランに似た花をお伝えします!

 

ホソバウンランに似た花は何がある?

 

ホソバウンランに似た花はいくつかありますが、特に似ているのがヒメキンギョソウです。

ホソバウンランと同じ黄色の花を咲かせるものがあり、それぞれ単体で見るとどちらか迷うほどです。

 

 

 

 

 

 

次に、ホソバウンランの花言葉についてお伝えします!

 

ホソバウンランの花言葉はなに?

 

ホソバウンランの花言葉は「喜びも悲しみも」です。

可憐な花とは対照に力強い生命力にあふれるホソバウンランにぴったりな花言葉ですね。

 

最後に、ホソバウンランの種類や品種をお伝えします!

 

ホソバウンランの種類や品種は何があるの?

 

ホソバウンランはウンラン属(リナリア属)です。

リナリア属は多くの種類があります。

 

例えば先ほどご紹介したヒメキンギョソウや、マツバウンラン、ウンランなどがあります。

それぞれ花は似ていますが、大きさや育てる環境が違うので、様々な種類を育て比べるのも面白いですね。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ホソバウンランのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは9つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ホソバウンランの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ホソバウンランは日当たりが良く水はけの良い環境を好みます。

また、過度な湿気を嫌いますので、風通しの良い環境が適しています。

 

②ホソバウンランの画像(写真)!

ホソバウンランはヨーロッパ~アジア北部原産で、生長すると20~80㎝ほどになります。

ランにていますが、ラン科ではありません。

 

③ホソバウンランの開花時期や季節はいつ頃なの?

ホソバウンランは5~9月に開花します。

 

④ホソバウンランの寄せ植えの仕方!

背が高くなりやすいので庭を作る上で、奥行きと立体感を持たせるアクセントとして用いることができます。

鉢植えでは、背が高くなり過ぎないように気を付け、アメジストセージなど紫色の花と植えることで、上品な雰囲気を楽しむことができます。

 

⑤ホソバウンランのかかりうる病気や害虫の対策方法は?

ホソバウンランの苗がまだ小さいときに苗立枯病にかかることがあります。

用土が過度に湿気することで発生するので、風通しや水はけに気を付けましょう。

 

⑥ホソバウンランの花が咲かない原因は?

ホソバウンランの花が咲かない原因の一つとして、肥料のやりすぎが挙げられます。

肥料に含まれる窒素を吸収することで背が高くなり、葉ばかり茂ってしまうので、肥料のやりすぎには気を付けましょう。

 

⑦ホソバウンランに似た花は何がある?

ホソバウンランの属するリナリア属には多くの種類があり、似たような花を咲かせます。

特に似ているのが、ヒメキンギョソウです。

 

⑧ホソバウンランの花言葉はなに?

ホソバウンランの花言葉は「喜びも悲しみも」です。

 

⑨ホソバウンランの種類や品種は何があるの?

ホソバウンランが属するリナリア属は多くの種類があります。

例えば先ほどご紹介したヒメキンギョソウや、マツバウンラン、ウンランなどたくさんの種類があります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)