【ニワフジ(庭藤)のまとめ!】育て方(挿し木や剪定)と花言葉等8個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ニワフジ(庭藤)についてまとめていきたいと思います。

 

ニワフジ(庭藤)は、日本・台湾原産の、マメ科の落葉小低木です。

イワフジとも呼ばれています。

 

中部・近畿・四国・九州地方と中国・台湾の山野に分布しています。

現在は、植栽されたものが多く、自生は珍しいとされています。

 

今回は、ニワフジ(庭藤)についてのポイント、

①ニワフジ(庭藤)の育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ニワフジ(庭藤)の画像(写真)!特徴は?どんな花なの?
③ニワフジ(庭藤)の開花時期や季節はいつ頃なの?四季咲きとは?
④ニワフジ(庭藤)を盆栽として育てるポイントは?
⑤ニワフジ(庭藤)の剪定のやり方は?
⑥ニワフジ(庭藤)の増やし方!挿し木のポイントは?
⑦ニワフジ(庭藤)の販売場所は?どこで買えるの?
⑧ニワフジ(庭藤)の花言葉はなに?

 

以上8個の点についてお伝えします。

まずはニワフジ(庭藤)の育て方からお伝えします!

 

ニワフジ(庭藤)の育て方は?

 

ニワフジ(庭藤)は、暑さ・寒さに強く丈夫なので、初心者でも育てやすいとされています。

庭木や盆栽などで楽しまれ、日本庭園にもよく見られてます。

 

藤とはまた違った趣の、ニワフジ。

美しい花房が、華やかながらも穏やかな美しさで、私たちの目を楽しませてくれます。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ニワフジ(庭藤)が好む環境についてお伝えします!

 

ニワフジ(庭藤)の育て方!環境はどうする?

 

ニワフジ(庭藤)は、日当たりのよい場所を好みますが、半日陰でも育ちます。

 

ニワフジ(庭藤)を花壇に植える場合には、日当たりがよく、水はけがよい場所を選びましょう。

鉢植えの場合には、日当たりのよい場所で管理し、鉢は2~3年に一度植え替えましょう。

 

次は、ニワフジ(庭藤)に適した用土についてお伝えします!

 

ニワフジ(庭藤)を育てる際の適した用土は何?

 

ニワフジ(庭藤)はあまり用土は選びませんが、赤玉土・軽石・腐葉土を混ぜたものを使用するとよいでしょう。

 

次は、ニワフジ(庭藤)に必要な肥料についてお伝えします!

 

ニワフジ(庭藤)の育て方!肥料はどうする?

 

ニワフジ(庭藤)の肥料は、鉢植えの場合は、春と秋に、緩効性固形肥料を与えます。

庭植えの場合は、2月頃に寒肥を置き肥しましょう。

 

では次は、ニワフジ(庭藤)の水やりポイントについてお伝えします!

 

ニワフジ(庭藤)を育てる際の水の量はどうする?

 

ニワフジ(庭藤)は、鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷり水をあげましょう。

庭植えの場合は、降雨のみで水やりの必要はありません。

 

以上で基本的なニワフジ(庭藤)の育て方については終わりです。

次はニワフジ(庭藤)の写真をお見せします!

 

ニワフジ(庭藤)の画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

 

 

ニワフジ(庭藤)は、フジのような1.5cm位の紅紫色の花を咲かせます。

 

白い花のものもありますが、数は非常に少ないです。

小型でフジのように蔓は伸びません。

 

枝が茂るとこんもりと広がり、花房が葉の間に見え隠れします。

草丈は40~60cm、葉は羽状複葉で鮮緑色です。

 

綺麗なグリーンと花房のコントラストはとても美しく、見ていると時間を忘れてしまう程です。

 

次に、ニワフジ(庭藤)の開花時期をお伝えします!

 

ニワフジ(庭藤)の開花時期や季節はいつ頃なの?四季咲きとは?

 

ニワフジ(庭藤)の開花時期は、5~6月(春)です。

 

季節を通じて花が咲くことを、四季咲きといいます。

ニワフジには海外種ですが、四季咲きの種類もあります。

 

こちらは秋まで花を楽しめるそうです。

 

次は、ニワフジ(庭藤)を盆栽として育てるポイントをお伝えします!

 

ニワフジ(庭藤)を盆栽として育てるポイントは?

 

ニワフジ(庭藤)は、小ぶりなのでミニ盆栽を楽しむのにちょうど良さそうなサイズですね。

 

ミニ盆栽に使う鉢は、根腐れを防ぐために必ず底に穴が開いているものを選びましょう。

また使用する鉢は、深さと形がニワフジの株の形にあっているものを使いましょう。

 

盆栽は根腐れや枝が弱るのを避ける為に基本屋外管理です。

室内で楽しむ場合には3~4日程度までにしましょう。

 

ミニ盆栽に使用する土は、火山礫7:赤玉土3の割合で配合したものを基本とします。

腐葉土を使わないことで、置き肥や液体肥料を後から与えることが出来ます。

 

ミニ盆栽として、ニワフジ(庭藤)の形や器のデザインを、部屋のインテリアと調和させるのも素敵ですね。

贈り物としても大変喜ばれると思います。

 

それでは次に、ニワフジ(庭藤)の剪定のやり方をお伝えします!

 

ニワフジ(庭藤)の剪定のやり方は?

 

ニワフジは自然に樹形がまとまるので、剪定は、伸びすぎたり込み合った枝を切る程度で大丈夫です。

花後、落葉している時が適期です。

 

次は、ニワフジ(庭藤)の挿し木のポイントをお伝えします!

 

ニワフジ(庭藤)の増やし方!挿し木のポイントは?

 

ニワフジ(庭藤)は、株分け・挿し木で増やします。

 

挿し木をする場合は、成長している新しい茎を選びましょう。

茎は15~20cmの長さに切り、葉は3枚程度残して後は落として、挿し穂にします。

 

挿し穂を1~2時間水につけてから、新しい土に挿しましょう。

たっぷり水をあげて、半日陰で管理します。

 

次に、ニワフジ(庭藤)の販売場所をお伝えします!

 

ニワフジ(庭藤)の販売場所は?どこで買えるの?

 

ニワフジ(庭藤)は、園芸量販店や通販サイトでポット苗や鉢花、ミニ盆栽が販売されています。

通販サイトでは、3号ポットが1,000円程度で購入できるようです。

 

それでは最後に、ニワフジ(庭藤)の花言葉をお伝えします!

 

ニワフジ(庭藤)の花言葉はなに?

 

ニワフジ(庭藤)の花言葉は、「恋に酔う」「しなやかな体」です。

 

藤のように美しい花房や枝が優雅に風に揺れる様子から付けられました。

他に、「歓迎」「陶酔」があります。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ニワフジ(庭藤)のまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ニワフジ(庭藤)の育て方(環境、土、肥料、水やり)

ニワフジ(庭藤)は、日当たりのよい場所を好みますが、半日陰でも育ちます。

花壇に植える場合には、日当たりがよく、水はけがよい場所を選びましょう。

鉢植えの場合には、日当たりのよい場所で管理し、鉢は2~3年に一度植え替えましょう。

用土は、赤玉土・軽石・腐葉土を混ぜたものを使用するとよいでしょう。

鉢植えの場合は、春と秋に緩効性固形肥料を与え、庭植えの場合は、2月頃に寒肥を置き肥しましょう。

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷり水をあげましょう。

庭植えの場合は、降雨のみで水やりの必要はありません。

 

②ニワフジ(庭藤)の画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

ニワフジ(庭藤)は、フジのような1.5cm位の紅紫色の花を咲かせます。

白い花のものもありますが、数は非常に少ないです。

小型でフジのように蔓は伸びません。

枝が茂るとこんもりと広がり、花房が葉の間に見え隠れします。

草丈は40~60cm、葉は羽状複葉で鮮緑色です。

 

③ニワフジ(庭藤)の開花時期や季節はいつ頃なの?四季咲きとは?

ニワフジ(庭藤)の開花時期は、5~6月(春)です。

ニワフジには海外種ですが、四季咲きの種類もあります。

こちらは秋まで花を楽しめるそうです。

 

④ニワフジ(庭藤)を盆栽として育てるポイントは?

ニワフジ(庭藤)はミニ盆栽を楽しむのにちょうど良さそうなサイズです。

ミニ盆栽に使う鉢は、根腐れを防ぐために必ず底に穴が開いているものを選びましょう

また使用する鉢は、深さと形がニワフジの株の形にあっているものを使いましょう。

盆栽は根腐れや枝が弱るのを避ける為に基本屋外管理です。

室内で楽しむ場合には3~4日程度までにしましょう。

ミニ盆栽に使用する土は、火山礫7:赤玉土3の割合で配合したものを基本とします。

 

⑤ニワフジ(庭藤)の剪定のやり方は?

ニワフジは自然に樹形がまとまるので、剪定は、伸びすぎたり込み合った枝を切る程度で大丈夫です。

花後、落葉している時が適期です。

 

⑥ニワフジ(庭藤)の増やし方!挿し木のポイントは?

ニワフジ(庭藤)は、株分け・挿し木で増やします。

挿し木をする場合は、成長している新しい茎を選びましょう。

茎は15~20cmの長さに切り、葉は3枚程度残して後は落として、挿し穂にします。

挿し穂を1~2時間水につけてから、新しい土に挿しましょう。

たっぷり水をあげて、半日陰で管理します。

 

⑦ニワフジ(庭藤)の販売場所は?どこで買えるの?

ニワフジ(庭藤)は、園芸量販店や通販サイトでポット苗や鉢花、ミニ盆栽が販売されています。

通販サイトでは、3号ポットが1,000円程度で購入できるようです。

 

⑧ニワフジ(庭藤)の花言葉はなに?

ニワフジ(庭藤)の花言葉は、「恋に酔う」「しなやかな体」です。

他に「歓迎」「陶酔」があります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)