【ハハコグサのまとめ!】名前の由来や花言葉等8個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、ハハコグサについてまとめていきたいと思います。

 

ハハコグサは「キク科」「ハハコグサ属」の日本では昔から身近にある植物でホウコグサとも呼ばれている、縄文時代などに稲などと一緒に渡来した自然帰化植物の一種です。

学名は「Gnaphalium affine」といいます。

 

今回は、ハハコグサについてのポイント、

①ハハコグサの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ハハコグサの画像(写真)!特徴は?
③ハハコグサの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ハハコグサの苗の植え付けのポイントは?
⑤ハハコグサの種まき時期と種まきのポイントは?
⑥ハハコグサは食べることができるの?食べ方は?
⑦ハハコグサの花言葉はなに?名前の由来はなに?
⑧ハハコグサの種類や品種は何があるの?値段はいくらぐらいなの?

 

以上8つの点についてお伝えします。

まずはハハコグサの育て方からお伝えします!

 

ハハコグサの育て方(栽培方法)は?

 

ハハコグサは日本全国で自生している野草なので、ガーデニングや家庭菜園で気軽に楽しむことができますよ。

 

寄せ植えして育てると、ハハコグサの黄色の花が鮮やかで素敵ですね。

元が野草なので、ハハコグサを放任してしまうと雑草化してしまうので気を付けてあげてくださいね。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ハハコグサが好む環境についてお伝えします!

 

ハハコグサの育て方!環境はどうする?

 

ハハコグサも一般的な植物と同じで、日当たりのよい風通しのいい場所を好みます。

 

次は、ハハコグサに適した用土についてお伝えします!

 

ハハコグサを育てる際の適した用土は何?

 

湿った場所でよくみられるハハコグサですが、乾燥にも比較的強い植物ですのでお好みの場所で育ててあげて下さいね。

 

次は、ハハコグサに必要な肥料についてお伝えします!

 

ハハコグサの育て方!肥料はどうする?

 

ハハコグサはもともと野草なので、肥料はあげなくても大丈夫です。

 

では次は、ハハコグサの水やりポイントについてお伝えします!

 

ハハコグサを育てる際の水の量はどうする?

 

湿った場所でよくみられるハハコグサですが、乾燥にも比較的強い植物なので地植えであれば水やりは必要ありません。

水やりをするなら、土の表面が乾いたら与える程度で十分です。

 

以上で基本的なの育て方については終わりです。

次はハハコグサの写真をお見せします!

 

ハハコグサの画像(写真)!特徴は?

 

 

ハハコグサは茎の先に黄色の小さなツブツブの花をたくさん咲かせます。

 

中国では「鼠麹草(そきくそう)」という名前で呼ばれているように、

葉っぱには柔らかい毛が生えていて、形はネズミの耳にもよく似ています。

 

次に、ハハコグサの開花時期をお伝えします!

 

ハハコグサの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ハハコグサは4月~6月頃に花を咲かせますが、3月以前に花を咲かせるものや、秋に花を咲かせるものあります。

そして花を咲かせ終わたあと、ハハコグサはたんぽぽのように綿毛をつけて種を風に乗せて飛ばします。

 

それでは次に、ハハコグサの苗の植え付けのポイントをお伝えします!

 

ハハコグサの苗の植え付けのポイントは?

 

ハハコグサの苗を植え付けるのに適した時期は、9月中旬~11月中旬頃です。

 

植え付けるときに寄せ植えにしてあげると、見栄えがとてもよくなりますよ。

元が野草なので、ハハコグサを放任すると雑草になるので気を付けてあげてくださいね。

 

次は、ハハコグサの種まき時期をお伝えします!

 

ハハコグサの種まき時期と種まきのポイントは?

 

ハハコグサの種まきに適した時期は9月~10月です。

種を収穫したらすぐにまいてあげましょう。

 

次に、ハハコグサは食べることができるのかをお伝えします!

 

ハハコグサは食べることができるの?食べ方は?

 

ハハコグサは春の七草のゴギョウですので食べることができます。

茎が立ってしまうと固くなってしまうので、食用にするときは茎が立つ前の若苗を使用します

 

ハハコグサは春の七草でおかゆとして食べるだけでなく、餅に入れて草餅として「母子餅」と呼んでひな祭りなどのお祝いで食べられていました。

 

草餅が今のヨモギを使った草餅に変わったのは江戸時代くらいだといわれています。

また、食べるだけでなく、花が付いたハハコグサを細かく切り刻んで日干しした「鼠麹草(そきくそう)」という名前の生薬としても使われています

 

この鼠麹草は、たんの切れをよくする効果や利尿作用のある薬として使われています。

 

次は、ハハコグサの花言葉をお伝えします!

 

ハハコグサの花言葉はなに?名前の由来はなに?

 

ハハコグサの花言葉は「無償の愛」です。

「母」「子」草という名前から付けられたそうです。

 

ハハコグサの名前の由来は、「母」と「子」の「人形(ひとがた)」に由来するという説があります。

他にも、茎の先に固まって咲く花を「子」に見立て、ハハコグサ全体を覆っている白い綿毛が花を支えている様子を母が子を包み込んでいるようだと「母子草」と名付けたという説もあります。

 

また、白い毛がほうけ立つことから「ホウケグサ」となり、これが「ホウコグサ」となり「ハハコグサ」となったという説もあります。

他にも、ハハコグサは花ではなく葉を食べたり薬草に使ったりと「葉」が大事なことから「葉々子(ははこ)」となったといった説もあり、色々な説が唱えられているようです。

 

最後に、ハハコグサの種類をお伝えします!

 

ハハコグサの種類や品種は何があるの?値段はいくらぐらいなの?

 

ハハコグサには「アキノハハコグサ」「チチコグサ」「ヒメチチコグサ」などの種類があります。

ハハコグサは大体430円くらいで買うことができますよ。

 

少しだけ、ハハコグサの豆知識をお伝えしますね。

ハハコグサとだとぴんと来ないかもしれませんが、春の七草の「ゴギョウ(御形)」と言われるとあぁ!あの植物!と思ってもらえるのではないでしょうか。

古いひな祭りの厄除けの風習で御形と呼ばれる人型を川に流したそうで、その御形を作るのにハハコグサが使われていたことからゴギョウと呼ばれているそうです。

 

また、地方によりそれぞれの呼び名がついているそうで、「マワタソウ(真綿草)」「アワゴメ(粟米)」「コウジバナ(麹花)」「キャーロツリクサ(蛙釣草)」「ホーコ」「モチグサ(餅草)」などとも呼ばれているそうです。

今では草餅といえばヨモギが定番だと思いますが、昔の草餅はハハコグサを使っていたそうです。

 

地方によっていろいろな呼び方があることからも、食用としてとても身近な植物だったんですね。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ハハコグサのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ハハコグサの育て方(環境、土、肥料、水やり)

一般的な植物と同ようにハハコグサも日当たりのよい風通しのいい場所で育ててあげましょう。

湿った場所でよくみられるハハコグサですが、元が野草ですので乾燥にも比較的強く肥料や水やりも無くても大丈夫です。

 

②ハハコグサの画像(写真)!特徴は?

ハハコグサは茎の先に黄色の小さなツブツブの花をたくさん咲かせます。

中国では「鼠麹草(そきくそう)」という名前で呼ばれているように、葉っぱには柔らかい毛が生えていて、形はネズミの耳にもよく似ています。

 

③ハハコグサの開花時期や季節はいつ頃なの?

ハハコグサは4月~6月頃に花を咲かせますが、3月以前に花を咲かせるものや、秋に花を咲かせるものあります。

そして花を咲かせ終わたあと、ハハコグサはたんぽぽのように綿毛をつけて種を風に乗せて飛ばします。

 

④ハハコグサの苗の植え付けのポイントは?

ハハコグサの苗を植え付けるのに適した時期は、9月中旬~11月中旬頃です。

植え付けるときに寄せ植えにしてあげると、見栄えがとてもよくなりますよ。

元が野草なので、ハハコグサを放任すると雑草になるので気を付けてあげてくださいね

 

⑤ハハコグサの種まき時期と種まきのポイントは?

ハハコグサの種まきに適した時期は9月~10月です。

種を収穫したらすぐにまいてあげましょう。

 

⑥ハハコグサは食べることができるの?食べ方は?

ハハコグサは春の七草のゴギョウですので食べることができます。

茎が立ってしまうと固くなってしまうので、食用にするときは茎が立つ前の若苗を使用します

春の七草でおかゆとして食べるだけでなく、餅に入れて草餅として「母子餅」と呼んでひな祭りなどのお祝いで食べられていました。

草餅が今のヨモギを使った草餅に変わったのは江戸時代くらいだといわれています。

また、食べるだけでなく花が付いたハハコグサを細かく切り刻んで日干しした「鼠麹草(そきくそう)」という名前の生薬としても使われています

この鼠麹草は、たんの切れをよくする効果や利尿作用のある薬として使われています。

 

⑦ハハコグサの花言葉はなに?名前の由来はなに?

ハハコグサの花言葉は「無償の愛」です。

「母」「子」草という名前から付けられたそうです。

ハハコグサの名前の由来は、「母」と「子」の「人形(ひとがた)」に由来するという説があります。

他にも、茎の先に固まって咲く花を「子」に見立て、ハハコグサ全体を覆っている白い綿毛が花を支えている様子を母が子を包み込んでいるようだと「母子草」と名付けたという説もあります。

また、白い毛がほうけ立つことから「ホウケグサ」となり、これが「ホウコグサ」となり「ハハコグサ」となったという説もあります。

他にも、ハハコグサは花ではなく葉を食べたり薬草に使ったりと「葉」が大事なことから「葉々子(ははこ)」となったといった説もあり、色々な説が唱えられているようです。

 

⑧ハハコグサの種類や品種は何があるの?値段はいくらぐらいなの?

ハハコグサには「アキノハハコグサ」「チチコグサ」「ヒメチチコグサ」などの種類があります。

ハハコグサは大体430円くらいで買うことができますよ。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)