【ブロンズフェンネルのまとめ!】育て方や食べ方等6個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、ブロンズフェンネルについてまとめていきたいと思います。

 

ブロンズフェンネルという名前のとおり、ブロンズ色をした葉がとても美しく、観賞用として人気が高い植物です。

ハーブとしても利用されています。

 

ブロンズフェンネルは、セリ科ウイキョウ属の多年草で、学名は「Foeniculum vulgare var.dulce ‘Rubrum’」です。

 

今回は、ブロンズフェンネルについてのポイント、

①ブロンズフェンネルの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ブロンズフェンネルの画像(写真)!花の特徴は?
③ブロンズフェンネルの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ブロンズフェンネルの値段や販売価格はいくらぐらいなの?
⑤ブロンズフェンネルの増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?
⑥ブロンズフェンネルは食べられるの?食べ方は?

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはブロンズフェンネルの育て方からお伝えします!

 

ブロンズフェンネルの育て方は?

 

寒さや暑さに強いブロンズフェンネルは、あまり手がかからず、初心者でも育てやすい植物です。

ただし、ブロンズフェンネルは移植を嫌いますので、根を痛めないように注意して育てましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ブロンズフェンネルが好む環境についてお伝えします!

 

ブロンズフェンネルの育て方!環境はどうする?

 

ブロンズフェンネルは、日向を好みますが、やや半日陰でも育ちます。

 

次は、ブロンズフェンネルに適した用土についてお伝えします!

 

ブロンズフェンネルを育てる際の適した用土は何?

 

ブロンズフェンネルを育てる際は、水はけがよく肥えた土が適しています。

例えば、市販の野菜用培養土などがいいでしょう。

 

次は、ブロンズフェンネルに必要な肥料についてお伝えします!

 

ブロンズフェンネルの育て方!肥料はどうする?

 

ブロンズフェンネルを地植えする場合は、植え付けの1ヶ月ほど前にあらかじめ有機肥料をすき込んでおきます。

 

鉢植えの場合は、元肥として緩効性化成肥料をすき込み、また追肥も与えます。

では次は、ブロンズフェンネルの水やりポイントについてお伝えします!

 

ブロンズフェンネルを育てる際の水の量はどうする?

 

ブロンズフェンネルは、やや乾燥気味を好みます。

 

地植えの場合は、基本的に水やりの必要はありませんが、夏の晴天が続くときはお水をあげましょう。

鉢植えの場合は、水やりが必要です。土の表面が乾いたらたっぷりと水をあげましょう。

 

以上で基本的なブロンズフェンネルの育て方については終わりです。

 

次はブロンズフェンネルの写真をお見せします!

 

ブロンズフェンネルの画像(写真)!花の特徴は?

 

(Instagram kanagawaherb様より)

 

ブロンズフェンネルは、ブロンズ色の葉がスモークのようになり、その美しい姿に人気があります。

花は、レースフラワーのような形の黄色の花を咲かせます。

【レースフラワーのまとめ!】育て方(種まきや寄せ植え)と花言葉等12個のポイント!

 

次に、ブロンズフェンネルの開花時期をお伝えします!

 

ブロンズフェンネルの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

草丈が100~200cmになるブロンズフェンネルは、6~8月に花を咲かせます。

 

次は、ブロンズフェンネルの値段や販売価格をお伝えします!

 

ブロンズフェンネルの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

 

ブロンズフェンネルの苗は、320円~330円で販売されています。

種は、313円~345円で販売されています。

 

次に、ブロンズフェンネルの増やし方をお伝えします!

 

ブロンズフェンネルの増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?

 

ブロンズフェンネルは、種をまいて増やします。

 

移植を嫌うので、地植えで育てる場合は庭に直接種をまいて育てます。

春か秋に種まきし、水を切らさないようにします。

 

それでは最後に、ブロンズフェンネルは食べられるのかをお伝えします!

 

ブロンズフェンネルは食べられるの?食べ方は?

 

ブロンズフェンネルの葉には独特の風味があるため、魚料理やサラダに利用できます。

また、種子はクッキーやパンなどに利用できます。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ブロンズフェンネルのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ブロンズフェンネルの育て方(環境、土、肥料、水やり)

寒さや暑さに強いブロンズフェンネルは、日向を好みますが、やや半日陰でも育ちます。

ただし、ブロンズフェンネルは移植を嫌いますので、根を痛めないように注意して育てましょう。

水はけがよく肥えた土、例えば、市販の野菜用培養土などを使います。

肥料は、地植えの場合植え付けの1ヶ月ほど前に有機肥料をすき込んでおき、鉢植えの場合は元肥として緩効性化成肥料をすき込みます。

地植えの場合は、基本的に水やりの必要はありませんが、夏の晴天が続くときはお水をあげましょう。

鉢植えの場合は、水やりが必要です。土の表面が乾いたらたっぷりと水をあげましょう。

 

②ブロンズフェンネルの画像(写真)!花の特徴は?

花は、レースフラワーのような形の黄色の花を咲かせます。

 

③ブロンズフェンネルの開花時期や季節はいつ頃なの?

ブロンズフェンネルの開花時期は、6月~8月です。

 

④ブロンズフェンネルの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

苗は320円~330円で、また種は313円~345円で販売されています。

 

⑤ブロンズフェンネルの増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?

ブロンズフェンネルは、春か秋に種をまいて増やします。

移植を嫌うので、地植えで育てる場合は庭に直接種をまいて育てます。

 

⑥ブロンズフェンネルは食べられるの?食べ方は?

ブロンズフェンネルの葉は魚料理やサラダに、また種子はクッキーやパンなどに利用できます。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

(アイキャッチ画像は Instagram  michiyoxyz様 より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)