【ヒメコバンソウのまとめ!】特徴や花言葉等3個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ヒメコバンソウについてまとめていきたいと思います。

 

ヒメコバンソウはイネ科の植物で、日本全土の道端や畑などに生えています。

漢字では、「姫小判草」と書き、コバンソウに似た小さな三角形の穂をつけることが由来となってるようです。

 

学名は「Briza minor」といいます。

 

今回は、ヒメコバンソウについてのポイント、

①ヒメコバンソウの画像(写真)!特徴は?
②ヒメコバンソウの開花時期や季節はいつ頃なの?
③ヒメコバンソウの花言葉はなに?

 

以上3個の点についてお伝えします。

まずはヒメコバンソウの写真をお見せします!

 

ヒメコバンソウの画像(写真)!特徴は?

 

  

 

ヒメコバンソウは、茎の上部に円錐状の花序を出し、多くの穂を垂らします。

小穂の形状は三角形で、淡い緑色で光沢があります。

 

葉は、幅0.5~1cmの線形で、縁がざらついています。

穂を振るとかすかに音を立てることから、「スズガヤ」とも呼ばれています。

 

次は、ヒメコバンソウの開花時期や季節はいつ頃なのかをお伝えします。

 

ヒメコバンソウの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ヒメコバンソウの開花時期は、夏(6~9月)です。

小穂は淡い緑色ですが、熟すと黄褐色に変わります。

 

次に、ヒメコバンソウの花言葉はなにかをお伝えします。

 

ヒメコバンソウの花言葉はなに?

 

ヒメコバンソウの花言葉は、「私の心に気がついて」です。

花言葉”私の心に気がついて”は、振るとわずかな音がする様子が由来となっているようです。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ヒメコバンソウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは3個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ヒメコバンソウの画像(写真)!特徴は?

ヒメコバンソウは、茎の上部に円錐状の花序を出し、多くの穂を垂らします。

小穂の形状は三角形で、淡い緑色で光沢があります。

 

②ヒメコバンソウの開花時期や季節はいつ頃なの?

ヒメコバンソウの開花時期は、夏(6~9月)です。

 

③ヒメコバンソウの花言葉はなに?

ヒメコバンソウの花言葉は、「私の心に気がついて」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)