【クガイソウのまとめ!】育て方(苗の植え付けや増やし方)と花言葉等8個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、クガイソウについてまとめていきたいと思います。

 

オオバコ科クガイソウ属の多年草であるクガイソウ(多年草)の学名は【Veronicastrum japonicum】になります。

ちなみに、以前にはクガイソウは、ゴマノハグサ科の枠に入っていました。

 

今回は、クガイソウについてのポイント、

①クガイソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②クガイソウの画像(写真)!特徴は?
③クガイソウの開花時期や季節はいつ頃なの?
④クガイソウの苗の植え付けのポイントは?
⑤クガイソウの増やし方!
⑥クガイソウに似た花はなにがあるの?
⑦クガイソウの花言葉はなに?
⑧クガイソウの種類や品種は何があるの?

 

以上8個の点についてお伝えします。

まずはクガイソウの育て方からお伝えします!

 

クガイソウの育て方は?

 

クガイソウの育て方は【日当たりの良い環境】を見つける、また作ることです。

 

次に、【山野草花用の培養土】などの割合を見ながらの用土条件をそろえることです。

次に、肥料ですが、【緩効性のもの】を使用することが大切です。

 

水やりは適度な量と、植え付けは【大きな容器】を使用して育てることを意識しましょう。

株分けなども【分け口】を探し、柔らかく行うことが大切になります。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、クガイソウが好む環境についてお伝えします!

 

クガイソウの育て方!環境はどうする?

 

クガイソウは【日当たりが良好な場所】を好みますが、あまり日が当たりすぎても、

栽培に悪影響を及ぼすことがります。

 

ですので、午後の日の当たりが激しい時は、日陰での栽培をオススメします。

クマガイソウは夏になると、特に気温が上がるので、半日陰での栽培がいいです。(鉢やプランターでも同じ)

 

次は、クガイソウに適した用土についてお伝えします!

 

クガイソウを育てる際の適した用土は何?

 

クガイソウに適した用土条件には2つあります。

1つは、【赤玉土:鹿沼土:腐葉土=4:4:2】の割合で用土が良いという情報です。

 

次に、【日向土小粒:赤玉土小粒:腐葉土:=5:3:2】です。(山野草花用の培養土でOK)

そして、クマガイソウを地植えする場合には、4割ほどの腐葉土を与え、混ぜてあげると良いです。

 

次は、クガイソウに必要な肥料についてお伝えします!

 

クガイソウの育て方!肥料はどうする?

 

クガイソウは【緩効性の肥料】を好みます。

回数については、芽出し時と花後になります。(それそれ1回ずつ)

 

では次は、クガイソウの水やりポイントについてお伝えします!

 

クガイソウを育てる際の水の量はどうする?

 

クガイソウの具体的な水の量は気にする必要はありません。

 

土の表面を見て、乾燥していることが分かれば、水をしっかりとあげるようにしてください。

目安としては冬は、週に1回の水やりを行い、春と秋は、水やりの回数は定期的にあげるようにします。

 

以上で基本的なクガイソウの育て方については終わりです。

次はクガイソウの写真をお見せします!

 

クガイソウの画像(写真)!特徴は?

 

クガイソウの花は見ればうっとりするような青紫色の姿を現せてきます。

 

花には柄があり、花茎にまばらについています。

茎の先を見ると総状花序があることもクガイソウの個性です。

 

 

クガイソウの花が咲いた後には、さく果がつきます。

さく果は、時と共に熟してくると下の部分が裂けてきます。

 

その後に、種子が地表に散布していくことになります。

 

 

クガイソウの葉は【4~8枚】がそれぞれに輪を描くように広がっています。

 

【鋸歯】と言われる葉にはギザギザが目立ちます。

そして、葉の先を見ると尖っていることが分かります。

 

 

また、クガイソウは筒状の花冠も魅了させ、先のほうは4つ方向に分かれています。

5枚の萼片も先端は尖っている状態になっています。

 

ちなみに、雌しべの数は1本で雄しべは2本になります。

 

次に、クガイソウの開花時期をお伝えします!

 

クガイソウの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

クガイソウの開花時期に関しては、【6~8月】になります。

色は原色ではありませんが【青と紫】です。

 

次は、クガイソウの苗の植え付けのポイントをお伝えします!

 

クガイソウの苗の植え付けのポイントは?

 

クガイソウの植え付けの時期は【春】【秋】になります。

 

プランターや花壇で、植え付けることをオススメします。

花壇での植え付けの場合には、バーク堆肥(腐葉土)を使用するようにしてください。

 

庭土とバーク堆肥と混ぜることで、良い環境の中でクガイソウを育てることができます。

 

クガイソウの鉢植えをする時には、比較的、大きな鉢(7号鉢)を用意してください。

ほふく茎が伸びる特徴があるので、小さな鉢では成長しきれなくなります。

 

また、発泡スチロールやプランターでの栽培をするときには、底に穴を開けて育てるといいでしょう。

 

それでは次に、クガイソウの増やし方をお伝えします!

 

クガイソウの増やし方!

 

クガイソウの増やし方は、【株分け】【挿し木】になります。

 

株分けが良好に進んでいくと、【毎年2~3倍】に増えていくようです。

クガイソウがちょうど分かれる境目がありますが、そのポイントで分けるようにしましょう。

 

この時に、乱暴に扱うのではなく、優しく分けて行くことを意識していきましょう。

 

次は、クガイソウに似た花をお伝えします!

 

クガイソウに似た花はなにがあるの?

 

クガイソウに似た花は沢山あります。

 

1、【ヤマトラノオ】2、【エゾクガイソウ】3、【ルリトラノオ】

4、【ナンゴククガイソウ】5、【イブキクガイソウ】です。

 

どれも、クガイソウの花の色や姿が似ていますので、間違いやすいです。

 

次に、クガイソウの花言葉をお伝えします!

 

クガイソウの花言葉はなに?

 

クガイソウの花言葉は、【気まぐれな美人】【見かけ倒し】、【闘志】になります。

言葉を見ると、良い言葉ではないので、キレイな花ではありますが、いい気分にはなれない花言葉でもあります。

 

それでは最後に、クガイソウの種類や品種をお伝えします!

 

クガイソウの種類や品種は何があるの?

 

クガイソウの品種は【ナンゴククガイソウ】、【ツクシクガイソウ】、【エゾクガイソウ】などです。

 

エゾクガイソウとツクシクガイソウの葉の部分を見ると、毛が密であることが分かります。

ナンゴククガイソウは花弁の先の部分の形状が丸みを帯びているのが分かります。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

クガイソウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①クガイソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)

クガイソウは【日当たりが良好な場所】が好きですが、直射日光はNGです。

ですので、特に午後は、日陰での栽培をオススメします。

夏は気温が上がるので、半日陰での栽培をしましょう。(鉢やプランターでも同様)

 

②クガイソウの画像(写真)!特徴は?

クガイソウ花は青紫色で個性的な姿をしています。

花には柄があって、花茎にまばらであり、茎の先には、総状花序があります。

花が咲いた後には、さく果がつき、時と共に熟すと下部が裂けてきます。

その後に、種子が地表に散布していきます。

クガイソウの葉は【4~8枚】が輪のようにつき、【鋸歯】と言われる葉はギザギザしています。

そして、葉の先は尖っています。

 

③クガイソウの開花時期や季節はいつ頃なの?

クガイソウの花期は【6~8月】になります。

 

④クガイソウの苗の植え付けのポイントは?

クガイソウの苗植え付け時期は【春】【秋】です。

プランターや花壇での植え付けはオススメです。

クガイソウの鉢植えの場合は、大きな鉢(7号鉢)を使うことです。(ほふく茎が伸びるため)

発泡スチロールやプランターの場合は、底に穴をあけましょう。

花壇の場合には、バーク堆肥(腐葉土)を使用します。

 

⑤クガイソウの増やし方!

クガイソウの増やし方は、【株分け】【挿し木】である。

クガイソウの株の分け目を見て、そのポイントで分けましょう。

 

⑥クガイソウに似た花はなにがあるの?

1、【ヤマトラノオ】2、【エゾクガイソウ】3、【ルリトラノオ】

4、【ナンゴククガイソウ】5、【イブキクガイソウ】です。

 

⑦クガイソウの花言葉はなに?

クガイソウの花言葉は、【気まぐれな美人】【見かけ倒し】、【闘志】です。

 

⑧クガイソウの種類や品種は何があるの?

クガイソウの品種は【ナンゴククガイソウ】、【ツクシクガイソウ】、【エゾクガイソウ】になります。

 

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)