【マッシュルームのまとめ!】栽培方法や種類等11個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、マッシュルームについてまとめていきたいと思います。

 

マッシュルームは、ヨーロッパから導入された食用栽培種である担子菌門ハラタケ科のきのこのみを指します。

 

世界で最も多く食されているきのこと言われています。

 

今回は、マッシュルームについてのポイント、

①マッシュルームの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②マッシュルームの画像(写真)!特徴は?カロリーや栄養や効能はあるの?
③マッシュルームの旬の季節はいつ頃なの?原産地はどこ?
④マッシュルームの値段や販売価格はいくらぐらいなの?栽培キットは販売されているの?
⑤マッシュルームの苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントは?
⑥マッシュルームの増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?
⑦マッシュルームの下ごしらえ(下処理)のやり方は?加熱時間(茹で時間)はどれくらい?
⑧マッシュルームの食べ方!美味しいレシピ!スープやアヒージョや炊き込みご飯の作り方は?
⑨マッシュルームの賞味期限(保存期間)はどれくらいなの?長持ちする保存方法は?冷凍保存できるの?
⑩マッシュルームの花言葉はなに?和名や英語でなんていうの?
⑪マッシュルームの種類や品種は何があるの?見分け方は?

 

以上11個の点についてお伝えします。

まずはマッシュルームの育て方からお伝えします!

 

マッシュルームの育て方(栽培方法)は?自家栽培することはできるの?

 

マッシュルームを自家栽培する場合は、栽培用のキットを使いましょう。

キットによっては育て方が違いますが、おおまかな育て方を以下にご紹介します。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、マッシュルームが好む環境についてお伝えします!

 

マッシュルームの育て方!環境はどうする?

 

マッシュルームの生育温度は、8℃~23℃です。

あまり高温にならないように注意しましょう。

 

次は、マッシュルームに適した用土についてお伝えします!

 

マッシュルームを育てる際の適した用土は何?

 

マッシュルームの栽培キットには、赤玉土などの用土がセットになっているのでその用土を使用しましょう。

 

次は、マッシュルームに必要な肥料についてお伝えします!

 

マッシュルームの育て方!肥料はどうする?

 

マッシュルームのキットに、培養土がセットになっているので、肥料はそれだけで十分です。

 

では次は、マッシュルームの水やりポイントについてお伝えします!

 

マッシュルームを育てる際の水の量はどうする?

 

マッシュルームの水やりは、培地に水がたまらないように霧吹きで行いましょう。

 

以上で基本的なマッシュルームの育て方については終わりです。

次はマッシュルームの写真をお見せします!

 

マッシュルームの画像(写真)!特徴は?カロリーや栄養や効能はあるの?

 

 

マッシュルームは、コロンとした丸いカサが特徴で、肉厚で歯ざわりが良く、特有の香りと味わいがあり、日本でも良く食べられているきのこです。

 

また、100gあたり11キロカロリーと低カロリーなうえ、栄養豊富です。

 

糖質の代謝を助けるビタミンB1や、脂肪の代謝を助けるビタミンB2、カルシウムの吸収を助けるビタミンⅮなど、多くの栄養があります。

そのほかにも、貧血予防、腸内環境を整える、むくみの解消など効能もありますので、たくさん接種すると良いでしょう。

 

次に、マッシュルームの旬の季節をお伝えします!

 

マッシュルームの旬の季節はいつ頃なの?原産地はどこ?

 

マッシュルームの旬は10月~12月ですが、ほとんどが人工栽培のため、実質的な旬はありません。

また、原産地はヨーロッパの冷温帯から暖温帯になります。

 

次は、マッシュルームの値段や販売価格をお伝えします!

 

マッシュルームの値段や販売価格はいくらぐらいなの?栽培キットは販売されているの?

 

マッシュルームの栽培キットは、1300円~1500円ほどで販売されています。

様々なメーカーから発売されているので、お好きなものを選んでみてください。

 

それでは次に、マッシュルームの苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントをお伝えします!

 

マッシュルームの苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントは?

 

マッシュルームは、菌から育てるものなので、植え付けや植え替えはありません。

 

次は、マッシュルームの増やし方をお伝えします!

 

マッシュルームの増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?

 

マッシュルームは、菌から育てるため、種が付かないので種まきもできません。

 

次に、マッシュルームの下ごしらえ(下処理)のやり方をお伝えします!

 

マッシュルームの下ごしらえ(下処理)のやり方は?加熱時間(茹で時間)はどれくらい?

 

 

マッシュルームには、石づきがあります。

 

黒い土がついていて、固くなっている根元の部分が石づきなので、固い部分を包丁で切り落とします。

しかし、スーパーでは石づきをカットした状態で販売していることが多いので、石ずきがなければそのまま使って問題ありません。

 

また、マッシュルームは洗うと香りや旨味が逃げてしまうため、汚れは洗わずにキッチンペーパーなどで軽く拭き取るか切り落としてしまいましょう。

切り落とす範囲が広い場合は、カサの表面に薄い皮があるので剥いてしまえばきれいに下処理ができます。

 

そして、マッシュルームの茹で時間は、沸騰したお湯に30秒から1分ほど入れて茹でれば十分です。

 

次は、マッシュルームの食べ方をお伝えします!

 

マッシュルームの食べ方!美味しいレシピ!スープやアヒージョや炊き込みご飯の作り方は?

 

 

マッシュルームのスープは、マッシュルームの香りが楽しめる逸品です。

 

マッシュルームを玉ねぎと一緒にみじん切りにして、バターで炒め、小麦粉を入れてから牛乳を入れて煮詰めます。

コンソメと塩コショウで味付けをしたら、マッシュルームのクリームスープの完成です。

 

マッシュルームのアヒージョは、鍋にオリーブオイルと鷹の爪、ニンニクを入れて火にかけます。

ニンニクの香りが立ってきたら、マッシュルームを入れてマッシュルームの色が変わるまで煮詰め、最後に刻んだイタリアンパセリを入れたら完成です。

 

マッシュルームの炊き込みご飯は、マッシュルームをみじん切りにしたものを洗った米に入れ、みりん、醤油、酒、顆粒出汁を合わせたものを入れます。

すべて入れたら水を入れて、ごはんを炊けば完成です。

 

それでは次に、マッシュルームの賞味期限(保存期間)をお伝えします!

 

マッシュルームの賞味期限(保存期間)はどれくらいなの?長持ちする保存方法は?冷凍保存できるの?

 

マッシュルームは、日持ちしません。

保存する場合はラップで包んで冷蔵庫に入れ、2日~3日以内を目安にいただきましょう。

 

長期保存したい場合は、スライスしたものを冷凍すると良いでしょう。

その際、レモン汁をかけて保存すると、変色を抑えることができます。

 

次は、マッシュルームの花言葉をお伝えします!

 

マッシュルームの花言葉はなに?和名や英語でなんていうの?

 

マッシュルームの花言葉は、「福音」です。

また、マッシュルームの和名は「ツクリタケ」で、英語だと「mushroom」です。

 

それでは最後に、マッシュルームの種類や品種をお伝えします!

 

マッシュルームの種類や品種は何があるの?見分け方は?

 

マッシュルームの種類(品種)を以下にご紹介します。

 

①ホワイトマッシュルーム

 

 

全体が白く、カサの表面がなめらかな小型のマッシュルームです。

弾力があり、肉質で淡泊な味わいなので、さまざまな料理に活用できます。

ブラウン種に比べて日持ちはしませんが、白色を生かした料理にはおすすめです。

 

②ブラウンマッシュルーム

 

 

カサが茶色で軸が白いマッシュルームです。

香りや風味がよく、ホワイトマッシュルームに比べて肉質がやや締まっています。

また、ホワイトマッシュルームよりも日持ちが良いのが特徴です。

 

③ジャンボマッシュルーム

 

 

直径が7cm〜10cmほどの大きさで、重さが100g以上にもなるマッシュルームです。

肉厚で歯ごたえがよく、風味豊かで、丸ごとステーキにしたり肉詰めなどにもできるマッシュルームです。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

マッシュルームのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは11個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①マッシュルームの育て方(環境、土、肥料、水やり)

マッシュルームの生育温度は、8℃~23℃です。

あまり高温にならないように注意しましょう。

栽培キットには、赤玉土などの用土がセットになっているのでその用土を使用しましょう。

肥料は、培養土がセットになっているので、肥料はそれだけで十分です。

水やりは、培地に水がたまらないように霧吹きで行いましょう。

 

②マッシュルームの画像(写真)!特徴は?カロリーや栄養や効能はあるの?

マッシュルームは、コロンとした丸いカサが特徴で、肉厚で歯ざわりが良く、特有の香りと味わいがあり、日本でも良く食べられているきのこです。

また、100gあたり11キロカロリーと低カロリーなうえ、栄養豊富です。

糖質の代謝を助けるビタミンB1や、脂肪の代謝を助けるビタミンB2、カルシウムの吸収を助けるビタミンⅮなど、多くの栄養があります。

そのほかにも、貧血予防、腸内環境を整える、むくみの解消など効能もありますので、たくさん接種すると良いでしょう。

 

③マッシュルームの旬の季節はいつ頃なの?原産地はどこ?

マッシュルームの旬は10月~12月ですが、ほとんどが人工栽培のため、実質的な旬はありません。

また、原産地はヨーロッパの冷温帯から暖温帯になります。

 

④マッシュルームの値段や販売価格はいくらぐらいなの?栽培キットは販売されているの?

マッシュルームの栽培キットは、1300円~1500円ほどで販売されています。

 

⑤マッシュルームの苗の植え付け(植え方)や植え替えのポイントは?

マッシュルームは、菌から育てるものなので、植え付けや植え替えはありません。

 

⑥マッシュルームの増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?

マッシュルームは、菌から育てるため、種が付かないので種まきもできません。

 

⑦マッシュルームの下ごしらえ(下処理)のやり方は?加熱時間(茹で時間)はどれくらい?

マッシュルームには、石づきがあります。

黒い土がついていて、固くなっている根元の部分が石づきなので、固い部分を包丁で切り落とします。

また、マッシュルームは洗うと香りや旨味が逃げてしまうため、汚れは洗わずにキッチンペーパーなどで軽く拭き取るか切り落としてしまいましょう。

切り落とす範囲が広い場合は、カサの表面に薄い皮があるので剥いてしまえばきれいに下処理ができます。

そして、マッシュルームの茹で時間は、沸騰したお湯に30秒から1分ほど入れて茹でれば十分です。

 

⑧マッシュルームの食べ方!美味しいレシピ!スープやアヒージョや炊き込みご飯の作り方は?

マッシュルームのスープは、マッシュルームの香りが楽しめる逸品です。

マッシュルームを玉ねぎと一緒にみじん切りにして、バターで炒め、小麦粉を入れてから牛乳を入れて煮詰めます。

コンソメと塩コショウで味付けをしたら、マッシュルームのクリームスープの完成です。

マッシュルームのアヒージョは、鍋にオリーブオイルと鷹の爪、ニンニクを入れて火にかけます。

ニンニクの香りが立ってきたら、マッシュルームを入れてマッシュルームの色が変わるまで煮詰め、最後に刻んだイタリアンパセリを入れたら完成です。

マッシュルームの炊き込みご飯は、マッシュルームをみじん切りにしたものを洗った米に入れ、みりん、醤油、酒、顆粒出汁を合わせたものを入れます。

すべて入れたら水を入れて、ごはんを炊けば完成です。

 

⑨マッシュルームの賞味期限(保存期間)はどれくらいなの?長持ちする保存方法は?冷凍保存できるの?

マッシュルームは、日持ちしません。

保存する場合はラップで包んで冷蔵庫に入れ、2日~3日以内を目安にいただきましょう。

長期保存したい場合は、スライスしたものを冷凍すると良いでしょう。

 

⑩マッシュルームの花言葉はなに?和名や英語でなんていうの?

マッシュルームの花言葉は、「福音」です。

また、マッシュルームの和名は「ツクリタケ」で、英語だと「mushroom」です。

 

⑪マッシュルームの種類や品種は何があるの?見分け方は?

マッシュルームの種類(品種)を以下にご紹介します。

①ホワイトマッシュルーム

全体が白く、カサの表面がなめらかな小型のマッシュルームです。

②ブラウンマッシュルーム

カサが茶色で軸が白いマッシュルームです。香りや風味がよく、ホワイトマッシュルームに比べて肉質がやや締まっています。

③ジャンボマッシュルーム

直径が7cm〜10cmほどの大きさで、重さが100g以上にもなるマッシュルームです。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)