【アミガサタケのまとめ!】育て方(適した環境や苗の植え付け)と花言葉等10個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、アミガサタケについてまとめていきたいと思います。

 

アミガサタケは、アミガサタケ科アミガサタケ属に属するきのこで、学名は「Morchella esculenta」です。

 

アミガサタケは英語圏では「モレル」と呼ばれ、フランス語では「モリーユ」と呼ばれます。

日本ではあまり一般的なきのこではありませんが、ヨーロッパでは一般的に食べられているきのこです。

 

そのため、「モレル」や「モリーユ」という名前で流通しているものが多いです。

 

今回は、アミガサタケについてのポイント、

①アミガサタケの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②アミガサタケの画像(写真)!特徴は?
③アミガサタケの開花時期や季節はいつ頃なの?
④アミガサタケの苗の植え付けのポイントは?
⑤アミガサタケの庭植えで育てる際のポイントは?
⑥アミガサタケの販売場所は?通販で買える?価格(値段)はいくら位なの?
⑦アミガサタケの乾燥方法のポイントは?
⑧アミガサタケの食べ方は?おすすめのレシピ(調理法)は?中華やパスタなど
⑨アミガサタケの花言葉はなに?
⑩アミガサタケの種類や品種は何があるの?類似種は?毒はあるの?

 

以上10個の点についてお伝えします。

まずはアミガサタケの育て方からお伝えします!

 

アミガサタケの育て方(栽培)は?

 

アミガサタケは、フランス、ドイツ、イタリアではポルチーニ茸よりも高値で取引されることがあるほど、高級食材として知られています。

 

日本では各地に自生していますが、最近になって知られるようになってきたきのこです。

アメリカや中国では、早くからアミガサタケの栽培研究がなされています。

 

しかし、日本では2020年3月に有機JAS認証の菌床キノコメーカー、株式会社ハルカインターナショナルが日本で初めて人工栽培に成功したばかりです。

 

そのため、家庭で育てるようなきのこではありませんし、育て方も確立されていませんが自生地から見た栽培に適しているであろう方法をご紹介致します。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、アミガサタケが好む環境についてお伝えします!

 

アミガサタケの育て方(栽培)!環境はどうする?

 

アミガサタケは、乾燥しない場所が栽培に適しているでしょう。

自生する場所は、桜やイチョウの木の下や公園内、民家の脇など様々です。

 

また、北半球の温帯以北に自生しているため、暑い場所は適していないと言えるでしょう。

 

次は、アミガサタケに適した用土についてお伝えします!

 

アミガサタケを育てる際の適した用土は何?

 

アミガサタケは、スミレやノビルが好むような場所に自生しています。

そのため、保湿性のある腐植質に富んだ用土が良いでしょう。

 

次は、アミガサタケに必要な肥料についてお伝えします!

 

アミガサタケの育て方(栽培)!肥料はどうする?

 

アミガサタケは、枯葉や小枝の他にも木材も栄養源として繁殖できるようです。

アメリカでは山火事のあった周辺でも自生が確認されています。

 

そのため、マツタケを栽培するよりも比較的簡単に手に入る材料を栄養源として繁殖していると言えるでしょう。

 

では次は、アミガサタケの水やりポイントについてお伝えします!

 

アミガサタケを育てる際の水の量はどうする?

 

アミガサタケは、乾燥させないように栽培すると良いでしょう。

 

以上で基本的なアミガサタケの育て方については終わりです。

次はアミガサタケの写真をお見せします!

 

アミガサタケの画像(写真)!特徴は?

 

 

アミガサタケは、頭部が網目状でハチの巣のような見た目をしているのが特徴で、高さ約7cm~15cmほどの腐朽菌と菌根菌、両方の性質があるきのこです。

 

頭部の色は淡褐色、淡黒褐色、黄土褐色など様々です。

頭部は、柄に直結していて柄の色は白色~クリーム色で下部がやや太くなっています。

 

アミガサタケは全体的に肉が薄く、頭部から柄にかけて中身は空洞で白色で小さな突起が密になっています。

 

加熱すると香りが出ますが、生の状態では香りがありません。

 

次に、アミガサタケの開花時期をお伝えします!

 

アミガサタケの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

アミガサタケの旬は春です。

木の下や公園などに単独か、群生で生えます。

 

毎年同じ場所に生えていたとしても、急に同じ場所に生えなくなることもあるそうです。

 

次は、アミガサタケの苗の植え付けのポイントをお伝えします!

 

アミガサタケの苗の植え付けのポイントは?

 

アミガサタケはきのこなので、苗で植え付けることはありません。

 

それでは次に、アミガサタケの庭植えで育てる際のポイントをお伝えします!

 

アミガサタケの庭植えで育てる際のポイントは?

 

アミガサタケを庭で育てることは難しいでしょう。

 

2020年現在、日本で栽培に成功しているのは株式会社ハルカインターナショナルによる、竹林での林地栽培やハウス栽培です。

中国では、おがくずと小麦粉を栄養袋として栽培しています。

 

アメリカでの人口栽培は、比較的安定して生産できるようになっているそうですが、まだまだ一般家庭で栽培できるようになるのは先の話でしょう。

 

次は、アミガサタケの販売場所をお伝えします!

 

アミガサタケの販売場所は?通販で買える?価格(値段)はいくら位なの?

 

 

アミガサタケは、乾燥させたもので100g約15000円ほどで売られています。

日本では販売するほど採取出来ないので、外国産の物がインターネット通販で販売されています。

 

次に、アミガサタケの乾燥方法のポイントをお伝えします!

 

アミガサタケの乾燥方法のポイントは?

 

アミガサタケは、天日干しにすると風味が増します。

室内で乾燥させても良いですが、網にのせて風通しの良い場所で干すのが一番です。

 

乾燥させていると中から虫が出てくることもあるようですが、乾燥して死んでしまうので虫を除いてから保存しましょう。

 

次は、アミガサタケの食べ方をお伝えします!

 

アミガサタケの食べ方は?おすすめのレシピ(調理法)は?中華やパスタなど

 

 

アミガサタケは、生で食べると中毒を起こすので茹でてから、又は乾燥させてから食材として使用しましょう。

 

そして、生のアミガサタケを茹でた場合に出るゆで汁にも毒が含まれるので、捨てるようにしてください。

乾燥したアミガサタケの戻し汁であれば、念のため一度煮沸をすれば調理に使っても大丈夫です。

 

アミガサタケは乳製品との相性が良く、ヨーロッパではクリームパスタによく利用されるそうです。

 

クリームシチューやスープ、オムレツやポワレにしてもおいしいでしょう。

アミガサタケのクリームソースを魚と合わせてもおいしそうですね。

 

中華では、牛肉と炒めたりトマトスープに入れたりするそうです。

もちろん、和食の味付けで炒めたり和え物にしてもいただけます。

 

アミガサタケはうま味や香りも良く、ベーコンのような食感がするそうなので、肉が食べられない人でも満足な食事になるでしょう。

 

次に、アミガサタケの花言葉をお伝えします!

 

アミガサタケの花言葉はなに?

 

アミガサタケには花言葉は無いようです。

きのこ類でも花言葉が付けられているものはありますが、あまり一般的ではないためかアミガサタケの花言葉は無いようです。

 

それでは最後に、アミガサタケの種類や品種をお伝えします!

 

アミガサタケの種類や品種は何があるの?類似種は?毒はあるの?

 

 

アミガサタケの種類は、世界中に50種類はあると言われています。

 

日本では、アミガサタケの他にも「トガリアミガサタケ」という頭部が黒く、アミガサタケよりも頭部の下部が閉じているものが自生しているのが確認されています。

 

また、「オオトガリアミガサタケ」というアミガサタケよりも1ヶ月ほど早く旬を迎える種類もあります。

他にも10種類以上のアミガサタケが日本で確認されていますが、その種類の分類は頭部と柄との接続の違いや柄のくぼみや形などで区別しています。

 

そのため、全て似ていてはっきりとした違いは見た目ではあまり分かりません。

 

そして、地方によっても呼び名が様々で、岩手では「あみがさ」、青森では「うど」、長野では「みずこ」と呼ばれるなど別名も様々です。

類似種とするか同一種とするかも研究者によって様々なので、まだまだ分からないことがたくさんあるきのこです。

 

欧米では、「ブラックモレル」、「イエローモレル」といって、頭部の色によって大きく分けられています。

 

また、アミガサタケはヒドラジンという毒を含むため生で食べてはいけません。

生でなくてもアルコールと一緒に摂取すると、ふらつきやめまいが出やすいので注意しましょう。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

アミガサタケのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは10個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①アミガサタケの育て方(環境、土、肥料、水やり)

アミガサタケは、乾燥しない場所が栽培に適しているでしょう。

保湿性のある腐植質に富んだ用土で、乾燥させないように育てると良いでしょう。

 

②アミガサタケの画像(写真)!特徴は?

アミガサタケは、高さ約7cm~15cmほどのきのこです。

頭部が網目状でハチの巣のような見た目をしているのが特徴です。

頭部の色は淡褐色、淡黒褐色、黄土褐色など様々です。

頭部は、柄に直結していて柄の色は白色~クリーム色で下部がやや太くなっています。

アミガサタケは全体的に肉が薄く、頭部から柄にかけて中身は空洞で白色で小さな突起が密になっています。

 

③アミガサタケの開花時期や季節はいつ頃なの?

アミガサタケの旬は春です。

木の下や公園などに単独か、群生で生えます。

 

④アミガサタケの苗の植え付けのポイントは?

アミガサタケはきのこなので、苗で植え付けることはありません。

 

⑤アミガサタケの庭植えで育てる際のポイントは?

アミガサタケを庭で育てることは難しいでしょう。

2020年現在、日本で栽培に成功しているのは竹林での林地栽培やハウス栽培です。

 

⑥アミガサタケの販売場所は?通販で買える?価格(値段)はいくら位なの?

アミガサタケは、乾燥させたもので100g約15000円ほどで売られています。

日本では、外国産の物がインターネット通販で販売されています。

 

⑦アミガサタケの乾燥方法のポイントは?

アミガサタケは、天日干しにすると風味が増します。

室内で乾燥させても良いですが、網にのせて風通しの良い場所で干すのが一番です。

 

⑧アミガサタケの食べ方は?おすすめのレシピ(調理法)は?中華やパスタなど

アミガサタケは乳製品との相性が良く、ヨーロッパではクリームパスタによく利用されるそうです。

クリームシチューやスープ、オムレツやポワレにしてもおいしいでしょう。

中華では、牛肉と炒めたりトマトスープに入れたりするそうです。

もちろん、和食の味付けで炒めたり和え物にしてもいただけます。

 

⑨アミガサタケの花言葉はなに?

アミガサタケには花言葉は無いようです。

 

⑩アミガサタケの種類や品種は何があるの?類似種は?毒はあるの?

アミガサタケの種類は、世界中に50種類はあると言われています。

「トガリアミガサタケ」という頭部が黒い種類のものが日本にも自生しています。

いろいろな種類がありますが、類似種とするか同一種とするかも研究者によって様々です。

また、アミガサタケはヒドラジンという毒を含むため生で食べてはいけません。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)