【夜光茸(ヤコウタケ)のまとめ!】栽培方法やなぜ光るのか等8個のポイント!

https://www.instagram.com/p/CfOLq6dPsDq/?utm_source=ig_web_copy_link








 

みなさんこんにちは。

今回は、ヤコウタケについてまとめていきたいと思います。

 

ヤコウタケはキシメジ科クヌギダケ属のキノコです。

 

東南アジアの亜熱帯性気候に分布しており、日本では小笠原諸島や八丈島で発見されています。

学名は『Mycena chlorop』で、別名は『グリーンペペ』、夜間には淡緑色の美しい光を放ちます。

 

今回は、ヤコウタケについてのポイント、

①ヤコウタケの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ヤコウタケの画像(写真)!特徴は?食べることはできる?なぜ光るの?仕組みや原理は?撮影方法はあるの?
③ヤコウタケの開花時期や季節はいつ頃なの?生息地はどこ?小笠原諸島や関東に生息している?
④ヤコウタケの値段や販売価格はいくらぐらいなの?栽培キットは販売されている?amazonや通販で買えるの?
⑤ヤコウタケの苗の植え付け(植え方)や植え替えの時期とやり方は?
⑥ヤコウタケの増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?
⑦ヤコウタケの花言葉や英語名や漢字はなに?
⑧ヤコウタケの種類や品種は何があるの?ツキヨタケとの違いはなに?

 

以上8個の点についてお伝えします。

まずはヤコウタケの育て方からお伝えします!

 

ヤコウタケの育て方(栽培方法や培養方法とも)は?寿命はどれくらいなの?

 

ヤコウタケは基本的に毎年4月下旬~6月上旬に発売される栽培キットで育てます。

 

種菌を透明の容器に入れたら、土の高さが3cm程度になるように土を指で押します。

腐葉土を指で摘まんだら土の真ん中部分に載せ、霧吹きで土を湿らせ蓋を閉めます。

 

ヤコウタケの子実子1つの寿命はわずか3日程度しかなくとても短命です。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ヤコウタケが好む環境についてお伝えします!

 

ヤコウタケの育て方!環境はどうする?温度はどうする?

 

ヤコウタケは基本的に栽培キットで育てるため、直接直射日光が当たらない室内で育てるようにします。

栽培に適した温度は23~28度で湿度は70~100%程度なので、日中20度程度でも室温が25~26度くらいまで上がれば充分育てることが可能です。

 

次は、ヤコウタケに適した用土についてお伝えします!

 

ヤコウタケを育てる際の適した用土は何?

 

ヤコウタケは基本的に栽培キットで育てるので、予め種菌と腐葉土がセットに含まれています。

 

育てるには用土にある程度の湿り気が必要ですが、湿気が多すぎても良く育ちません。

ヤコウタケの栽培に適した湿度は70~100%なので、種菌の上に腐葉土を載せたらスポイトで水を垂らし湿度を保持出来るようにしましょう。

 

次は、ヤコウタケに必要な肥料についてお伝えします!

 

ヤコウタケの育て方!肥料はどうする?

 

ヤコウタケのようなキノコ類は肥料を与えて育つものではありません。

例えば枯れた木に胞子を蒔いても自然界の中にあるカビに負けてしまいますし、ヤコウタケの場合は自分で一から育てるのではなく毎年栽培キットが販売されるので、説明書に従って育てましょう。

 

では次は、ヤコウタケの水やりポイントについてお伝えします!

 

ヤコウタケを育てる際の水の量はどうする?

 

ヤコウタケはキノコなのである程度の水分が必要です。

キット内の腐葉土が艶やかに見える程度の湿り気があれば大丈夫でしょう。

 

以上で基本的なヤコウタケの育て方については終わりです。

次はヤコウタケの写真(画像)をお見せします!

 

ヤコウタケの画像(写真)!特徴は?食べることはできる?なぜ光るの?仕組みや原理は?撮影方法はあるの?

 

https://www.instagram.com/p/CfOLq6dPsDq/?utm_source=ig_web_copy_link

(インスタグラム gree6411 様より引用)

 

ヤコウタケは直径1~3cm程の小さなキノコで、柄は長く傘柄ともに白色に近い灰色をしています。

傘の表面は強い粘着性のあるゼラチン質の液で覆われており、ひだや傘部分に強い発光性を持つキノコです。

 

発光するキノコの中でも特に強い光を放ち、日本では光るキノコで知られています。

毒性はありませんが、水っぽくカビ臭い匂いがあるため食用には向いていません。

 

ヤコウタケが光る原理は、ヒスピジンとヤコウダケの酵素が反応し光を放っていることが解明されています。

ヤコウダケを上手に撮影出来るかどうかはカメラのメーカーや機材、撮影条件などによっても違いがあります。

 

クオリティーを気にしないのであればどんな機材でも撮影は可能です。

しかしクオリティーを重視する場合は、デジタル一眼レフの中でも暗闇に強いNikonのプロ使用機のD5がおすすめします。

 

次は、ヤコウタケの開花時期や季節、生息地、小笠原諸島や関東に生息しているのかについてお伝えします!

 

ヤコウタケの開花時期や季節はいつ頃なの?生息地はどこ?小笠原諸島や関東に生息している?

 

ヤコウタケは毎年4月下旬~6月上旬に市販の栽培キットが販売されているので、栽培を始めてから10日程度で小さな白い芽が生えてきます。

生息地は伊豆諸島の八丈島の他、小笠原諸島の父島や母島でも観察されており、関東では千葉県で発見されています。

 

次は、ヤコウタケの値段や販売価格、栽培キットは販売されているのか、amazonや通販で買えるのかについてお伝えします!

 

ヤコウタケの値段や販売価格はいくらぐらいなの?栽培キットは販売されている?amazonや通販で買えるの?

 

ヤコウタケの苗などはインターネットでは販売されていないようでした。

 

しかし栽培キットは他サイトで販売されており価格は2,500~2,970円程度、amzonでは販売されていませんでした。

また、一年中購入できるという訳ではなく販売期間が限定されているようなので、購入したい方は早めの購入をおすすめします。

 

次に、ヤコウタケの苗の植え付け(植え方)や植え替えの時期とやり方についてお伝えします!

 

ヤコウタケの苗の植え付け(植え方)や植え替えの時期とやり方は?

 

ヤコウタケは市販されている栽培キットで育てます。

 

説明書に従い種菌を透明の容器に入れたら腐葉土を入れ霧吹きで土を湿らせます。

ヤコウタケを育てる環境が上手く合っていれば、植えてから10日程経過すれば芽が生えてくるでしょう。

 

次は、ヤコウタケの増やし方で種まき時期と種まきのポイントについてお伝えします!

 

ヤコウタケの増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?

 

ヤコウタケは種を蒔いて育てるものではありません。

毎年市販の栽培キットが販売されるので、キット内にある説明書んい従い育てるのが良いでしょう。

 

次は、ヤコウタケの花言葉や英語名や漢字についてお伝えします!

 

ヤコウタケの花言葉や英語名や漢字はなに?

 

ヤコウタケ自体に花言葉はありませんが、同じハラタケ科キシメジ属のシイタケの花言葉に『疑い』があります。

英語名は『green pepe』、漢字では『夜光茸』です。

 

最後に、ヤコウタケの種類や品種、ツキヨタケとの違いをお伝えします!

 

ヤコウタケの種類や品種は何があるの?ツキヨタケとの違いはなに?

 

ヤコウタケのような光るキノコには、ツキヨタケ、アミヒカリタケ、シイノトモシビタケ、スズメタケ、エナシラッシタケ、ギンガタケ(仮称)、アリノトモシビタケなど10種類以上あります。

 

ヤコウタケはハラタケ目キシメジ科クヌキタケ属のキノコで、ツキヨタケはハラタケ目ホウライタケ科ツキヨタケ属に属するキノコです。

ヤコウタケは毒が確認されてないのに対し、ツキヨタケは子実子にイルジンSという独成分を持っています。

 

それでは、今回お伝えしたことをまとめていきましょう!

 

ヤコウタケのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ヤコウタケの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ヤコウタケは基本的に栽培キットで育てるため、直接直射日光が当たらない室内で育てるようにします。

ヤコウタケは基本的に栽培キットで育てるので、予め種菌と腐葉土がセットに含まれています。

ヤコウタケのようなキノコ類は肥料を与えて育つものではありません。

ヤコウタケはキノコなのである程度の水分が必要です。

 

②ヤコウタケの画像(写真)!特徴は?食べることはできる?なぜ光るの?仕組みや原理は?撮影方法はあるの?

ヤコウタケは直径1~3cm程の小さなキノコで、柄は長く傘柄ともに白色に近い灰色をしています。

傘の表面は強い粘着性のあるゼラチン質の液で覆われており、ひだや傘部分に強い発光性を持つキノコです。

発光するキノコの中でも特に強い光を放ち、日本では光るキノコで知られています。

毒性はありませんが、水っぽくカビ臭い匂いがあるため食用には向いていません。

ヤコウタケが光る原理は、ヒスピジンとヤコウダケの酵素が反応し光を放っていることが解明されています。

ヤコウダケを上手に撮影出来るかどうかはカメラのメーカーや機材、撮影条件などによっても違いがあります。

クオリティーを気にしないのであればどんな機材でも撮影は可能です。

しかしクオリティーを重視する場合は、デジタル一眼レフの中でも暗闇に強いNikonのプロ使用機のD5がおすすめします。

 

③ヤコウタケの開花時期や季節はいつ頃なの?生息地はどこ?小笠原諸島や関東に生息している?

ヤコウタケは毎年4月下旬~6月上旬に市販の栽培キットが販売されているので、栽培を始めてから10日程度で小さな白い芽が生えてきます。

生息地は伊豆諸島の八丈島の他、小笠原諸島の父島や母島でも観察されており、関東では千葉県で発見されています。

 

④ヤコウタケの値段や販売価格はいくらぐらいなの?栽培キットは販売されている?amazonや通販で買えるの?

ヤコウタケの苗などはインターネットでは販売されていないようでした。

しかし栽培キットは他サイトで販売されており価格は2,500~2,970円程度、amzonでは販売されていませんでした。

 

⑤ヤコウタケの苗の植え付け(植え方)や植え替えの時期とやり方は?

ヤコウタケは市販されている栽培キットで育てます。

説明書に従い種菌を透明の容器に入れたら腐葉土を入れ霧吹きで土を湿らせます。

ヤコウタケを育てる環境が上手く合っていれば、植えてから10日程経過すれば芽が生えてくるでしょう。

 

⑥ヤコウタケの増やし方!種まき時期と種まきのポイントは?

ヤコウタケは種を蒔いて育てるものではありません。

毎年市販の栽培キットが販売されるので、キット内にある説明書んい従い育てるのが良いでしょう。

 

⑦ヤコウタケの花言葉や英語名や漢字はなに?

ヤコウタケ自体に花言葉はありませんが、同じハラタケ科キシメジ属のシイタケの花言葉に『疑い』があります。

英語名は『green pepe』、漢字では『夜光茸』です。

 

⑧ヤコウタケの種類や品種は何があるの?ツキヨタケとの違いはなに?

ヤコウタケのような光るキノコには、ツキヨタケ、アミヒカリタケ、シイノトモシビタケ、スズメタケ、エナシラッシタケ、ギンガタケ(仮称)、アリノトモシビタケなど10種類以上あります。

ヤコウタケはハラタケ目キシメジ科クヌキタケ属のキノコで、ツキヨタケはハラタケ目ホウライタケ科ツキヨタケ属に属するキノコです。

ヤコウタケは毒が確認されてないのに対し、ツキヨタケは子実子にイルジンSという独成分を持っています。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

(アイキャッチ画像は、インスタグラム gree6411 様より引用)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)