【サワヒヨドリのまとめ!】ヒヨドリバナとの違いや花言葉等6個のポイント!

 

みなさんこんにちは。

今回は、サワヒヨドリについてまとめていきたいと思います。

 

サワヒヨドリはキク科ヒヨドリバナ属の多年草で、日本全国に分布しています。

 

湿原の周辺や山間の湿田周辺、やや湿った草原などに生育する植物です。

学名は「Eupatorium lindleyanum」になります。

 

今回は、サワヒヨドリについてのポイント、

①サワヒヨドリの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②サワヒヨドリの画像(写真)!花や葉っぱの特徴は?
③サワヒヨドリの開花時期や季節はいつ頃なの?
④サワヒヨドリの値段や販売価格はいくらぐらいなの?
⑤サワヒヨドリとヒヨドリバナやフジバカマとの違いや見分け方はなに?
⑥サワヒヨドリの花言葉はなに?

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはサワヒヨドリの育て方からお伝えします!

 

サワヒヨドリの育て方は?

 

サワヒヨドリは風通しの良い日向で、乾燥しやすい場所は避けましょう。

生育期間中は水を切らさないようにして、夏の強い直射日光は避けます。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、サワヒヨドリが好む環境についてお伝えします!

 

サワヒヨドリの育て方!環境はどうする?

 

サワヒヨドリは湿り気のある日向を好みます。

庭では人工池のふちなどの水がふんだんにある場所に植え付けます。

 

次は、サワヒヨドリに適した用土についてお伝えします!

 

サワヒヨドリを育てる際の適した用土は何?

 

サワヒヨドリは水持ちの良い用土を好みます。庭では堆肥や腐葉土をすき込んでおきます。

鉢植えでは山野草用の培養土を使うか、鹿沼土赤玉土水苔を加えて水持ちを良くして使います。

 

次は、サワヒヨドリに必要な肥料についてお伝えします!

 

サワヒヨドリの育て方!肥料はどうする?

 

サワヒヨドリは庭では元肥として冬に有機肥料を施すくらいで、後は施肥の必要はありません。

鉢植えでは生育期間中は月に1度、薄めた液肥を与えるか、春と秋に緩効性肥料を置き肥します。

 

では次は、サワヒヨドリの水やりポイントについてお伝えします!

 

サワヒヨドリを育てる際の水の量はどうする?

 

サワヒヨドリは水切れを嫌いますので、成長期には土にしっかりと水をあげます。

常に土が程よく湿っている状態がベストです。

 

以上で基本的なサワヒヨドリの育て方については終わりです。

次はサワヒヨドリの写真をお見せします!

 

サワヒヨドリの画像(写真)!花や葉っぱの特徴は?

 

 

サワヒヨドリは草丈40~80cmほどで、葉は披針形で対生します。

鋸歯になっていますが、切れ込みの深さに個体差があり、縁の形状はさまざまです。

 

花は暗紅紫色~白色で、1つの花は5つの筒状花で構成され、枝先にたくさん集まって散房状に咲きます。

 

次に、サワヒヨドリの開花時期をお伝えします!

 

サワヒヨドリの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

サワヒヨドリの開花時期は8月~10月です。

 

花が終わった後にできる実は熟しても裂開しません。

たんぽぽに似た綿毛を持った種ができますが、綿毛が小さく距離を飛ぶことは出来ません。

 

寒くなると地上部が枯れて芽を持った根が地中で冬越します。

 

次は、サワヒヨドリの値段や販売価格をお伝えします!

 

サワヒヨドリの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

 

サワヒヨドリは山野草として園芸店で売られています。

9号ポットで600円~2000円ほどです。

 

次に、サワヒヨドリとヒヨドリバナやフジバカマとの違いや見分け方をお伝えします!

 

サワヒヨドリとヒヨドリバナやフジバカマとの違いや見分け方はなに?

 

サワヒヨドリはヒヨドリバナやフジバカマとよく似ていて簡単には見分けがつきません。

 

また、これらの間では交雑もするので中間種があり、さらに見分けがつきにくくややこしいです。

サワヒヨドリはヒヨドリバナやフジバカマより小型で、ほかの2種が乾いた場所を好むのに対して、沢や湿地などを好むといったところが違います。

 

細かな特徴としては、フジバカマ と比べると葉柄がない、 葉があまり3深裂しない、葉に香りがないなどの違いがあります。

ヒヨドリバナは単葉で葉柄があり、葉やや薄いなどの差があり、サワヒヨドリと見分けられます。

 

それでは最後に、サワヒヨドリの花言葉をお伝えします!

 

サワヒヨドリの花言葉はなに?

 

サワヒヨドリはまとめられてしまっているのか、サワヒヨドリ単独の花言葉はありません。

ヒヨドリバナやフジバカマの花言葉「清楚」「期待」「延期」「遅れ」が使われます。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

サワヒヨドリのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①サワヒヨドリの育て方(環境、土、肥料、水やり)

サワヒヨドリは湿り気のある日向におき、水持ちの良い用土で育てます。

肥料は庭植えなら冬に元肥をおき、鉢植えでは春と秋に有機肥料を施し、生育中は水を切らさないようにします。

 

②サワヒヨドリの画像(写真)!花や葉っぱの特徴は?

サワヒヨドリは草丈40~80cmほどで、葉は披針形で対生します。

花は暗紅紫色~白色で、1つの花は5つの筒状花で構成され、枝先にたくさん集まって散房状に咲きます。

 

③サワヒヨドリの開花時期や季節はいつ頃なの?

サワヒヨドリの開花時期は8月~10月です。

秋を彩る山野草です。

 

④サワヒヨドリの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

サワヒヨドリは9号ポットで600円~2000円ほどです。

 

⑤サワヒヨドリとヒヨドリバナやフジバカマとの違いや見分け方はなに?

サワヒヨドリはヒヨドリバナやフジバカマより小型で、ほかの2種が乾いた場所を好むのに対して、沢や湿地などを好むといったところが違います。

他には葉の形や葉柄の有無で見分けます。

 

⑥サワヒヨドリの花言葉はなに?

サワヒヨドリの花言葉は「清楚」「期待」「延期」「遅れ」で、ヒヨドリバナやフジバカマと同じです。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)