【ミゾカクシのまとめ!】育て方や花言葉等6個のポイント!

https://www.instagram.com/p/CGTAQBJpp9o/?utm_source=ig_web_copy_link

 

みなさんこんにちは。

今回は、ミゾカクシについてまとめていきたいと思います。

 

ミゾカクシは、キキョウ科ミゾカクシ属で、水田に生える雑草として畦に良く蔓延る多年草です。

和名は「溝隠」・「畦筵」で、英語名は「Chinese Lobelia」・「Creeping lobelia」、学名は「Lobelia chinensis」です。

 

ミゾカクシは、日本では北海道から沖縄まで分布しており、湿地や水田周辺に咲く雑草の一つです。

日本以外では中国・インド・マレーシアに分布、欧米ではグラウンドカバーとして利用されています。

 

今回は、ミゾカクシについてのポイント、

①ミゾカクシの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ミゾカクシの画像(写真)!特徴は?ミゾカクシ属の植物は他になにがあるの?
③ミゾカクシの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ミゾカクシの値段や販売価格はいくらぐらいなの?
⑤ミゾカクシに似た花はなにがあるの?
⑥ミゾカクシの花言葉はなに?

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはミゾカクシの育て方からお伝えします!

 

ミゾカクシの育て方は?ビオトープにおすすめなの?

 

ミゾカクシは、水田の畦などの湿地に生える多年草の水辺植物なので、ビオトープで育てるのがおすすめです。

 

ビオトープで栽培する場合は、睡蓮鉢などの深めに鉢にミゾカクシと他の水辺植物を一緒に入れ育てますが、メダカを入れて一緒に育てるのも良いでしょう。

水の中に浮かんでいる姿を見るととても癒されますよ。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ミゾカクシが好む環境についてお伝えします!

 

ミゾカクシの育て方!環境はどうする?

 

ミゾカクシは、半日以上日の当たる場所で管理するのが良く、寒さにも強いので冬越しすることも可能です。

 

次は、ミゾカクシに適した用土についてお伝えします!

 

ミゾカクシを育てる際の適した用土は何?

 

ミゾカクシは、一般的な赤土でも良いですが、田んぼの土で栽培すると特に良く育ちます。

 

次は、ミゾカクシに必要な肥料についてお伝えします!

 

ミゾカクシの育て方!肥料はどうする?

 

ミゾカクシは、緩効性の科学肥料または、発酵済油かすを土の中に埋め込みます。

鉢植えで栽培する場合は、春から秋にかけて2ヶ月に1回程度発酵済油かすを土の中に埋めてあげましょう。

 

では次は、ミゾカクシの水やりポイントについてお伝えします!

 

ミゾカクシを育てる際の水の量はどうする?

 

ミゾカクシは、一年を通して絶えず水が切れないよう土を湿らせた状態で育てます。

株元が少し水につかる状態でも良く、地植えで育てる場合は、湿潤な場所に植えてあげましょう。

 

以上で基本的なミゾカクシの育て方については終わりです。

次はミゾカクシの写真をお見せします!

 

ミゾカクシの画像(写真)!特徴は?ミゾカクシ属の植物は他になにがあるの?

 

https://www.instagram.com/p/CUH4G23vYMd/?utm_source=ig_web_copy_link

 

ミゾカクシは、小型の多年草で草丈は10cm程度しかなく、水田近くの溝が隠れて見えなくなる程群生します。

 

薄紫色の花を咲かせ、花びらの大きさは1cmにも満たないので目立ちませんが、良く見ると可愛らしい花姿をしています。

園芸種では、ロベリアの名前で多数販売されています。

 

ミゾカクシ属の植物は、ミゾカクシ以外にもサワギキョウやロベリア、サクラダソウなどがあります。

 

次に、ミゾカクシの開花時期をお伝えします!

 

ミゾカクシの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ミゾカクシは、6月~9月の初夏から秋初めにかけ薄紫色の小さくて可愛らしい花を咲かせます。

 

次は、ミゾカクシの値段や販売価格をお伝えします!

 

ミゾカクシの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

 

ミゾカクシは、インターネット販売価格で763円程度で販売されています。

 

次に、ミゾカクシに似た花をお伝えします!

 

ミゾカクシに似た花はなにがあるの?

 

ミゾカクシに似た花では、サワギキョウがあります。

 

サワギキョウは、ミゾカクシと同じキキョウ科ミゾカクシ属の多年草で花の形も良く似ています。

開花時期は8月~9月で濃紫色の花を咲かせますが、全体的に強い毒を持っています。

 

それでは最後に、ミゾカクシの花言葉をお伝えします!

 

ミゾカクシの花言葉はなに?

 

ミゾカクシは、「思わせぶり」・「意表をつく人」の2つがあります。

花言葉自体はあまり良くないイメージですが、雑草でありながらも控えめにひっそりと咲く姿がとても可愛らしく感じられる花ですよね。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ミゾカクシのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ミゾカクシの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ミゾカクシは、半日以上日の当たる場所で管理するのが良く、寒さにも強いので冬越しすることも可能です。

ミゾカクシは、一般的な赤土でも良いですが、田んぼの土で栽培すると特に良く育ちます。

ミゾカクシは、緩効性の科学肥料または、発酵済油かすを土の中に埋め込みます。

ミゾカクシは、一年を通して絶えず水が切れないよう土を湿らせた状態で育てます。

 

②ミゾカクシの画像(写真)!特徴は?ミゾカクシ属の植物は他になにがあるの?

ミゾカクシは、小型の多年草で草丈は10cm程度しかなく、水田近くの溝が隠れて見えなくなる程群生します。

ミゾカクシ属の植物は、ミゾカクシ以外にも、サワギキョウやロベリア、サクラダソウなどがあります。

 

③ミゾカクシの開花時期や季節はいつ頃なの?

ミゾカクシは、6月~9月の初夏から秋初めにかけ薄紫色の小さくて可愛らしい花を咲かせます。

 

④ミゾカクシの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

ミゾカクシは、インターネット販売価格で763円程度で販売されています。

 

⑤ミゾカクシに似た花はなにがあるの?

ミゾカクシに似た花では、サワギキョウがあります。

 

⑥ミゾカクシの花言葉はなに?

ミゾカクシは、「思わせぶり」・「意表をつく人」の2つがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)