【コマツヨイグサのまとめ!】育て方や花言葉等6個のポイント!

 

みなさんこんにちは。

今回は、コマツヨイグサについてまとめていきたいと思います。

 

コマツヨイグサは、アカバナ科マツヨイグサ属越年草または多年草で、マツヨイグサの仲間です。

 

北アメリカ原産で、日本では本州〜沖縄の乾いた砂地に生える雑草になります。

学名は「Oenothera laciniata」になります。

 

今回は、コマツヨイグサについてのポイント、

①コマツヨイグサの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②コマツヨイグサの画像(写真)!花の特徴は?ピンク色なの?
③コマツヨイグサの開花時期や季節はいつ頃なの?
④コマツヨイグサの値段や販売価格はいくらぐらいなの?
⑤コマツヨイグサの駆除のやり方は?
⑥コマツヨイグサの花言葉はなに?

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはコマツヨイグサの育て方からお伝えします!

 

コマツヨイグサの育て方は?

 

コマツヨイグサは、乾いた日当たりの良い砂地を好みます。

雑草なので環境が合えば放任でも育ちます。

 

しかし、難除雑草として知られ、環境が良いと一帯にはびこってしまうので、育てるときは種をつけさせないなど近隣に配慮しましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、コマツヨイグサが好む環境についてお伝えします!

 

コマツヨイグサの育て方!環境はどうする?

 

コマツヨイグサは、日当たりの良い砂地を好みます。

蒸れに弱いですが、それ以外は暑さ寒さにも強いので特別な配慮入りません。

 

次は、コマツヨイグサに適した用土についてお伝えします!

 

コマツヨイグサを育てる際の適した用土は何?

 

排水の良い土地に植えます。砂地がベストですが、排水が良ければそこまで土質にこだわらなくてもいいでしょう。

 

植え付け前に堆肥と元肥を少量すき込んでおきます。

プランターは一般園芸用の培養土赤玉土鹿沼土を混ぜて排水を良くしましょう。

 

次は、コマツヨイグサに必要な肥料についてお伝えします!

 

コマツヨイグサの育て方!肥料はどうする?

 

コマツヨイグサの肥料は地植えであればほとんどいりません。

プランターでは、月に一度薄めた液をを与えるか、緩行性の肥料を置き肥します。

 

では次は、コマツヨイグサの水やりポイントについてお伝えします!

 

コマツヨイグサを育てる際の水の量はどうする?

 

乾燥気味に育てます。地植えでは植え付け時以外は水やり不要です。

プランターでは鉢土が乾いたら水やりします。

 

以上で基本的なコマツヨイグサの育て方については終わりです。

次はコマツヨイグサの写真をお見せします!

 

コマツヨイグサの画像(写真)!花の特徴は?ピンク色なの?

 

 

コマツヨイグサは、1本立ちするか枝分かれした茎が地を這うように伸びます。

 

葉は葉柄がなく、長楕円形で長さ2〜10cm、幅0.4〜3.5cmで、上部の葉は縁が小さな鋸歯状です。

花は葉の腋から生え、花径は1〜2.5cmです。色は淡黄色ですが、しおれると黄赤色に変化します。

 

種の入った莢は、上向の円柱形で、短い毛に覆われています。

 

コマツヨイグサは黄色の花のみです。ピンクの花をつけるのはヒルザキツキミソウ(エノテラ)という別の植物です。

 

次に、コマツヨイグサの開花時期をお伝えします!

 

コマツヨイグサの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

コマツヨイグサの開花時期は4〜11月です。

春から秋までよく咲きます。

 

冬は葉だけになり、ロゼットという地面にペタっと薄く広がった状態で寒さをしのぎます。

暖かくなると再び茎を伸ばして茂ります。

 

次は、コマツヨイグサの値段や販売価格をお伝えします!

 

コマツヨイグサの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

 

コマツヨイグサは、かつては観賞用に売られていましたが、難除雑草として知られるようになり、販売はなくなりました。

どうしても育てたい場合は、道端に生えているものから種を採取して栽培します。

 

次に、コマツヨイグサの駆除のやり方をお伝えします!

 

コマツヨイグサの駆除のやり方は?

 

コマツヨイグサを含むマツヨイグサの種類は、除草剤の効きが悪く生き残る率が高くて、繁殖しやすいです。

そのため、駆除は頻繁に除草剤を撒くか、根から取り除くことを何回も繰り返し根絶させます。

 

除草剤 サンフーロン(グリホサート)の使用時期は秋、春です。

刈り取る場合は、花をつけさせないように生育期間中の春から秋はこまめに刈り取ります。

 

それでは最後に、コマツヨイグサの花言葉をお伝えします!

 

コマツヨイグサの花言葉はなに?

 

コマツヨイグサの花言葉は、「ほのかな恋」や「もの言わぬ恋」のほか、「浴後の美人」や「入浴後の乙女」になります。

夕方にひっそりと咲く小さな花姿から連想された花言葉です。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

コマツヨイグサのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①コマツヨイグサの育て方(環境、土、肥料、水やり)

コマツヨイグサは、日当たりの良い砂地を好みます。

肥料や水やりは最小限でよく、環境が合えばはびこります。

 

②コマツヨイグサの画像(写真)!花の特徴は?ピンク色なの?

コマツヨイグサは、1本立ちするか枝分かれした茎が地を這うように伸び、葉は葉柄がなく、長楕円形です。

花は葉の腋から生え、花径は1〜2.5cmです。色は淡黄色ですが、しおれると黄赤色に変化します。

コマツヨイグサは黄色の花のみで、ピンクの花をつけるのはヒルザキツキミソウ(エノテラ)という別の植物です。

 

③コマツヨイグサの開花時期や季節はいつ頃なの?

コマツヨイグサの開花時期は4〜11月です。

春から秋までよく咲きます。

ロゼットで冬を越す多年草です。

 

④コマツヨイグサの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

販売されていません。栽培する場合は種を採取します。

 

⑤コマツヨイグサの駆除のやり方は?

コマツヨイグサは駆除は頻繁に除草剤を撒くか、根から取り除くことを何回も繰り返し根絶させます。

こぼれ種でよく増えるので種をつけさせないようにしてください。

 

⑥コマツヨイグサの花言葉はなに?

コマツヨイグサの花言葉は、「ほのかな恋」や「もの言わぬ恋」のほか、「浴後の美人」や「入浴後の乙女」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)