【ヨツバヒヨドリのまとめ!】似た花や花言葉等6個のポイント!

ヨツバヒヨドリ

 

みなさんこんにちは。

今回は、ヨツバヒヨドリについてまとめていきたいと思います。

 

ヨツバヒヨドリは、キク科ヒヨドリバナ属に属する多年草です。

 

日本では、北海道、中部以北の本州、四国で自生しています。

山野の湿った草原で見られる野草です。

海外では、サハリン、南千島に分布しています。

 

漢字では、「四葉鵯」と書きます。

別名には、クルマバヒヨドリ (車葉鵯)ハコネヒヨドリ (箱根鵯)があります。

 

今回は、ヨツバヒヨドリについてのポイント、

①ヨツバヒヨドリの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ヨツバヒヨドリの画像(写真)!葉の特徴は?アサギマダラを呼ぶの?
③ヨツバヒヨドリの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ヨツバヒヨドリの値段や販売価格はいくらぐらいなの?
⑤ヨツバヒヨドリに似た花は何がある?フジバカマやヒヨドリバナとの違いはなに?
⑥ヨツバヒヨドリの花言葉はなに?

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはヨツバヒヨドリの育て方からお伝えします!

 

ヨツバヒヨドリの育て方は?

 

ヨツバヒヨドリは、高さがあるので庭での栽培が適しています。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ヨツバヒヨドリが好む環境についてお伝えします!

 

ヨツバヒヨドリの育て方!環境はどうする?

 

ヨツバヒヨドリは日当たりの良い場所を好みますが、西日が当たり、乾燥しやすい場所は避けます

 

次は、ヨツバヒヨドリに適した用土についてお伝えします!

 

ヨツバヒヨドリを育てる際の適した用土は何?

 

ヨツバヒヨドリの用土は、赤玉土にバーミキュライトや腐葉土を混ぜ込み、保水性があり、水はけのよい土作りをします。

 

次は、ヨツバヒヨドリに必要な肥料についてお伝えします!

 

ヨツバヒヨドリの育て方!肥料はどうする?

 

ヨツバヒヨドリは、植え付けの時の元肥として腐葉土を混ぜ込む以外、追肥は特に必要としません

 

では次は、ヨツバヒヨドリの水やりポイントについてお伝えします!

 

ヨツバヒヨドリを育てる際の水の量はどうする?

 

ヨツバヒヨドリは、雨が降らない日が続いて土が乾燥した場合には、水やりをします。

 

以上で基本的なヨツバヒヨドリの育て方については終わりです。

次はヨツバヒヨドリの写真をお見せします!

 

ヨツバヒヨドリの画像(写真)!葉の特徴は?アサギマダラを呼ぶの?

 

ヨツバヒヨドリ

 

 

 

 

 

ヨツバヒヨドリの高さは、80~170㎝です。

 

葉は茎を取り巻くように主に4枚生えていますが、3枚や5枚のものもあります。

葉の形は長細い楕円形で、鋸のように縁がギザギザになっていて先は尖っています。

葉の長さは10~15㎝、幅は3~4㎝で、裏側には腺点があります。

 

花は茎の先端から分枝した先から散らばるように咲きます。

花の色は淡い紅紫色から白色です。

 

ヨツバヒヨドリを含むヒヨドリバナ属の花には、「アサギマダラ」という蝶が蜜を求めてきます。

ヒヨドリバナ属に含まれている「ピロリジジンアルカロイド(PA物質)」という成分が、アサギマダラの雄には必要であり、そのために寄ってくると言われています。

 

果実の大きさは約3㎜で、白くて長い冠毛があります。

 

次に、ヨツバヒヨドリの開花時期をお伝えします!

 

ヨツバヒヨドリの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ヨツバヒヨドリの開花時期は、7月~9月の暑い季節に咲きます。

 

次は、ヨツバヒヨドリの値段や販売価格をお伝えします!

 

ヨツバヒヨドリの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

 

ヨツバヒヨドリは、あまり流通はしていません。

苗の販売価格は、600円~800円程度です。

 

次に、ヨツバヒヨドリに似た花をお伝えします!

 

ヨツバヒヨドリに似た花は何がある?フジバカマやヒヨドリバナとの違いはなに?

 

ヨツバヒヨドリに似た花に、「フジバカマ」、「ヒヨドリバナ」があります。

 

それぞれ葉に違いがあります。

ヒヨドリバナは、葉が4枚茎を取り巻くように輪生しています。

(3枚や5枚になるものもあります。)

 

フジバカマは、葉が3枚あるかのように深く3裂しています。

ヒヨドリバナは、葉が2枚向かい合うように対生しています。

 

【フジバカマの育て方!】剪定方法や花言葉など9個のポイント!

【ヒヨドリバナのまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等6個のポイント!

 

それでは最後に、ヨツバヒヨドリの花言葉をお伝えします!

 

ヨツバヒヨドリの花言葉はなに?

 

ヨツバヒヨドリを含むヒヨドリバナの花言葉は、「清楚」、「期待」です。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ヨツバヒヨドリのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ヨツバヒヨドリの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ヨツバヒヨドリは、西日が当たり、乾燥しやすい場所を避けて育てます。

用土は、赤玉土にバーミキュライト、それに元肥として腐葉土を混ぜ込み土作りをします。

追肥は特に必要としません。

水やりは、雨が降らない日が続き、土が乾燥した時に水やりをします。

 

②ヨツバヒヨドリの画像(写真)!葉の特徴は?

ヨツバヒヨドリの高さは、80~170㎝です。

葉は主に4枚輪生し、細長い楕円形で、縁の鋸状で先は尖っています。

花は、茎先端で分枝し、散らばるように白から淡い紅紫色で咲きます。

花が咲くと、アサギマダラという蝶がよく寄ってきます。

果実には白くて長い冠毛があります。

 

③ヨツバヒヨドリの開花時期や季節はいつ頃なの?

ヨツバヒヨドリの開花時期は、7月~9月です。

 

④ヨツバヒヨドリの値段や販売価格はいくらぐらいなの?

ヨツバヒヨドリの苗の販売価格は、600円~800円程度です。

 

⑤ヨツバヒヨドリに似た花は何がある?アサギマダラやフジバカマやヒヨドリバナとの違いはなに?

ヨツバヒヨドリに似た花に、「フジバカマ」、「ヒヨドリバナ」があります。

ヨツバヒヨドリの葉が、主に4枚輪生しているのに対して、フジバカマの葉は深く3裂し、ヒヨドリバナの葉は対生しています。

 

⑥ヨツバヒヨドリの花言葉はなに?

ヨツバヒヨドリを含むヒヨドリバナの花言葉は、「清楚」、「期待」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)