【ヒヨドリバナのまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等6個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ヒヨドリバナについてまとめていきたいと思います。

 

ヒヨドリバナはキク科の多年草で、林道の脇や草原などに自生しています。

ヒヨドリが鳴く頃に開花することから名前がつけられました。

 

今回は、ヒヨドリバナについてのポイント、

①ヒヨドリバナの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ヒヨドリバナの画像(写真)!特徴は?葉や花はどんな感じ?
③ヒヨドリバナの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ヒヨドリバナが感染するウィルスって?
⑤ヒヨドリバナに似た花は何がある?フジバカマ、サワヒヨドリとの違いは?
⑥ヒヨドリバナの花言葉はなに?

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはヒヨドリバナの育て方からお伝えします!

 

ヒヨドリバナの育て方は?

 

ヒヨドリバナを育てるには、庭植えか花壇に植え込むのがおすすめです。

植え付けは春先の3月から4月株ごと植えるようにしましょう。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ヒヨドリバナが好む環境についてお伝えします!

 

ヒヨドリバナの育て方!環境はどうする?

 

ヒヨドリバナの好む環境は、日あたりの良い場所です。

日陰などに植えると花付きが悪くなるので、日光の当たりやすい場所を選ぶようにしましょう。

 

次は、ヒヨドリバナに適した用土についてお伝えします!

 

ヒヨドリバナを育てる際の適した用土は何?

 

ヒヨドリバナに適した用土は、保水力があり水はけの良い土です。

庭植えや花壇には、腐葉土を庭土に混ぜてから植え込むようにしてください。

 

次は、ヒヨドリバナに必要な肥料についてお伝えします!

 

ヒヨドリバナの育て方!肥料はどうする?

 

ヒヨドリバナの肥料は、3月から5月までに緩効性化成肥料を施すようにしましょう。

 

元肥として植え付け時に使っても良いでしょう。

追肥の必要はありません。

 

では次は、ヒヨドリバナの水やりポイントについてお伝えします!

 

ヒヨドリバナを育てる際の水の量はどうする?

 

ヒヨドリバナの水やりは、降雨だけでも充分に育ちます。

もし、日照りが続くようなら水やりするようにしましょう。

 

以上で基本的なヒヨドリバナの育て方については終わりです。

次はヒヨドリバナの写真をお見せします!

 

ヒヨドリバナの画像(写真)!特徴は?葉や花はどんな感じ?

 

 

こちらがヒヨドリバナの写真です。

 

ヒヨドリバナはキク科の多年草で草丈は1mから2m大きな植物です。

花は茎の先から総苞が房のように付き、桃色の筒状の花を咲かせます。

 

葉は卵に似た形をしており、長さが10cmから18cmほどあり、良くみると縮れた毛が生えていますよ。

 

次に、ヒヨドリバナの開花時期をお伝えします!

 

ヒヨドリバナの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ヒヨドリバナの開花時期は、夏から秋の8月から10月です。

秋空に咲くヒヨドリバナの群生は艶やかできれいですよ。

 

次は、ヒヨドリバナが感染するウィルスをお伝えします!

 

ヒヨドリバナが感染するウィルスって?

 

 

ヒヨドリバナはしばしばウイルスに感染することがあります。

 

ウィルスはジェミニウィルスと呼ばれ、コナジラミから媒介されて葉が感染します。

ジェミニウィルスに感染した葉は、葉の模様がくっきり浮き立つ様に黄色く変色してしまいやがて枯れてしまいます。

 

ジェミニウィルスに感染したヒヨドリバナは古くから見られ、万葉集にも葉が黄色く変色したヒヨドリバナを読んだ歌が残されているそうです。

 

次に、ヒヨドリバナに似た花をお伝えします!

 

ヒヨドリバナに似た花は何がある?フジバカマ、サワヒヨドリとの違いは?

 

ヒヨドリバナに似た花には、フジバカマサワヒヨドリがあります。

 

ヒヨドリバナとの違いとしては、

フジバカマは、草丈は1mから1.5mと短く地下茎を伸ばして成長することが特徴で淡い深紅色を帯びた白の小さな花を付けます。

花弁の形が袴の様に見えることからフジバカマ(藤袴)と名付けられています。

 

サワヒヨドリは草丈が40cmから80cmと小さく、湿原などの湿度の高い場所に自生しており、濃い暗紅紫色の花を付け、筒状の花の先が2つから3つに分かれることが特徴です。

 

違いを見比べてみるとまた違った発見があると思います。

 

それでは最後に、ヒヨドリバナの花言葉をお伝えします!

 

ヒヨドリバナの花言葉はなに?

 

 

ヒヨドリバナの花言葉には、

「清楚」

「期待」

「延期」

という意味があります。

 

開花するのが秋と遅く、清楚な花を期待していたのに春ではなく秋迄延期ということなのでしょうか。

気長に清楚な花(人)を待ってみるのも良いということかもしれませんね。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ヒヨドリバナのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ヒヨドリバナの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ヒヨドリバナを育てるには、庭植えか花壇に植え込むのがおすすめです。植え付けは春先の3月から4月に株ごと植えるようにしましょう。

好む環境は、日あたりの良い場所です。

適した用土は、保水力があり水はけの良い土です。庭植えや花壇には、腐葉土を庭土に混ぜてから植え込むようにしてください。

肥料は、3月から5月までに緩効性化成肥料を施すようにしましょう。

水やりは、降雨だけでも充分に育ちます。

 

②ヒヨドリバナの画像(写真)!特徴は?葉や花はどんな感じ?

ヒヨドリバナはキク科の多年草で花は茎の先から総苞が房のように付き、桃色の筒状の花を咲かせます。

葉は卵に似た形をしており、長さが10cmから18cmほどあり、良くみると縮れた毛が生えていますよ。

 

③ヒヨドリバナの開花時期や季節はいつ頃なの?

ヒヨドリバナの開花時期は、夏から秋の8月から10月です。

 

④ヒヨドリバナが感染するウィルスって?

ウィルスはジェミニウィルスと呼ばれ、コナジラミから媒介されて葉が感染します。

ジェミニウィルスに感染した葉は、葉の模様がくっきり浮き立つ様に黄色く変色してしまいやがて枯れてしまいます。

 

⑤ヒヨドリバナに似た花は何がある?フジバカマ、サワヒヨドリとの違いは?

フジバカマは、草丈は1mから1.5mと短く地下茎を伸ばして成長することが特徴で淡い深紅色を帯びた白の小さな花を付けます。

サワヒヨドリは草丈が40cmから80cmと小さく、濃い暗紅紫色の花を付け、筒状の花の先が2つから3つに分かれることが特徴です。

 

⑥ヒヨドリバナの花言葉はなに?

ヒヨドリバナの花言葉には、「清楚」「期待」「延期」という意味があります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)