【シュッコンカスミソウのまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等6個のポイント!

⬇︎⬇︎今なら11月30日まで初回限定送料無料のキャンペーン中!!(クーポンコード[WNTR2020])⬇︎⬇︎






 

みなさんこんにちは。

今回は、シュッコンカスミソウについてまとめていきたいと思います。

 

シュッコンカスミソウは、ナデシコ科カスミソウ属に属しています。

地中海・中央アジア・シベリア原産の耐寒性多年草です。

 

今回は、シュッコンカスミソウについてのポイント、

①シュッコンカスミソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②シュッコンカスミソウの画像(写真)!特徴は?
③シュッコンカスミソウの開花時期や季節はいつ頃なの?
④シュッコンカスミソウの種まき時期と種まきのポイントは?
⑤シュッコンカスミソウの花言葉はなに?
⑥シュッコンカスミソウの種類や品種は何があるの?

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはシュッコンカスミソウの育て方からお伝えします!

 

シュッコンカスミソウの育て方は?

 

カスミソウには、一年草と品種と宿根草の品種があります。

シュッコンカスミソウは宿根草のグループに入ります。

 

フラワーアレンジメントでも大人気のシュッコンカスミソウ。

バラやカーネーションなどともよく合うので重宝されていますね。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、シュッコンカスミソウが好む環境についてお伝えします!

 

シュッコンカスミソウの育て方!環境はどうする?

 

シュッコンカスミソウは、日当たりがよく、水はけがよい場所を好みます。

 

寒さには強いですが、暑さには弱いという特徴があります。

やや乾燥気味の痩せた土地の方がよく育つ傾向にあるようです。

 

風通しにも留意し、アブラムシ立枯病に気を付けましょう。

 

次は、シュッコンカスミソウに適した用土についてお伝えします!

 

シュッコンカスミソウを育てる際の適した用土は何?

 

シュッコンカスミソウは、酸性土壌と加湿を嫌います。

 

庭植えの場合は、植える二週間前に苦土石灰をまいて土を耕しておきましょう。

 

鉢植えの場合は、赤玉土(小粒)8:腐葉土2の割合で配合した土を用意しましょう。

もしくは、市販の腐葉土にパーライトを1割程混ぜたものでも大丈夫です。

 

次は、シュッコンカスミソウに必要な肥料についてお伝えします!

 

シュッコンカスミソウの育て方!肥料はどうする?

 

植付けの時に元肥として緩効性化成肥料を施します。

多肥は、枝が間延びしたり花が咲きにくくなったりするので注意しましょう。

 

では次は、シュッコンカスミソウの水やりポイントについてお伝えします!

 

シュッコンカスミソウを育てる際の水の量はどうする?

 

シュッコンカスミソウを育てる際の水やりは、庭植えの場合は降雨のみで十分です。

鉢植えの場合は、土が乾いてからあげましょう。

 

水をあげすぎると根腐れを起こしてしまうので注意しましょう。

 

以上で基本的なシュッコンカスミソウの育て方については終わりです。

次はシュッコンカスミソウの写真をお見せします!

 

シュッコンカスミソウの画像(写真)!特徴は?

 

 

シュッコンカスミソウは、とても細く多方に分かれて伸びる枝の先に、白またはピンクの花びらを重ねた花が咲きます。

花の大きさは1cm程で、小さな花をたくさん咲かせた様子は、まるでファンタジーの世界でフワフワと粉雪が舞っているようです。

 

茎と葉は緑色で、草丈は1.2mほどまでに成長します。

 

次に、シュッコンカスミソウの開花時期をお伝えします!

 

シュッコンカスミソウの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

シュッコンカスミソウの開花時期は、6~8月(夏)です。

 

シュッコンカスミソウは、ブーケや仏花などに使用する切り花としての需要が高いお花です。

本来は6月~8月が開花季節とされていますが、現在は開花調整技術が確立されていて、通年市場に供給されています。

 

次は、シュッコンカスミソウの種まき時期と種まきのポイントをお伝えします!

 

シュッコンカスミソウの種まき時期と種まきのポイントは?

 

シュッコンカスミソウの種まき時期は、暖地で9月~10月、寒地で3月中旬~5月中旬です。

 

種まき用土やバーミキュライトを準備し、育苗ポットに4~5粒づつ種をまきます。

あるいは、ピートバンに種が重ならないようにまきましょう。

 

軽く覆土し、種が流れてしまわないように優しく水を与えます。

その後7~10日で発芽します。

 

発芽温度は20℃前後です。

 

発芽したらよく日に当て、苗が込み合ってきたら間引きをしましょう。

その後本葉が4~5本まで成長したら、鉢や庭へ定植させます。

 

次に、シュッコンカスミソウの花言葉をお伝えします!

 

シュッコンカスミソウの花言葉はなに?

 

白いシュッコンカスミソウの花言葉は、「無邪気」「清らかな心」です。

ピンクのシュッコンカスミソウの花言葉は、「切なる願い」「感激」です。

 

白の花の花言葉には純粋なイメージがあります。

ピンクの花の花言葉には、願い事があったりそれが叶った時の気持ちがあらわされているんですね。

 

それでは最後に、シュッコンカスミソウの種類や品種をお伝えします!

 

シュッコンカスミソウの種類や品種は何があるの?

 

シュッコンカスミソウの切り花用品種の90%を、ブリストル・フェアリーが占めています。

ブリストル・フェアリーは、白色で花びらが八重の品種です。

 

ブリストル・フェアリーを品種改良したものに、ブランシー・ニューフェース・ビッグベンがあります。

ピンク色の品種は非常に少なく、レッド・シー、フラミンゴといった品種があります。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

シュッコンカスミソウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①シュッコンカスミソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)

シュッコンカスミソウは、日当たりがよく、水はけがよい場所を好みます。

寒さには強いですが、暑さには弱いという特徴があります。

やや乾燥気味の痩せた土地の方がよく育つ傾向にあるようです。

風通しにも留意し、アブラムシや立枯病に気を付けましょう。

シュッコンカスミソウは、酸性土壌と加湿を嫌います。

市販の腐葉土にパーライトを1割程混ぜたものでも大丈夫です。

肥料は、植付けの時に元肥として緩効性化成肥料を施します。

水やりは、庭植えの場合は降雨のみで十分です。

水をあげすぎると根腐れを起こしてしまうので注意しましょう。

 

②シュッコンカスミソウの画像(写真)!特徴は?

シュッコンカスミソウは、とても細く多方に分かれて伸びる枝の先に、白またはピンクの花びらを重ねた花が咲きます。

花の大きさは1cm程です。

茎と葉は緑色で、草丈は1.2mほどまでに成長します。

 

③シュッコンカスミソウの開花時期や季節はいつ頃なの?

シュッコンカスミソウの開花時期は、6~8月(夏)です。

 

④シュッコンカスミソウの種まき時期と種まきのポイントは?

シュッコンカスミソウの種まき時期は、暖地で9月~10月、寒地で3月中旬~5月中旬です。

種まき用土やバーミキュライトを準備し、育苗ポットに4~5粒づつ種をまきます。

あるいは、ピートバンに種が重ならないようにまきましょう。

軽く覆土し、種が流れてしまわないように優しく水を与えます。

その後7~10日で発芽します。

発芽温度は20℃前後で、発芽したらよく日に当て、苗が込み合ってきたら間引きをしましょう。

その後本葉が4~5本まで成長したら、鉢や庭へ定植させます。

 

⑤シュッコンカスミソウの花言葉はなに?

白いシュッコンカスミソウの花言葉は、「無邪気」「清らかな心」です。

ピンクのシュッコンカスミソウの花言葉は、「切なる願い」「感激」です。

 

⑥シュッコンカスミソウの種類や品種は何があるの?

シュッコンカスミソウの切り花用品種の90%を、ブリストル・フェアリーが占めています。
ブリストル・フェアリーを品種改良したものに、ブランシー・ニューフェース・ビッグベンがあります。

ピンク色の品種は非常に少なく、レッド・シー、フラミンゴといった品種があります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)