【ヤマホタルブクロのまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等5個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ヤマホタルブクロについてまとめていきたいと思います。

 

ヤマホタルブクロは、キキョウ科ホタルブクロ属に属しています。

東北南部から近畿東部に分布する、日本・中国・朝鮮半島・シベリア原産の耐寒性多年草です。

 

今回は、ヤマホタルブクロについてのポイント、

①ヤマホタルブクロの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ヤマホタルブクロの画像(写真)!特徴は?
③ヤマホタルブクロの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ヤマホタルブクロの花言葉はなに?
⑤ヤマホタルブクロとホタルブクロの違いはなに?

 

以上5個の点についてお伝えします。

まずはヤマホタルブクロの育て方からお伝えします!

 

ヤマホタルブクロの育て方は?

 

ヤマホタルブクロの名の由来は、花の形が提灯に似ていて、火垂(ホタル)から名付けられたという説や、花にホタルを入れて遊んだ事からという説があります。

 

初夏のさわやかな高原で、紫色の細長い提灯のような花をたくさん咲かせている姿がとても印象的ですね。

意外なことに、若葉や若芽・花は食用になるようですよ。

 

丈夫であまり手がかからず、育てやすいとされています。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ヤマホタルブクロが好む環境についてお伝えします!

 

ヤマホタルブクロの育て方!環境はどうする?

 

ヤマホタルブクロは、日なたもしくは明るい日陰で育てましょう。

鉢植えの場合は、盛夏の季節のみ明るい日陰に移動し、風通しの良い環境で管理しましょう。

 

次は、ヤマホタルブクロに適した用土についてお伝えします!

 

ヤマホタルブクロを育てる際の適した用土は何?

 

ヤマホタルブクロを育てる際の用土は、赤玉土・桐生砂・富士砂を等分に配合した土などが良いでしょう。

鉢植えする場合は、鉢底にゴロ土を敷きます。

 

次は、ヤマホタルブクロに必要な肥料についてお伝えします!

 

ヤマホタルブクロの育て方!肥料はどうする?

 

肥料は、リン酸が多めの固形の緩効性肥料を、根に触れないように一つまみか二つまみ入れます。

夏と冬を除いた季節には、月に2~3回液肥を水代わりに与えると良いでしょう。

 

ヨトウムシなどの害虫や病気を避ける為に、定期的に薬剤を散布すると安心です。

 

では次は、ヤマホタルブクロの水やりポイントについてお伝えします!

 

ヤマホタルブクロを育てる際の水の量はどうする?

 

水やりは、庭植えの場合は不要です。

 

鉢植えの場合は、表面が乾いてから水やりしましょう。

 

真夏は夕方に鉢とその周りにたっぷり水を与えます。

それ以外の季節は、朝に行いましょう。

 

少し乾き気味に育てると、伸びすぎを避けることが出来ます。

 

以上で基本的なヤマホタルブクロの育て方については終わりです。

次はヤマホタルブクロの写真をお見せします!

 

ヤマホタルブクロの画像(写真)!特徴は?

 

 

ヤマホタルブクロは、高さ30~60cmになる茎の先に、長さ4~5cmの大きな釣り鐘型の花が咲きます。

 

花の色は、白・赤紫・淡紅色のものがあります。

 

茎は互生し、葉は、長さ5~8cmの丸みを帯びた細長い三角形をしています。

葉の縁にはギザギザが入り、色は緑色です。

 

細い茎の先に、提灯型の花が一つ二つ咲く姿はとても日本らしく情緒がありますね。

 

次に、ヤマホタルブクロの開花時期をお伝えします!

 

ヤマホタルブクロの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ヤマホタルブクロの開花時期は、5月末~7月(初夏~夏)です。

 

ヤマホタルブクロは夏の高原の散歩の楽しみですね。

上高地の標高1,500m付近では、夏に梓川河畔や上高地温泉の辺りなど、色々な場所でヤマホタルブクロを見ることが出来ます。

 

避暑地で花を楽しむ休暇もまた、素敵な夏の過ごし方ですね。

 

次は、ヤマホタルブクロの花言葉をお伝えします!

 

ヤマホタルブクロの花言葉はなに?

 

ヤマホタルブクロの花言葉は、「忠実」「激しい束縛」です。

由来は定かではないのですが、どこか生真面目で強い印象を与えたのでしょうか。

 

それでは最後に、ヤマホタルブクロとホタルブクロの違いをお伝えします!

 

ヤマホタルブクロとホタルブクロの違いはなに?

 

ヤマホタルブクロとホタルブクロの違いは花の萼片の形です。

ヤマホタルブクロの萼片は膨らんでいるのに対し、ホタルブクロの萼片は反り返っています。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ヤマホタルブクロのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ヤマホタルブクロの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ヤマホタルブクロは、日なたもしくは明るい日陰で育てましょう。

鉢植えの場合は、盛夏の季節のみ明るい日陰に移動し、風通しの良い環境で管理します。

用土は、赤玉土・桐生砂・富士砂を等分に配合した土などが良いでしょう。

鉢植えする場合は、鉢底にゴロ土を敷きます。

肥料は、リン酸が多めの固形の緩効性肥料を、根に触れないように一つまみか二つまみ入れます。

夏と冬を除いた季節には、月に2~3回液肥を水代わりに与えると良いでしょう。

ヨトウムシなどの害虫や病気を避ける為に、定期的に薬剤を散布すると安心です。

水やりは、庭植えの場合は不要です。

鉢植えの場合は、表面が乾いてから水やりしましょう。

真夏は夕方に鉢とその周りにたっぷり水を与えます。

それ以外の季節は、朝に行いましょう。

 

②ヤマホタルブクロの画像(写真)!特徴は?

ヤマホタルブクロは、高さ30~60cmになる茎の先に、長さ4~5cmの大きな釣り鐘型の花が咲きます。

花の色は、白・赤紫・淡紅色のものがあります。

茎は互生し、葉は、長さ5~8cmの丸みを帯びた細長い三角形をしています。

葉の縁にはギザギザが入り、色は緑色です。

 

③ヤマホタルブクロの開花時期や季節はいつ頃なの?

ヤマホタルブクロの開花時期は、5月末~7月(初夏~夏)です。

 

④ヤマホタルブクロの花言葉はなに?

ヤマホタルブクロの花言葉は、「忠実」「激しい束縛」です。

 

⑤ヤマホタルブクロとホタルブクロの違いはなに?

ヤマホタルブクロとホタルブクロの違いは花の萼片の形です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)