【ミヤマエンレイソウのまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等5個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ミヤマエンレイソウについてまとめていきたいと思います。

 

ミヤマエンレイソウはユリ科の植物で、日本在来種になります。

北海道から九州まで全国的に分布し、湿り気のある森林に自生しています。

 

名前は、中国の方で薬草として用いられていたことが由来となっている延齢草の中で山地でみられる種類のため深山延齢草と呼ばれています。

学名は「Trillium tschonoskii」といいます。

 

今回は、ミヤマエンレイソウについてのポイント、

①ミヤマエンレイソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ミヤマエンレイソウの画像(写真)!特徴は?
③ミヤマエンレイソウの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ミヤマエンレイソウの花言葉はなに?
⑤ミヤマエンレイソウの種類や品種は何があるの?

 

以上5個の点についてお伝えします。

まずはミヤマエンレイソウの育て方からお伝えします!

 

ミヤマエンレイソウの育て方は?

 

ミヤマエンレイソウは育てるのが難しく、暑さに弱いですが日照が必要であること、乾燥には弱いが過湿にならないように注意が必要です。

また、冬の時期は凍結に弱く、風にも弱いため対策が必要です。

 

植え替えは2~3年に一度行う程度で大丈夫です。

種から育てる際は、開花まで5年ほどかかるため丁寧な管理が必要です。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ミヤマエンレイソウが好む環境についてお伝えします!

 

ミヤマエンレイソウの育て方!環境はどうする?

 

ミヤマエンレイソウを育てる際は、日当たりが良い場所で管理します。

ただし、日差しが強い夏の時期は木陰になるような場所に移動して、乾燥から守れる場所で育てると良いです。

 

次は、ミヤマエンレイソウに適した用土についてお伝えします!

 

ミヤマエンレイソウを育てる際の適した用土は何?

 

ミヤマエンレイソウを育てる際は、水はけが良い用土を使用します。

市販のエビネ培養土や鹿沼土を主体として赤玉土やベラボンを混ぜ込んで排水性に富んだ用土がオススメです。

 

次は、ミヤマエンレイソウに必要な肥料についてお伝えします!

 

ミヤマエンレイソウの育て方!肥料はどうする?

 

ミヤマエンレイソウを育てる際は、肥料は多めに与えます。

与える時期としては、芽出しの時期と花後に緩効性の肥料を与えます。

 

では次は、ミヤマエンレイソウの水やりポイントについてお伝えします!

 

ミヤマエンレイソウを育てる際の水の量はどうする?

 

ミヤマエンレイソウを育てる際は、過湿に弱いため与えすぎないように注意が必要です。

 

鉢土の表面が乾いてきたら水を与えます。

また、休眠の時期も鉢内が乾ききらない程度に水やりをする必要があります。

 

以上で基本的なミヤマエンレイソウの育て方については終わりです。

次はミヤマエンレイソウの写真をお見せします!

 

ミヤマエンレイソウの画像(写真)!特徴は?

 

 

ミヤマエンレイソウは5cmのほどの白い花をつけ、横向きから下向きに咲きます。

 

花は、緑色で3枚の外花被片と白色で3枚の内花被片からなります。

 

葉は10cmほどで、茎先に3枚輪生し、卵状菱形で葉の縁や先端は尖ります。

果実は2cmほどの球状で、熟すと緑色になります。

 

ミヤマエンレイソウはアルカロイドを含む有毒植物であるため、間違っても食べないように注意が必要です。

 

次に、ミヤマエンレイソウの開花時期をお伝えします!

 

ミヤマエンレイソウの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ミヤマエンレイソウの開花時期は、春(4~6月)です。

ミヤマエンレイソウは、白くて大きい内花被片が特徴的で、よく目立ちます。

 

次は、ミヤマエンレイソウの花言葉をお伝えします!

 

ミヤマエンレイソウの花言葉はなに?

 

ミヤマエンレイソウの花言葉は「奥ゆかしい心」です。

花言葉の由来は、緑色の葉の中心に咲く白色の花が美しさに由来しているようです。

 

それでは最後に、ミヤマエンレイソウの種類や品種をお伝えします!

 

ミヤマエンレイソウの種類や品種は何があるの?

 

ミヤマエンレイソウの種類には「エゾミヤマエンレイソウ 」「ムラサキエンレイソウ」などがあります。

 

エゾミヤマエンレイソウは、子房全体が紫色をしているのが特徴です。

ムラサキエンレイソウは、花色がピンク〜紫色をしているのが特徴です。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ミヤマエンレイソウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ミヤマエンレイソウの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ミヤマエンレイソウを育てる際は、日当たりが良い場所で管理します。

育てる際の用土は、水はけが良いものを使用します。

育てる際の肥料は多めに与え、芽出しの時期と花後に緩効性の肥料を与えます。

育てる際は、過湿に弱いため与えすぎないように注意が必要です。

与えるタイミングとしては、鉢土の表面が乾いてきたら水を与えます。

 

②ミヤマエンレイソウの画像(写真)!特徴は?

ミヤマエンレイソウは5cmのほどの白い花をつけ、横向きから下向きに咲きます。

花は、緑色で3枚の外花被片と白色で3枚の内花被片からなります。

葉は10cmほどで、茎先に3枚輪生し、卵状菱形で葉の縁や先端は尖ります。

 

③ミヤマエンレイソウの開花時期や季節はいつ頃なの?

ミヤマエンレイソウの開花時期は、春(4~6月)です。

 

④ミヤマエンレイソウの花言葉はなに?

ミヤマエンレイソウの花言葉は「奥ゆかしい心」です。

 

⑤ミヤマエンレイソウの種類や品種は何があるの?

ミヤマエンレイソウの種類には「エゾミヤマエンレイソウ 」「ムラサキエンレイソウ」などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)