【バイカツツジのまとめ!】育て方や販売価格等4個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、バイカツツジについてまとめていきたいと思います。

 

バイカツツジは「ツツジ科」の「ツツジ属」です。

学名は「Rhododendron semibarbatum」で漢字では「梅花躑躅」と書きます。

 

花が小さく白いのが特徴で、梅の花に例えられたのが由来と言われています。

 

今回は、バイカツツジについてのポイント、

①バイカツツジの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②バイカツツジの花の画像(写真)!
③バイカツツジの開花時期や季節はいつ頃なの?
④バイカウツギの販売価格はいくらぐらいなの?

 

以上4つの点についてお伝えします。

まずはバイカツツジの育て方からお伝えします!

 

バイカツツジの育て方は?

 

バイカツツジは、高さ2メートルほどの落葉低木です。

 

北海道から九州まで全国で見られます。

暑さや寒さにも強く、比較的容易に育てることが可能です。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、バイカツツジが好む環境についてお伝えします!

 

バイカツツジの育て方!環境はどうする?

 

暑さにも寒さにも耐性のあるバイカツツジですが、

日光はなるべく半日陰や落葉樹の陰に隠れるような場が適しています。

 

元々落葉低木なので、日の光が強く当たるのに慣れていないためです。

 

次は、バイカツツジに適した用土についてお伝えします!

 

バイカツツジを育てる際の適した用土は何?

 

バイカツツジは、水はけの良い酸性土壌を好みます。

なるべく乾燥する場所は避けましょう。

 

もしくは、マルチングなどで株元を覆うと乾燥を防ぎやすくなります。

 

次は、バイカツツジに必要な肥料についてお伝えします!

 

バイカツツジの育て方!肥料はどうする?

 

バイカツツジは育てるのが比較的容易なため、特に肥料は必要ありません。

強いてやるとすれば、寒気、花後、秋のタイミングで有機質の肥料を株元に施すと良いでしょう。

 

では次は、バイカツツジの水やりポイントについてお伝えします!

 

バイカツツジを育てる際の水の量はどうする?

 

バイカツツジは乾燥に弱いので、水はたっぷりと与えるようにしましょう。

 

秋〜春にかけては表面が乾燥したら水やりのタイミングです。

夏は朝と夕方のタイミングで葉にもかかるようにあげれば万全です。

 

以上で基本的なバイカツツジの育て方については終わりです。

次はバイカツツジの写真をお見せします!

 

バイカツツジの花の画像(写真)!

 

バイカツツジの写真はこちらです!

 

 

梅の花に例えられるだけあって綺麗で可愛らしい白色ですよね。

 

小さく見落としてしまいそうですが、

ふと足を止めて見ると心まで鮮やかになったような気持ちになります。

 

次に、バイカツツジの開花時期をお伝えします!

 

バイカツツジの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

バイカツツジは6〜7月頃に開花し、満開となります。

 

梅雨の時期や初夏の季節にぴったりな、

白の色合いも綺麗なのでぜひ探してみてください。

 

最後に、バイカツツジの販売価格をお伝えします!

 

バイカツツジの販売価格はいくらぐらいなの?

 

バイカツツジはポット苗で9センチ〜で値段も1200円〜が価格帯です。

 

また規模が大きく0.6m、10.5cmポットで2000円〜も販売されているので、

どの程度の大きさまで育てたいかを考慮して買うのがいいですね。

 

2m程度にはなるのでベランダや庭の広さなどに合わせてアレンジしてください。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

バイカツツジのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは4つありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①バイカツツジの育て方(環境、土、肥料、水やり)

バイカツツジは比較的容易に育てられます。

全国各地で見られるため、暑さ、寒さにも強いです。

ただし乾燥には弱いので、水はたっぷりを与えるようにしましょう。

日光に関しても、半日陰にするか落葉樹の陰に隠れるとより良いでしょう。

 

②バイカツツジの花の画像(写真)!

 

花弁が5枚の、梅の花の形に似たツツジです。

 

③バイカツツジの開花時期や季節はいつ頃なの?

バイカツツジは、6〜7月ごろに開花し、満開となります。

初夏の季節の散策にぜひ探してみてくださいね。

 

④バイカウツギの販売価格はいくらぐらいなの?

小さいサイズだと1200円程度〜購入可能です。

大きめのサイズでも2000円程度とそこまで差がないので、ベランダや庭の広さに合わせて購入すると良いでしょう。

大きさは2m程度になります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)