【リムナンテスのまとめ!】育て方(種まきや苗の植え付け)と花言葉等6個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、リムナンテスについてまとめていきたいと思います。

 

リムナンテスはリムナンテス科の植物で、アメリカが原産の植物です。

草原や牧草地など湿った環境に自生しています。

 

名前は、この植物が沼地などに生育することから、ギリシア語で「沼」という意味の「limne」と「花」という意味の「anthos」が由来となっているようです。

学名は「Limnanthes douglasii」といいます。

 

今回は、リムナンテスについてのポイント、

①リムナンテスの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②リムナンテスの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?
③リムナンテスの開花時期や季節はいつ頃なの?
④リムナンテスの苗の植え付けのポイントは?
⑤リムナンテスの種まき時期と種まきのポイントは?
⑥リムナンテスの花言葉はなに?

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはリムナンテスの育て方からお伝えします!

 

リムナンテスの育て方は?

 

リムナンテスを育てる際は、乾燥に注意して管理します。

 

耐寒性に強い植物のため、冬も屋外で育てることは可能ですが、霜の被害が心配な場合は霜よけを行います。

枯れた花を放置しておくと種作りに栄養を取られてしまうため、花がらはこまめに摘み取ると長期間花が咲き続けます。

 

移植が苦手な植物であるため、基本的には直まきをします。

どうしても箱まきにする場合は、早めの定植を行います。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、リムナンテスが好む環境についてお伝えします!

 

リムナンテスの育て方!環境はどうする?

 

リムナンテスを育てる場合は、日当たりが良い場所で管理します。

また、株が成長すると隣同士が密生し蒸れて枯れてしまう原因になるため、風通しの良い場所に置くことをオススメします。

 

次は、リムナンテスに適した用土についてお伝えします!

 

リムナンテスを育てる際の適した用土は何?

 

リムナンテスを育てる際は、水はけのよい用土を使用します。

 

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土または赤玉土2:腐葉土1の割合で混ぜたものを使用します。

庭植えの場合は、植えつけ前に1㎡あたり100gほど石灰と庭土を混ぜて水はけのよい環境を整えます。

 

次は、リムナンテスに必要な肥料についてお伝えします!

 

リムナンテスの育て方!肥料はどうする?

 

リムナンテスを育てる際は、あまり多くの肥料は必要ありません。

 

庭植えの場合は、植え付けの際に緩効性肥料を与えます。

鉢植えの場合は、植え付けの際に緩効性肥料を与え、暖かくなってきたら月に2回程度液肥を与えます。

 

では次は、リムナンテスの水やりポイントについてお伝えします!

 

リムナンテスを育てる際の水の量はどうする?

 

リムナンテスは水切れに弱く、過湿を好みません。

 

水の与えすぎには注意しつつ、水切れさせないように管理します。

鉢植えの場合は、表面の土が白く乾燥してきたら水を与えます。

 

庭植えの場合は、極端に乾燥しない限りは自然の降雨のみで大丈夫です。

 

以上で基本的なリムナンテスの育て方については終わりです。

次はリムナンテスの写真をお見せします!

 

リムナンテスの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

 

 

リムナンテスの花は、中心が黄色で花の縁が白色と特徴的です。

 

花径は3cmほどで、花弁の先がハート型に割れている5弁花です。

株元から多数の茎を出し枝分かれするため、生い茂ったような姿になります。

 

葉は互生してつき、細かく切れ込みがあります。

 

次に、リムナンテスの開花時期をお伝えします!

 

リムナンテスの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

リムナンテスの花期は春(4~5月)です。

この植物は花の色が黄色と白で、上から見ると卵のように見えるのが特徴的です。

 

次は、リムナンテスの苗の植え付けのポイントをお伝えします!

 

リムナンテスの苗の植え付けのポイントは?

 

庭植えの際は、株が横に広がるため株間は20cmほど空けて植え付けます。

鉢植えの場合は、株の成長が早いためポットに根が回ったら早めに定植します。

 

次に、リムナンテスの種まき時期と種まきのポイントをお伝えします!

 

リムナンテスの種まき時期と種まきのポイントは?

 

リムナンテスの種まきは9~10月に行います。

 

植え付けの際は種子がしっかりと隠れるように覆土します。

移植に弱い植物であるため、直まきあるいはポット苗に蒔いて間引く方法がオススメです。

 

それでは最後に、リムナンテスの花言葉をお伝えします!

 

リムナンテスの花言葉はなに?

 

リムナンテスの花言葉は「愉快な気分」です。

 

花言葉”愉快な気分”は、リムナンテスの花のいろが明るく、見ている人を陽気な気分にしてくれることが由来となっているようです。

プレゼントとしてあげるのもとても演技が良いです。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

リムナンテスのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①リムナンテスの育て方(環境、土、肥料、水やり)

リムナンテスを育てる場合は、日当たりが良い場所で管理します。

育てる際の用土は、水はけのよいものを使用します。

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土または赤玉土2:腐葉土1の割合で混ぜたものがオススメです。

育てる際の肥料は、あまり多く必要ありません。

植え付けの際に緩効性肥料を与えます。

リムナンテスは水切れに弱く、過湿を好まないためこまめな管理が必要です。

 

②リムナンテスの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

リムナンテスの花は、中心が黄色で花の縁が白色と特徴的です。

花径は3cmほどで、花弁の先がハート型に割れている5弁花です。

 

③リムナンテスの開花時期や季節はいつ頃なの?

リムナンテスの花期は春(4~5月)です。

 

④リムナンテスの苗の植え付けのポイントは?

庭植えの際は、株が横に広がるため株間は20cmほど空けて植え付けます。

鉢植えの場合は、株の成長が早いためポットに根が回ったら早めに定植します。

 

⑤リムナンテスの種まき時期と種まきのポイントは?

リムナンテスの種まきは9~10月に行います。

植え付けの際は種子がしっかりと隠れるように覆土します。

 

⑥リムナンテスの花言葉はなに?

リムナンテスの花言葉は「愉快な気分」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)