フェイジョアの育て方!実の味や花言葉など8つのポイント!








フェイジョアは、亜熱帯地域原産の主にニュージーランドで栽培されている果実です。

 

 

甘い香りの果実は南国を思わせます。

初夏に咲く花は、白と赤のコントラストがとても美しい花です。

 

また、果実だけではなく花も食べられ、エディブルフラワーとして使われます。

違う品種をいくつか一緒に育てることで、実がつきやすくなりますよ。

 

今回はフェイジョアについてのポイント、

①フェイジョアの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②フェイジョアの剪定方法
③フェイジョアを鉢植えで育てるポイント
④フェイジョアを地植えで育てるポイント
⑤フェイジョアの挿し木のやり方
⑥フェイジョアの味
⑦フェイジョアの花言葉
⑧フェイジョアの品種

 

以上8つの点についてお伝えします。

まずはフェイジョアの育て方から見て行きましょう。

 

フェイジョアの育て方は?

 

フェイジョアは、南国原産の育てやすい常緑低木です。

 

 

フェイジョアは大木になるものではなく、垣根の代わりにもなります。

 

スペースがあれば植えておきたい果樹ですね。

最初は、フェイジョアが好む環境についてお伝えします!

 

スポンサーリンク

フェイジョアの育て方!環境はどうする?

 

 

フェイジョアは年間を通して日当たりの良い場所で育てましょう。

真夏はマルチングという方法で育てます。

 

日光が根元に当たりすぎて乾燥してに根をいためてしまわないように、根本に腐葉土やワラを敷いて水分の蒸発を防ぎます。

これをマルチングといいます。

 

次は、フェイジョアに適した用土についてお知らせします!

 

フェイジョアを育てる際の適した用土は何?

 

フェイジョアは水はけと水持ちの良い用土を好みます。

 

市販の園芸用の培養土を使っても良いですし、赤玉土、腐葉土、川砂を配合したものを使っても良いです。

基本的にフェイジョアは土をあまり選ばない植物です。

 

次は、フェイジョアに必要な肥料についてお伝えします!

 

フェイジョアの育て方!肥料はどうする?

 

基本的に冬と秋に肥料をやります。

 

3月くらいの新芽が出始めるときと、実の収穫後に緩効性肥料をやります。

花が咲いている時期に緩効性肥料を少し与えます。

 

では次は、フェイジョアの水やりポイントについてお知らせします!

 

フェイジョアを育てる際の水の量はどうする?

 

水をやりすぎると根が腐ります。土が濡れてるときは水はやらなくてよいでしょう。

土が乾いていたら、水をしっかりあげましょう。

 

以上でフェイジョアの育て方については終わりです。

次はフェイジョアの剪定方法について見て行きましょう。

スポンサーリンク

 

フェイジョアの剪定方法はなに?

 

フェイジョアの剪定の時期は、3~4月頃です。

 

 

9月~10月は翌年の花の目が育つ時期なので、剪定しないようにしましょう。

 

植え付け1~2年の幼苗は樹形を整えるために剪定します。

幹から伸びてきた長い枝を3分の1ほどにカットして、枝数を増やします。

 

4~5年たったものは、果実を上手に実らせるために剪定します。

地面から50~60cmほどの枝は全て切り落とします。

地面から出る枝も、切り取ります。

枝の先端は花の咲く芽がつく場所なので、切り落とさないようにしましょう。

 

次はフェイジョアを鉢植えで育てるポイントについてお伝えします!

 

フェイジョアを鉢植えで育てるポイントはなに?

 

フェイジョアの鉢植えは、苗よりも1回り大きな鉢に軽石と土を入れ、植えます。

苗が幼いときは鉢植えで大きくするのがおすすめです。

 

鉢植えは、2~3年に1回3~4月ごろに植え替えをします。

植え替えるときは、ひと回り大きな鉢に、軽石と土を用意しましょう。

水の浸透が遅いと感じたり、鉢底から根が出て来たら植え替えをしてあげましょう。

 

次はフェイジョアを地植えで育てるポイントについてお伝えします!

 

フェイジョアを地植えで育てるポイントはなに?

 

フェイジョアを地植えで育てる場合は、日がよく当たる場所で、複数本違う品種を植え付けましょう。

フェイジョアは同じ品種で受粉させても、実がつきません。

 

 

購入するときは必ず違う品種であることを確かめて購入するようにしましょう

 

また、フェイジョアを植え付ける場所は日当たりが良く、なおかつ水はけのよう場所にしましょう。

ただし、フェイジョアは寒さには強い(耐寒性がある)ので、とても寒い地域で育てるなどという環境でなければ気温を気にする必要はありません。

 

次はフェイジョアの挿し木のやり方について見て行きましょう。

スポンサーリンク

 

フェイジョアの挿し木のやり方は?

 

フェイジョアの挿し木に適した時期は6月下旬~7月上旬です。

春から伸びた若い枝を10cmほどの長さに切り取ります。

 

枝の下の方にある葉を取り除き、1時間ほど水につけておきましょう

川砂や鹿沼土(小粒)を入れたポットに挿して発根するまで、水やりを続けてください。

 

十分に根が生長して、葉っぱも育ってきたら地植えか、1回り大きな鉢に植え替えましょう。

 

次はフェイジョアの味についてお伝えします!

 

フェイジョアの味ってどうなの?

 

フェイジョアの実は、実が熟すると落下します。

 

 

フェイジョアの実の、落下したものを拾っておき、1週間ほど寝かせるとやわらかくなり食べごろになります。

バナナとパイナップルとリンゴを混ぜたような味で、甘い香りがします。

 

次はフェイジョアの花言葉についてお伝えしましょう。

 

フェイジョアの花言葉はなに?

 

フェイジョアの花言葉は、「実りある人生」「情熱に燃える心」「満ち足りた」「豊穣」などです。

フェイジョアの花言葉の次はフェイジョアの品種についてお伝えします!

 

フェイジョアの品種は何がある?

 

フェイジョアは品種が豊富で、30種以上あると言われています。

 

 

しかし、品種によっては果実を実らせるタイプと果実を実らせないタイプがあるので、購入するときは注意して購入してください。

 

果実が実るタイプには「フェイジョア アポロ」「フェイジョアクーリッジ」「フェイジョアトラスク」などの品種があります。

 

  • オススメ記事

アーティチョークの育て方等はこちらをご覧ください。

エケベリアの育て方等はこちらをご覧ください。

ギボウシの育て方等はこちらをご覧ください。

 

フェイジョアのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8つありました。

覚えているでしょうか?1個づつ振り返っていきましょう!

 

①フェイジョアの育て方(環境、土、肥料、水やり)

日当たりの良い環境で育てる。

水はけ、水持ちの良い土を使う。

肥料は基本的に冬と秋にあげること。

 

②フェイジョアの剪定方法

フェイジョアの剪定時期は、3〜4月頃に行う。

1~2年の幼苗は樹形を整えるために剪定する。

4~5年たったものは、果実を上手に実らせるために行う。

 

③フェイジョアを鉢植えで育てるポイント

フェイジョアは2~3年に1回、3~4月ごろに植え替えをする。

 

④フェイジョアを地植えで育てるポイント

フェイジョアを地植えするときは、日がよく当たる場所で、複数本違う品種を植え付ける。

 

⑤フェイジョアの挿し木のやり方

若い枝を10cmほどの長さに切り取り1時間ほど水につけておく。

川砂や鹿沼土(小粒)を入れたポットに挿して発根するまで、水やりを続けましょう。

 

⑥フェイジョアの味

バナナとパイナップルとリンゴを混ぜたような味がする。

 

⑦フェイジョアの花言葉

フェイジョアの花言葉は、「実りある人生」「情熱に燃える心」「満ち足りた」「豊穣」など。

 

⑧フェイジョアの品種

品種によっては果実を実らせるタイプと果実を実らせないタイプがあるので、購入するときは注意する。

「フェイジョア アポロ」「フェイジョアクーリッジ」「フェイジョアトラスク」などの品種がある。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)