【カヤツリグサのまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等7個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、カヤツリグサについてまとめていきたいと思います。

 

カヤツリグサはカヤツリグサ科の植物で、本州全土に分布します。

道端や、空き地などに自生する雑草です。

 

漢字では「蚊帳吊草」と書き、茎を引き裂くと蚊帳を吊ったような四角形を作ることが由来となっているようです。

学名は、「Cyperus microiria」といいます。

 

今回は、カヤツリグサについてのポイント、

①カヤツリグサの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②カヤツリグサの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?
③カヤツリグサの開花時期や季節はいつ頃なの?
④カヤツリグサは水田雑草?駆除したい時のおすすめの除草剤は?
⑤カヤツリグサは食用なの?塊茎とは?
⑥カヤツリグサの花言葉はなに?
⑦カヤツリグサの種類や品種は何があるの?タイガーナッツとは?シラサギカヤツリやパピルスとの違いはなに?

 

以上7個の点についてお伝えします。

まずはカヤツリグサの育て方からお伝えします!

 

カヤツリグサの育て方(栽培)は?

 

カヤツリガサは高温多湿に強く、株が水に浸かっていても枯れることはありません。

耐寒性が弱いため、0℃を下回る場合は室内で管理します。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、カヤツリグサが好む環境についてお伝えします!

 

カヤツリグサの育て方!環境はどうする?

 

カヤツリグサを育てる際は、日当たりの良い場所で管理します。

水を好むため、冬を除く生育期は常に濡れているような状態にします。

 

次は、カヤツリグサに適した用土についてお伝えします!

 

カヤツリグサを育てる際の適した用土は何?

 

カヤツリグサを育てる際は、水もちの良い土を使用します。

市販の草花用培養土または赤玉土7:腐葉土3の割合で混ぜたものがオススメです。

 

次は、カヤツリグサに必要な肥料についてお伝えします!

 

カヤツリグサの育て方!肥料はどうする?

 

カヤツリグサを育てる際は、肥料は与えなくても大丈夫です。

生育期に月に1回程度緩効性の肥料を与えることで、生育が良くなります。

 

では次は、カヤツリグサの水やりポイントについてお伝えします!

 

カヤツリグサを育てる際の水の量はどうする?

 

カヤツリグサを育てる際は、土が乾燥しないように小まめに水を与えます。

水盤で育てている場合は水が汚れていたら新しい水に取り替えます。

 

以上で基本的なカヤツリグサの育て方については終わりです。

次はカヤツリグサの写真をお見せします!

 

カヤツリグサの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

 

 

カヤツリグサの花は、花弁がなく鱗片が重なり合った小穂からなります。

茎の先端から数本の枝を伸ばし、先端に穂をつけます。

 

穂は黄土色で、先は尖った形をしていて、中肋と呼ばれる緑色の部分が突き出ているのが特徴です。

葉は線形で、根元に2、3枚つけます。

 

次に、カヤツリグサの開花時期や季節はいつ頃なのかをお伝えします。

 

カヤツリグサの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

カヤツリグサの開花時期は、秋(8~10月)です。

小穂は四方に広がり、「線香花火」のように見えることもあります。

 

次は、カヤツリグサは水田雑草になのかついて駆除したい時のおすすめの除草剤をお伝えします。

 

カヤツリグサは水田雑草?駆除したい時のおすすめの除草剤は?

 

カヤツリグサは水田の強害草です。

 

繁殖力が強く雑草の中でも厄介な種類になります。

カヤツリグサの駆除の際にオススメの除草剤は、「ハートグリホールPRO」です。

 

散布してから約2週間で葉から根まで枯らすことができます。

原液を水で薄めて、全体にかかるように散布します。

 

それでは次は、カヤツリグサは食用なのかについてお伝えします。

 

カヤツリグサは食用なの?塊茎とは?

 

カヤツリグサのほとんどは食用ではありません。

塊茎とは地下茎がでん粉などを蓄えて塊になったもので、塊茎を持つ種類が食用種となります。

 

次に、カヤツリグサの花言葉はなにかをお伝えします。

 

カヤツリグサの花言葉はなに?

 

カヤツリグサの花言葉は「伝統」「歴史」です。

 

花言葉は、昔から「蚊帳釣り遊び」の原料として親しまれていたことが由来となっているようです。

また、カヤツリグサは8月30日誕生花です。

 

次に、カヤツリグサの種類や品種は何があるのかをお伝えします。

 

カヤツリグサの種類や品種は何があるの?タイガーナッツとは?シラサギカヤツリやパピルスとの違いはなに?

 

カヤツリグサの種類には「コゴメガヤツリ」、「クグガヤツリ」、「ヒナガヤツリ」などがあります。

 

コゴメガヤツリは、小穂がカヤツメグサより小さく、果期になると横に傾いて先が垂れるのが特徴です。

クグガヤツリは、小穂がカヤツメグサよりも倍近く大きく、楕円形の小穂をつけるのが特徴です。

ヒナガヤツリは、背丈が低く(10~20cm)、小判上の小穂を掌状につけるのが特徴です。

 

タイガーナッツは「ショクヨウガヤツリ」とも呼ばれ、食用として扱われてる種類になります。

栄養価が高く、スーパーフードとして人気があります。

 

食用とそうでないものの違いは、地中の茎の一部(塊茎)にでん粉などの養分を蓄えられるかどうかという点になります。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

カヤツリグサのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①カヤツリグサの育て方(環境、土、肥料、水やり)

カヤツリグサを育てる際は、日当たりの良い場所で管理します。

水を好むため、冬を除く生育期は常に濡れているような状態にします。

育てる際は、水もちの良い土を使用します。

育てる際の肥料は与えなくても大丈夫ですが、生育期に月に1回程度緩効性の肥料を与えることで、生育が良くなります。

育てる際は、土が乾燥しないように小まめに水を与えます。

 

②カヤツリグサの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

カヤツリグサの花は、花弁がなく鱗片が重なり合った小穂からなります。

穂は黄土色で、先は尖った形をしていて、中肋と呼ばれる緑色の部分が突き出ているのが特徴です。

 

③カヤツリグサの開花時期や季節はいつ頃なの?

カヤツリグサの開花時期は、秋(8~10月)です。

 

④カヤツリグサは水田雑草?駆除したい時のおすすめの除草剤は?

カヤツリグサの駆除の際にオススメの除草剤は、葉から根まで枯らすことができる「ハートグリホールPRO」です。

 

⑤カヤツリグサは食用なの?塊茎とは?

カヤツリグサは食用ではなく、ほとんどの種類は食用ではありません。

塊茎とは地下茎がでん粉などを蓄えて塊になったもので、塊茎を持つ種類が食用種となります。

 

⑥カヤツリグサの花言葉はなに?

カヤツリグサの花言葉は「伝統」、「歴史」です。

 

⑦カヤツリグサの種類や品種は何があるの?タイガーナッツとは?シラサギカヤツリやパピルスとの違いはなに?

カヤツリグサの種類には「コゴメガヤツリ」、「クグガヤツリ」、「ヒナガヤツリ」などがあります。

タイガーナッツは「ショクヨウガヤツリ」とも呼ばれ、食用として扱われてる種類になります。

栄養価が高く、スーパーフードとして人気があります。

食用とそうでないものの違いは、地中の茎の一部(塊茎)にでん粉などの養分を蓄えられるかどうかという点になります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)