【カゼクサ(風草)のまとめ!】育て方(種まきや適した環境)と花言葉等6個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、カゼクサ(風草)についてまとめていきたいと思います。

 

カゼクサはイネ科の植物で、北海道をの除く日本全土に分布します。

名前は、微風でも揺れるため風の有無を教えてくれるということが由来となっているようです。

 

学名は、「Eragrostis ferruginea」といいます。

 

今回は、カゼクサ(風草)についてのポイント、

①カゼクサ(風草)の育て方(環境、土、肥料、水やり)
②カゼクサ(風草)の画像(写真)!特徴は?
③カゼクサ(風草)の開花時期や季節はいつ頃なの?
④カゼクサ(風草)の苗の植え付けのポイントは?
⑤カゼクサ(風草)の種まき時期と種まきのポイントは?
⑥カゼクサ(風草)の花言葉はなに?

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはカゼクサ(風草)の育て方からお伝えします!

 

カゼクサ(風草)の育て方は?

 

カゼクサを育てる際は、水はけの良い環境を整えます。

 

鉢植えの場合は根詰まりを起こしやすいため、1年に1度植え替えが必要です。

耐寒性、耐暑性ともに強いため、対策等を実施する必要はありません。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、カゼクサ(風草)が好む環境についてお伝えします!

 

カゼクサ(風草)の育て方!環境はどうする?

 

カゼクサを育てる際は、直射日光を避けて管理します。

 

強い日差しに当たると、葉っぱが焼かれて枯れてしまう原因になります。

庭植えの場合は、落葉樹の下の木陰などが適しています。

 

鉢植えの場合は、日差しの強い夏場は半日陰に移動して管理するのが良いです。

 

よく茂って育つため、定期的に剪定して整えてあげます。

 

次は、カゼクサ(風草)に適した用土についてお伝えします!

 

カゼクサ(風草)を育てる際の適した用土は何?

 

カゼクサを育てる際は、水はけの良さが大切です。

市販の草花用培養土や、赤玉土4:腐葉土3:桐生砂3の割合で混ぜたものがオススメです。

 

次は、カゼクサ(風草)に必要な肥料についてお伝えします!

 

カゼクサ(風草)の育て方!肥料はどうする?

 

カゼクサを育てる際は、肥料は少量で大丈夫です。

 

肥料が多すぎると、間延びしてしまうため注意が必要です。

鉢植えの場合は、春の間に緩効性の肥料を少量与えます。

 

庭植えの場合は、肥料は必要ありません。

 

では次は、カゼクサ(風草)の水やりポイントについてお伝えします!

 

カゼクサ(風草)を育てる際の水の量はどうする?

 

カゼクサは乾燥に弱く、水が不足すると葉が巻いてしまうため注意が必要です。

 

鉢植えの場合は、表土が乾いたら多めに水を与えます。

庭植えの場合は、自然の降雨のみで大丈夫です。

 

以上で基本的なカゼクサ(風草)の育て方については終わりです。

次はカゼクサ(風草)の写真をお見せします!

 

カゼクサ(風草)の画像(写真)!特徴は?

 

 

カゼクサの花は紫褐色で、茎の先に円錐状につけます。

 

小穂は5mmほどで、長楕円形をしています。

葉は線形で基部に毛が密生し、根本についています。

 

次に、カゼクサ(風草)の開花時期をお伝えします!

 

カゼクサ(風草)の開花時期や季節はいつ頃なの?

 

カゼクサの開花時期は、秋(8~10月)になります。

円錐花序で多数の枝を出しますが、それぞれの枝は大きな角度で広がるためまばらな姿になります。

 

次は、カゼクサ(風草)の苗の植え付けのポイントをお伝えします!

 

カゼクサ(風草)の苗の植え付けのポイントは?

 

カゼクサの苗植えの時期は、3~4月です。

 

鉢に植える場合は、苗よりも1~2回り大きな鉢に植えます。

庭に植える場合は、水はけが良く半日陰となる場所に植えます。

 

次に、カゼクサ(風草)の種まき時期と種まきのポイントをお伝えします!

 

カゼクサ(風草)の種まき時期と種まきのポイントは?

 

カゼクサの種をまく際は、春前の時期(2~4月)に行います。

発芽率が高く、成長するスピードが速いため、根詰まりすることも多いため植え付けの際は間隔を空けて植え付けます。

 

それでは最後に、カゼクサ(風草)の花言葉をお伝えします!

 

カゼクサ(風草)の花言葉はなに?

 

カゼクサの花言葉は、「未来」です。

花言葉”未来”は、柔らかい草を風になびかせている姿が、未来について考える様子を思わせることが由来となっているようです。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

カゼクサ(風草)のまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①カゼクサ(風草)の育て方(環境、土、肥料、水やり)

カゼクサを育てる際は、直射日光を避けて管理します。

育てる際の用土は、水はけの良さが大切で、市販の草花用培養土や、赤玉土4:腐葉土3:桐生砂3の割合で混ぜたものがオススメです。

育てる際の肥料は少量で大丈夫です。

育てる際の水やりは、鉢植えの場合、表土が乾いたら与え、庭植えの場合は自然の降雨のみで大丈夫です。

 

②カゼクサ(風草)の画像(写真)!特徴は?

カゼクサの花は紫褐色で、茎の先に円錐状につけます。

小穂は5mmほどで、長楕円形をしています。

 

③カゼクサ(風草)の開花時期や季節はいつ頃なの?

カゼクサの開花時期は、秋(8~10月)になります。

 

④カゼクサ(風草)の苗の植え付けのポイントは?

カゼクサの苗植えの時期は、3~4月です。

鉢に植える場合は、苗よりも1~2回り大きな鉢に植えます。

庭に植える場合は、水はけが良く半日陰となる場所に植えます。

 

⑤カゼクサ(風草)の種まき時期と種まきのポイントは?

種をまく際は、春前の時期(2~4月)に行います。

発芽率が高く、成長するスピードが速いため、根詰まりすることも多いため植え付けの際は間隔を空けて植え付けます。

 

⑥カゼクサ(風草)の花言葉はなに?

カゼクサの花言葉は、「未来」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)