【コスズメガヤのまとめ!】写真や特徴等3個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、コスズメガヤについてまとめていきたいと思います。

 

コスズメガヤはイネ科の植物で、道端などの日当たりの良い場所で見られます。

ユーラシアが原産ですが、明治時代に渡来した植物です。

 

名前は、スズメガヤに似ていて、それよりも小さいことが由来となっているようです。

学名は、「Eragrostis poaeoides Beauv.」といいます。

 

今回は、コスズメガヤについてのポイント、

①コスズメガヤの画像(写真)!特徴は?
②コスズメガヤの開花時期や季節はいつ頃なの?
③コスズメガヤの花言葉はなに?

 

以上3個の点についてお伝えします。

まずはコスズメガヤの写真をお見せします!

 

コスズメガヤの画像(写真)!特徴は?

 

 

コスズメガヤの花序は、円錐状で先端は傾きます。

 

葉は線形で、葉鞘の縁に長く白い毛が生えています。

茎の先に花穂をだし、紫色の小穂をつけます。

 

果実は0.5ミリ程で、褐色の楕円形をしています。

小穂の臭いが特徴的で、「カメムシ」に似たような臭いがします。

 

次に、コスズメガヤの開花時期や季節はいつ頃なのかをお伝えします。

 

コスズメガヤの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

コスズメガヤの花期は秋(8~9月)です。

花は左右交互に密着しています。

 

次に、コスズメガヤの花言葉はなにかをお伝えします。

 

コスズメガヤの花言葉はなに?

 

コスズメガヤの花言葉は、「一致」、「遭遇」です。

 

花言葉の”一致”は、花が密集して咲くことが由来となっているようです。

花言葉の”遭遇”は、花期以外でも年中どこでも見られる生態が由来となっているようです。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

コスズメガヤのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは3個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①コスズメガヤの画像(写真)!特徴は?

コスズメガヤの花序は、円錐状で先端は傾きます。

茎の先に花穂をだし、紫色の小穂をつけます。

小穂は「カメムシ」に似たような特徴的な臭いがします。

 

②コスズメガヤの開花時期や季節はいつ頃なの?

コスズメガヤの花期は秋(8~9月)です。

 

③コスズメガヤの花言葉はなに?

コスズメガヤの花言葉は、「一致」、「遭遇」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)