【マメアサガオ(豆朝顔)のまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等6個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、マメアサガオ(豆朝顔)についてまとめていきたいと思います。

 

マメアサガオはヒルガオ科の植物で、北アメリカが原産になります。

現在は日本に帰化しており、全国的に分布し道端などに生えています。

 

名前は、花が朝顔に似て豆のように小型であるということを比喩して表現したことが由来となっているようです。

 

アサガオという名前ではありますが、雑草の一種になります。

学名は、「Ipomoea lacunosa」といいます。

 

今回は、マメアサガオ(豆朝顔)についてのポイント、

①マメアサガオ(豆朝顔)の育て方(環境、土、肥料、水やり)
②マメアサガオ(豆朝顔)の画像(写真)!特徴は?
③マメアサガオ(豆朝顔)の開花時期や季節はいつ頃なの?
④マメアサガオ(豆朝顔)の種まき時期と種まきのポイントは?
⑤マメアサガオ(豆朝顔)とホシアサガオの違いはなに?
⑥マメアサガオ(豆朝顔)の花言葉はなに?

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはマメアサガオ(豆朝顔)の育て方からお伝えします!

 

マメアサガオ(豆朝顔)の育て方は?

 

マメアサガオは気温が高いと生育が良くなります。

 

また、帰化アサガオであるため、育てる際には注意が必要です。

繁殖力が強いため、春~秋と長期にわたり開花・結実を繰り返すため、放置しておくと蔓延していきます。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、マメアサガオ(豆朝顔)が好む環境についてお伝えします!

 

マメアサガオ(豆朝顔)の育て方!環境はどうする?

 

マメアサガオは、日当たりが良い場所で管理します。

つるを広範囲に伸ばして成長するため、広い場所に植え付けます。

 

次は、マメアサガオ(豆朝顔)に適した用土についてお伝えします!

 

マメアサガオ(豆朝顔)を育てる際の適した用土は何?

 

マメアサガオを育てる際は、水はけの良い用土を使用します。

 

鉢植えの場合は、市販の草花用培養土がオススメです。

庭植えの場合は、庭の用土に川砂と対比を1割程度加えると良いです。

 

次は、マメアサガオ(豆朝顔)に必要な肥料についてお伝えします!

 

マメアサガオ(豆朝顔)の育て方!肥料はどうする?

 

マメアサガオはつるの成長が早いため、月に1回程度で化成肥料を与えます。

追肥として、10日に1回の頻度で2000倍に薄めた液肥を与えます。

 

では次は、マメアサガオ(豆朝顔)の水やりポイントについてお伝えします!

 

マメアサガオ(豆朝顔)を育てる際の水の量はどうする?

 

マメアサガオを育てる際は、花が咲くまでは控えめに、花が咲いたら乾燥しないように水やりをします。

 

鉢植えの場合は、表土が乾いてきたら多めの水を与えます。

庭植えの場合は、極度に乾燥しない限りは自然の降雨だけで大丈夫です。

 

以上で基本的なマメアサガオ(豆朝顔)の育て方については終わりです。

次はマメアサガオ(豆朝顔)の写真をお見せします!

 

マメアサガオ(豆朝顔)の画像(写真)!特徴は?

 

 

マメアサガオの花は白色で、漏斗状の花を付けます、

 

花の直径は2cmほどで、先端は浅い切れ込みがあります。

葉は互生し、長さは5~10cmほどの長卵形です。

 

茎はつるとなるため、分岐して他の物に巻きつきながら伸びて、3mほどまで成長します。

 

次に、マメアサガオ(豆朝顔)の開花時期をお伝えします!

 

マメアサガオ(豆朝顔)の開花時期や季節はいつ頃なの?

 

マメアサガオの開花時期は、夏~秋(7~9月)です。

花の先端は5裂し、上から見ると五角形の星形に見えます。

 

次は、マメアサガオ(豆朝顔)の種まき時期と種まきのポイントをお伝えします!

 

マメアサガオ(豆朝顔)の種まき時期と種まきのポイントは?

 

マメアサガオの種まき時期は5月の上旬~中旬です。

マメアサガオの種子は硬く発芽しない場合もあるため、植える前に傷をつけることで発芽率を上げることができます。

 

次に、マメアサガオ(豆朝顔)とホシアサガオの違いをお伝えします!

 

マメアサガオ(豆朝顔)とホシアサガオの違いはなに?

 

マメアサガオとホシアサガオの見分け方としては2点あります。

 

マメアサガオの花は白色(薄い紅色もある)ですが、ホシアサガオの花は花弁の周囲は薄赤く、中心は濃い赤紫色になります。

もう一点は葯の色で、マメアサガオは赤紫色ですが、ホシアサガオは白色であるため簡単に見分けることができます。

 

それでは最後に、マメアサガオ(豆朝顔)の花言葉をお伝えします!

 

マメアサガオ(豆朝顔)の花言葉はなに?

 

マメアサガオの花言葉は、「見つけたら幸せ」、「固い絆」です。

 

花言葉”見つけたら幸せ”というのは、花弁が小さく見つけにくいということ、早朝に咲きだして、昼前にはしぼんで染むため開花の瞬間を見つけることが難しいということが由来となっているようです。

花言葉”固い絆”は、成長する際にツルが他の物にしっかりと絡みつく様子を例えたことが由来となっているようです。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

マメアサガオ(豆朝顔)のまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①マメアサガオ(豆朝顔)の育て方(環境、土、肥料、水やり)

マメアサガオは、日当たりが良い場所で管理します。

育てる際の用土は、水はけの良さが大切で、市販の草花用培養土がオススメです。

育てる際の肥料は、つるの成長が早いため、肥料切れを起こさないように月に1回程度で化成肥料を与えます。

追肥として、10日に1回の頻度で2000倍に薄めた液肥を与えます。

育てる際の水やりは、花が咲くまでは控えめに、花が咲いたら乾燥しないように与えます。

 

②マメアサガオ(豆朝顔)の画像(写真)!特徴は?

マメアサガオの花は白色で、漏斗状の花を付けます、

花の直径は2cmほどで、先端は浅い切れ込みがあるのが特徴です。

 

③マメアサガオ(豆朝顔)の開花時期や季節はいつ頃なの?

マメアサガオの開花時期は、夏~秋(7~9月)です。

 

④マメアサガオ(豆朝顔)の種まき時期と種まきのポイントは?

マメアサガオの種まき時期は5月の上旬~中旬です。

マメアサガオの種子は硬く発芽しない場合もあるため、植える前に傷をつけることで発芽率を上げることができます。

 

⑤マメアサガオ(豆朝顔)とホシアサガオの違いはなに?

マメアサガオとホシアサガオの見分け方るポイントは、花の色と葯の色です。

マメアサガオの花は白色(薄い紅色もある)ですが、ホシアサガオの花は花弁の周囲は薄赤く、中心は濃い赤紫色になります。

葯の色は、マメアサガオは赤紫色ですが、ホシアサガオは白色です。

 

⑥マメアサガオ(豆朝顔)の花言葉はなに?

マメアサガオの花言葉は、「見つけたら幸せ」、「固い絆」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)