【キツネノマゴのまとめ!】画像や花言葉等5個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、キツネノマゴについてまとめていきたいと思います。

 

キツネノマゴは、キツネノマゴ科の植物で、本州以西に自生しています。

夏~秋にかけて道端や草地でよく見られます。

 

学名は、「Justicia procumbens」といいます。

 

今回は、キツネノマゴについてのポイント、

①キツネノマゴの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?
②キツネノマゴの開花時期や季節はいつ頃なの?
③キツネノマゴは薬草なの?効果や効能は?
④キツネノマゴの花言葉はなに?名前の由来は?
⑤キツネノマゴ科の種類や品種は何があるの?ピンクネックレスなど

 

以上5個の点についてお伝えします。

まずはキツネノマゴの写真をお見せします!

 

キツネノマゴの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

 

 

キツネノマゴは大きな特徴はなく、その辺の草という印象です。

 

茎の先端に穂状花序を出し、淡い紅紫色の花を付けます。

花の中心には白い星形の模様があります。

 

葉は長めの楕円形で先が尖り、対生して生えます。

雌しべは2又に分かれていますが、受粉すると閉じます。

 

次に、キツネノマゴの開花時期をお伝えします!

 

キツネノマゴの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

キツネノマゴの開花時期は、秋(8~10月)です。

花径は8mmほどで、小さく可愛らしい花です。

 

次は、キツネノマゴは薬草なのかをお伝えします!

 

キツネノマゴは薬草なの?効果や効能は?

 

キツネノマゴは、薬草としての古くから使われています。

 

効能としては、神経痛、リウマチ、腰痛、かぜ熱などがあります。

リウマチにはすりつぶして患部にはり、解熱には煎じて飲むと効果があるようです。

 

それでは次に、キツネノマゴの花言葉をお伝えします!

 

キツネノマゴの花言葉はなに?名前の由来は?

 

キツネノマゴの花言葉は「可憐美の極致」、「女性の美しさの極致」です。

 

花言葉”可憐美の極致”、”女性の美しさの極致”は、淡いピンク色をした花の様子が女性の奥ゆかしさを感じさせることが由来となっているようです。

名前は、花は小さく、花冠をキツネの顔、花穂を尻尾に見立てたことが由来となっているようです。

 

それでは最後に、キツネノマゴの種類や品種をお伝えします!

 

キツネノマゴ科の種類や品種は何があるの?ピンクネックレスなど

 

キツネノマゴ科の品種は、「ピンクネックレス」、「コエビソウ」、「アカンサス」などがあります。

 

”ピンクネックレス”は、1本の花茎の下から上に向かって次々とピンク色の花を咲かせます。

”コエビソウ”は、エビの胴体のような姿で、葉が変形し赤褐色の苞がかさなっています。

 

”アカンサス”は、葉がとげとげしているのが特徴で、高さは2mほどになり、茎に穂状の花を付けます。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

キツネノマゴのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①キツネノマゴの画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

茎の先端に穂状花序を出し、淡い紅紫色の花を付けます。

花の中心には白い星形の模様があります。

 

②キツネノマゴの開花時期や季節はいつ頃なの?

キツネノマゴの開花時期は、秋(8~10月)です。

 

③キツネノマゴは薬草なの?効果や効能は?

キツネノマゴは、薬草としての古くから使われています。

効能としては、神経痛、リウマチ、腰痛、かぜ熱などがあります。

 

④キツネノマゴの花言葉はなに?名前の由来は?

キツネノマゴの花言葉は「可憐美の極致」、「女性の美しさの極致」です。

名前は、花は小さく、花冠をキツネの顔、花穂を尻尾に見立てたことが由来となっているようです。

 

⑤キツネノマゴ科の種類や品種は何があるの?ピンクネックレスなど

キツネノマゴ科の品種は、「ピンクネックレス」、「コエビソウ」、「アカンサス」などがあります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)