【カタナンケのまとめ!】育て方(適した環境や種まき)と花言葉等7個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、カタナンケについてまとめていきたいと思います。

 

カタナンケはキク科の植物で、地中海沿岸が原産になります。

名前は、ギリシャの婦人が媚薬として使用したことから、ギリシャ語で「強い刺激」の意味を持つ「Catananche」とつけられたことが由来となっているようです。

 

学名は、「Catananche caerulea」といいます。

 

今回は、カタナンケについてのポイント、

①カタナンケの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②カタナンケの画像(写真)!特徴は?
③カタナンケの開花時期や季節はいつ頃なの?
④カタナンケの種まき時期と種まきのポイントは?
⑤カタナンケの楽しみ方!ドライフラワーなど
⑥カタナンケの花言葉はなに?別名は何というの?
⑦カタナンケにはどんな種類がある? アモーレブルーやカエルレアなど

 

以上7個の点についてお伝えします。

まずはカタナンケの育て方からお伝えします!

 

カタナンケの育て方は?

 

カタナンケは、暑さに弱く寒さにもそれほど強い植物ではありません。

 

夏期、冬期での管理のやり方には注意が必要です。

花が枯れてきたら、随時摘み取ることでその後の花の付きが良くなるので早めに摘み取ります。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、カタナンケが好む環境についてお伝えします!

 

カタナンケの育て方!環境はどうする?

 

カタナンケを育てる際は、日当たりと水はけのよい場所で管理します。

 

高温多湿に弱いため、風通しをよくすること、夏期は半日陰に移動するなど夏越しできるかがポイントになります。

また、多湿となる梅雨の時期や冬の霜にあたると枯れてしまう場合もあるため、室内に移動しておくと安心です。

 

次は、カタナンケに適した用土についてお伝えします!

 

カタナンケを育てる際の適した用土は何?

 

カタナンケを育てる際は、水はけのよい用土を使用します。

市販の草花用培養土を使用しますが、酸性土を嫌うため、植え付けの際は石灰や腐葉土を混ぜて中和します。

 

次は、カタナンケに必要な肥料についてお伝えします!

 

カタナンケの育て方!肥料はどうする?

 

カタナンケを育てる際は、肥料はあまり必要ありません。

 

鉢植えの場合は、植え付けの際に緩効性の肥料を与え、春になったら月に2回程度液肥を与えます。

庭植えの場合は、植え付けの際に元肥として緩効性の化成肥料を与えます。

 

では次は、カタナンケの水やりポイントについてお伝えします!

 

カタナンケを育てる際の水の量はどうする?

 

カタナンケは過湿を嫌うため、与えすぎには注意します。

 

鉢植えの場合は、表面の土が乾燥してきたら与えます。

庭植えの場合は、自然の降雨のみで大丈夫です。

 

雨天が続くような場合は、軒下に移動するなど過失にならないようにします。

 

以上で基本的なカタナンケの育て方については終わりです。

次はカタナンケの写真をお見せします!

 

カタナンケの画像(写真)!特徴は?

 

 

カタナンケは花茎が長く伸び、先端に5cmほどの花を咲かせます。

 

花色は青と白の2種類がありますが、あよく出回っているのは青色の種類です。

カタナンケは太陽の方向に向かって茎を伸ばすのが特徴です。

 

葉は細長い線形をしています。

株はロゼッタ上に成長し、地表際から茎を長く伸ばします。

 

次に、カタナンケの開花時期をお伝えします!

 

カタナンケの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

カタナンケの開花時期は夏(6~8月)です。

青色の花を咲かせるカタナンケは涼しげな印象を与えてくれるため、夏場にはピッタリの植物です。

 

次は、カタナンケの種まき時期と種まきのポイントをお伝えします!

 

カタナンケの種まき時期と種まきのポイントは?

 

カタナンケの種まきは9月の下旬から10月の中旬あたりに行います。

 

植える際の覆土は、種が隠れる程度で薄くします。

タネを巻いてから2週間程度で芽を出し、本葉が5~6枚になったら定植を行います。

 

それでは次に、カタナンケの楽しみ方をお伝えします!

 

カタナンケの楽しみ方!ドライフラワーなど

 

カタナンケは茎がしっかりとしているため、庭植え・鉢植えの他に、切り花、ドライフラワーとしても楽しめます。

 

茎を切り取ると、白色の液が出てくるため切り花にする際はしっかりと洗ってから使用します。

花は鮮やかなブルーで美しく、お部屋に飾るととても映えます。

 

次は、カタナンケの花言葉をお伝えします!

 

カタナンケの花言葉はなに?別名は何というの?

 

カタナンケの花言葉は、「心は思いのまま」です。

 

9月25日の誕生花になります。

カタナンケは別名で、ルリニガナ(瑠璃苦菜)と呼ばれます。

 

由来は、二ガナの花に似ていることと瑠璃色をしていることからつけられたようです。

 

それでは最後に、カタナンケにはどんな種類があるかをお伝えします!

 

カタナンケにはどんな種類がある? アモーレブルーやカエルレアなど

 

カタナンケの品種には、「アモーレブルー」、「アモーレアルバ」があります。

 

アモーレブルーは、花弁が青く、中心は濃い紫色をしている品種になります。

アレーレアルバは花弁が白く、中心は赤紫色をしている品種になります。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

カタナンケのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは7個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①カタナンケの育て方(環境、土、肥料、水やり)

カタナンケを育てる際は、日当たりと水はけのよい場所で管理します。

高温多湿に弱いため、風通しをよくし、夏越しできるかがポイントになります。

育てる際の用土は、水はけのよい用土を使用します。

市販の草花用培養土を使用しますが、酸性土を嫌うため、植え付けの際は石灰や腐葉土を混ぜて中和します。

育てる際の肥料はあまり必要ありません。

鉢植えの場合は、植え付けの際に緩効性の肥料を与え、春になったら月に2回程度液肥を与えます。

カタナンケは過湿を嫌うため、水の与えすぎには注意します。

 

②カタナンケの画像(写真)!特徴は?

カタナンケは花茎が長く伸び、先端に5cmほどの花を咲かせます。

花色は青と白の2種類がありますが、あよく出回っているのは青色の種類です。

 

③カタナンケの開花時期や季節はいつ頃なの?

カタナンケの開花時期は夏(6~8月)です。

 

④カタナンケの種まき期と種まきのポイントは?

カタナンケの種まきは9月の下旬から10月の中旬あたりに行います。

植える際の覆土は、種が隠れる程度で薄くします。

 

⑤カタナンケの楽しみ方!ドライフラワーなど

カタナンケは茎がしっかりとしているため、庭植え・鉢植えの他に、切り花、ドライフラワーとしても楽しめます。

茎を切り取ると、白色の液が出てくるため切り花にする際はしっかりと洗ってから使用します。

 

⑥カタナンケの花言葉はなに?別名は何というの?

カタナンケの花言葉は、「心は思いのまま」です。

9月25日の誕生花になります。

カタナンケは別名で、ルリニガナ(瑠璃苦菜)と呼ばれます。

 

⑦カタナンケにはどんな種類がある? アモーレブルーやカエルレアなど

カタナンケの品種には、「アモーレブルー」、「アモーレアルバ」があります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)