ツボサンゴの育て方!植え替えのやり方や花言葉等11つのポイント!








 

カラーリーフだけでも楽しむことができるツボサンゴは、暗くなってしまうシェードガーデンにも彩りを加えることができました。

洋風だけでなく自然風や和風等どのような庭でも活用することが可能ですが、葉色が明るい場合は洋風の庭との相性が良いです。

 

今回はツボサンゴについてのポイント、

①ツボサンゴの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ツボサンゴの画像(写真)!
③ツボサンゴの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ツボサンゴの苗の植え付けのポイントは?
⑤ツボサンゴの植え替えのポイントは?
⑥ツボサンゴの寄せ植えの仕方!
⑦ツボサンゴの増やし方は?
⑧ツボサンゴの株分けのやり方は?
⑨ツボサンゴの冬越しのポイントは?
⑩ツボサンゴの花言葉はなに?
⑪ツボサンゴの種類や品種は何があるの?

 

以上11個の点についてお伝えします。

まずはツボサンゴの育て方からお伝えします!

 

ツボサンゴの育て方は?

 

日当たりが良い場所での育成を好むツボサンゴですが、夏は間は葉焼けを防ぐために遮光をした方が良いので、半日陰での育成が適しています。

 

水ハケが良い用土を好みますが、強い乾燥も嫌いますので注意して育てて下さい。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ツボサンゴが好む環境についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ツボサンゴの育て方!環境はどうする?

 

 

高温多湿を嫌うツボサンゴですが、とても丈夫な植物です。

 

半日陰の環境や木洩れ日が当たるぐらいの日陰でも基本的に開花をいたします。

耐陰性が強いツボサンゴは、冬の寂しい庭を彩を与えてくれます。

 

次は、ツボサンゴに適した用土についてお伝えします!

 

ツボサンゴを育てる際の適した用土は何?

 

 

肥沃で水ハケの良い用土を好むツボサンゴですが、乾燥しすぎる環境も嫌います。

 

鉢植えでの育成は赤玉土鹿沼土腐葉土を良く混ぜた用土を使用してください。

庭植えでの育成は堆肥を混ぜてよく耕してから植え付けを行ってください。

 

次は、ツボサンゴに必要な肥料についてお伝えします!

 

ツボサンゴの育て方!肥料はどうする?

 

地植えの環境で育成を行う時は地味が肥えてきてツボサンゴが元気よく育ってくるようであれば肥料特に必要ありません。

 

鉢植えの場合では、春と秋に追肥をする必要があります。

春や秋の生育期になると緩効性の化成肥料を根元から10cm程度間を開けて蒔くか、液体肥料を薄めて月に1回与えてください。

 

では次は、ツボサンゴの水やりポイントについてお伝えします!

 

ツボサンゴを育てる際の水の量はどうする?

 

 

鉢植えの環境で育てる場合は、水分不足であると葉先から傷んでしまい、最悪の場合枯れてしまうことがあります。

また、花茎がじゅうぶんに成長せず止まってしまう要因となりますので、必ず水切れをしないように表土が乾燥してきたら水やりをタップリと行ってください。

 

地植えの環境で育てる場合は、根付いてからの水やりはほとんど必要がなく、降雨だけでスクスクと育ちます。

 

以上で基本的なツボサンゴの育て方については終わりです。

次はツボサンゴの画像(写真)をお見せします!

 

ツボサンゴの画像(写真)!

 

ツボサンゴは、初夏になると長い茎を成長させて、穂状の花を開花させます。

 

花色は基本的に赤い品種が多いですが、中には白や緑色の地味な品種もあります。

葉は浅い切れ込みが入っており、葉色によっては目立たない品種もありますが葉状に沿って斑点があります。

 

ツボサンゴの写真はこちらとなります。

 

 

次はツボサンゴの開花時期や季節についてお伝えします!

 

ツボサンゴの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ツボサンゴの開花時期は、初夏の5月~7月頃となります。

 

開花時期になると花茎が根元から姿勢良く立ち上がるので、美しい花姿となります。

ツボサンゴは耐寒性がある常緑ですので、冬越しも対策は特に必要はありません。

 

次はツボサンゴの苗の植え付けのポイントについてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ツボサンゴの苗の植え付けのポイントは?

 

 

ツボサンゴを植え付ける時は、茎の根元にある生長点を埋めないようにようにして浅めに行ってください。

 

植え付けはしっかりと株元を抑えてあげましょう。

冬場に植え付けを行う場合は、株元に腐葉土やバークチップで防寒対策を必ずしてください。

 

次はツボサンゴの植え替えのポイントについてお伝えします!

 

ツボサンゴの植え替えのポイントは?

 

ツボサンゴの花期を終えたら花茎を元から切り取っておき、植え替えを行ってください。

 

鉢植えの場合は、約2年に一度鉢替えを行ってください。地植えの場合は、株が大きく育ってきたら、

数年に一度株分けをしながら植栽し直しましょう。

 

植え替えは真夏を避けていただければいつでも可能なのですが、春や秋頃に行うことをオススメします。

寒冷地の場合は冬場に植え替えを行うと育成しにくいのでは避けてください。

 

次はツボサンゴの寄せ植えの仕方についてお伝えします!

 

ツボサンゴの寄せ植えの仕方は?

 

 

草丈30cm程度のツボサンゴは、葉が折り合うように密に茂ってくるので、

 

葉色の種類が幅広く、他の花との組み合わせが多彩な植物です。

カラーリーフプランツとしてとても人気が高いので、寄せ植えや花壇にも用いられることが多いです。

 

次はツボサンゴの増やし方についてお伝えします!

 

ツボサンゴの増やし方は?

 

 

品種にもよって異なりますが、基本的にツボサンゴは種で増すことが可能となります。

種がとても小さく細かいので、種まきを行う専時には専用の細粒用土に蒔きましょう。

 

発芽時期までは乾燥しないように注意してください。

 

次はツボサンゴの株分けのやり方についてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ツボサンゴの株分けのやり方は?

 

 

ツボサンゴの株分けは3〜4月頃もしくは、10〜11月頃が適期となります。

株分け方法はまず株を掘り上げておき、それぞれの株に茎が5本程度付くように分けてください。

 

分けた株を用土にそれぞれを植え付けて、根が生えてきたら鉢や地面に植え替えましょう。

 

次はツボサンゴの冬越しのポイントをお伝えします!

 

ツボサンゴの冬越しのポイントは?

 

 

寒さや暗さには強いツボサンゴですが、冬の冷たい風や霜に触れると葉色が悪くなることがあります。

 

ですので、冬の時期は日当たりの良い場所に移動させてあげましょう。

ツボサンゴの葉が枯れてしまった場合でも、根が生きていれば茎が立ち上がります。

 

次はツボサンゴの花言葉をお伝えします!

 

ツボサンゴの花言葉はなに?

 

 

ツボサンゴはいくつかの花言葉を持っています。

具体的には、「恋心」「辛抱強さ」「繊細な思い」「きらめき」などという花言葉を持っています。

 

「恋心」という花言葉は、日陰でも育つヒューケラに由来してつけられています。

「辛抱強さ」も暗い環境でも育つヒューケラに由来しています。

 

かわいらしい小さな花を咲かせるヒューケラの花姿に由来して、

「繊細な思い」「きらめき」という花言葉が付けられています。

 

最後はツボサンゴの種類や品種は何があるのかについてお伝えします!

スポンサーリンク

 

ツボサンゴの種類や品種は何があるの?

 

 

ツボサンゴは葉色のバリエーションが豊かな植物です。斑入り葉や銅葉や、花色も赤から白色まで幅広い種類があります。

ヒューケラ・モネ

 

葉が全体的に細かく白い斑点がある品種となります。

植えるだけで周りを柔らかく優しい印象にかえてくれるので、寄せ植えとして人気の高い品種です。

 

ヒューケラ・キャラメル

葉色がキャラメル色と珍しい品種のヒューケラ・キャラメルは、大きい葉の品種となります。

ツボサンゴの中でも、比較的暑さや湿度に強い品種ですので、育てやすく初心者にもオススメです。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

  • オススメ記事

アロマティカスの育て方等はこちらをご覧下さい。

クラスペディアの育て方等はこちらをご覧ください。

レンギョウの育て方等はこちらをご覧ください。

 

ツボサンゴのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは11個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ツボサンゴの育て方(環境、土、肥料、水やり)

日当たりが良い場所での育成を好むツボサンゴですが、

夏は間は葉焼けを防ぐために遮光をした方が良いので、半日陰での育成が適しています。

水ハケが良い用土を好みますが、強い乾燥を嫌いますので注意して育てて下さい。

 

②ツボサンゴの画像(写真)!

初夏になると長い茎を成長させて、穂状の花を開花させます。

花色は基本的に赤い品種が多いですが、中には白や緑色の地味な品種もあります。

葉は浅い切れ込みが入っており、葉色によっては目立たない品種もありますが葉状に沿って斑点があります。

 

③ツボサンゴの開花時期や季節はいつ頃なの?

ツボサンゴの開花時期は、初夏の5月~7月頃となります。

開花時期になると花茎が根元から姿勢良く立ち上がるので、美しい花姿となります。

ツボサンゴは耐寒性がある常緑ですので、冬越しも対策は特に必要はありません。

 

④ツボサンゴの苗の植え付けのポイントは?

ツボサンゴを植え付ける時は、茎の根元にある生長点を埋めないようにようにして浅めに行ってください。

植え付けはしっかりと株元を抑えてあげましょう。

冬場に植え付けを行う場合は、株元に腐葉土やバークチップで防寒対策を必ずしてください。

 

⑤ツボサンゴの植え替えのポイントは?

植え替えは真夏を避けていただければいつでも可能なのですが、春や秋頃に行うことをオススメします。

寒冷地の場合は冬場に植え替えを行うと育成しにくいのでは避けてください。

 

⑥ツボサンゴの寄せ植えの仕方!

草丈30cm程度のツボサンゴは、葉が折り合うように密に茂ってくるので、

葉色の種類が幅広く、他の花との組み合わせが多彩な植物です。

カラーリーフプランツとしてとても人気が高いので、寄せ植えや花壇にも用いられることが多いです。

 

⑦ツボサンゴの増やし方は?

品種にもよって異なりますが、基本的にツボサンゴは種で増すことが可能となります。

種がとても小さく細かいので、種まきを行う専時には専用の細粒用土に蒔きましょう。

発芽時期までは乾燥しないように注意してください。

 

⑧ツボサンゴの株分けのやり方は?

ツボサンゴの株分けは3〜4月頃もしくは、10〜11月頃が適期となります。

株分け方法はまず株を掘り上げておき、それぞれの株に茎が5本程度付くように分けてください。

分けた株を用土にそれぞれを植え付けて、根が生えてきたら鉢や地面に植え替えましょう。

 

⑨ツボサンゴの冬越しのポイントは?

寒さや暗さには強いツボサンゴですが、冬の冷たい風や霜に触れると葉色が悪くなることがあります。

ですので、冬の時期は日当たりの良い場所に移動させてあげましょう。

ツボサンゴの葉が枯れてしまった場合でも、根が生きていれば茎が立ち上がります。

 

⑩ツボサンゴの花言葉はなに?

「恋心」という花言葉は、日陰でも育つヒューケラに由来してつけられています。

「辛抱強さ」も暗い環境でも育つヒューケラに由来しています。

かわいらしい小さな花を咲かせるヒューケラの花姿に由来して、

「繊細な思い」「きらめき」という花言葉が付けられています。

 

⑪ツボサンゴの種類や品種は何があるの?

ツボサンゴは葉色のバリエーションが豊かな植物です。

斑入り葉や銅葉や、花色も赤から白色まで幅広い種類があります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)