【ソシンロウバイのまとめ!】育て方(苗の植え付けや剪定)と花言葉等8個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ソシンロウバイについてまとめていきたいと思います。

 

ソシンロウバイは、ロウバイ科の落葉低木の樹木です。

日本には江戸時代に渡来したそうです。

 

今回は、ソシンロウバイについてのポイント、

①ソシンロウバイの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ソシンロウバイの画像(写真)!特徴は?葉や実はどんな感じ?香りは?
③ソシンロウバイの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ソシンロウバイの苗の植え付けのポイントは?
⑤ソシンロウバイの剪定のポイントは?
⑥ソシンロウバイの販売場所は?通販で買えるの?
⑦ソシンロウバイの花言葉はなに?
⑧ソシンロウバイの種類や品種は何があるの?ロウバイや満月ロウバイとの違いはなに?

 

以上8個の点についてお伝えします。

まずはソシンロウバイの育て方からお伝えします!

 

ソシンロウバイの育て方は?

 

ソシンロウバイを育てるには庭植えがおすすめです。

低木のため鉢植えにはおすすめしません。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ソシンロウバイが好む環境についてお伝えします!

 

ソシンロウバイの育て方!環境はどうする?

 

ソシンロウバイに適した環境は、生長期は、春から夏までは日あたりの良い場所で育てるようにしましょう。

冬場寒風の当たらない場所に移動し、開花を待つと良いですよ。

 

次は、ソシンロウバイに適した用土についてお伝えします!

 

ソシンロウバイを育てる際の適した用土は何?

 

ソシンロウバイに適した用土は、水はけの良い土です。

土の種類は特に選びませんが、湿度が高い場所では根腐れを起こしやすいため、さらっとした土質の場所を選ぶようにして下さい。

 

次は、ソシンロウバイに必要な肥料についてお伝えします!

 

ソシンロウバイの育て方!肥料はどうする?

 

ソシンロウバイの肥料は、春先の4月から5月と寒期の12月に緩効性化成肥料か、油かすなどの有機質肥料を施すようにしましょう。

 

では次は、ソシンロウバイの水やりポイントについてお伝えします!

 

ソシンロウバイを育てる際の水の量はどうする?

 

ソシンロウバイの水やりは、4月から10月までは土の表面が乾いたらたっぷりと与えるようにしましょう。

冬場は水やりの必要はありません。

 

以上で基本的なソシンロウバイの育て方については終わりです。

次はソシンロウバイの写真をお見せします!

 

ソシンロウバイの画像(写真)!特徴は?葉や実はどんな感じ?香りは?

 

 

こちらがソシンロウバイの写真です。

 

ソシンロウバイはロウバイ科の落葉低木で樹高は2mから3mほどになります。

花は、前年に伸びた枝先から1.5cmから4cmほどの黄色い花を咲かせます。

 

花からは甘い香りがしますよ。

 

葉は枝に対生し8cmから10cmほどの卵の様な形をしています。

花後はアーモンドを膨らませた様な実をつけます。

 

実の中には種がびっしりと入っていますよ。

 

次に、ソシンロウバイの開花時期をお伝えします!

 

ソシンロウバイの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ソシンロウバイの開花時期冬場の1月から2月です。

梅の開花の前に蝋燭の様な透明感のある黄色い花を楽しむ事ができますよ。

 

次は、ソシンロウバイの苗の植え付けのポイントをお伝えします!

 

ソシンロウバイの苗の植え付けのポイントは?

 

 

ソシンロウバイの植え付けは、落葉期の11月から12月、または2月から3月に行います。

 

根鉢の大きさの2倍ほどの植え穴を掘り、植え付けましょう。

植え付けの際、庭土に腐葉土や堆肥を混ぜるのがおすすめです。

 

植え付けたら、根鉢の回りに水を注ぎ、棒などでつつきながら根と土を馴染ませます。

根のぐらつき防止に支柱を使っても構いません。

 

それでは次に、ソシンロウバイの剪定のポイントをお伝えします!

 

ソシンロウバイの剪定のポイントは?

 

ソシンロウバイを剪定する際は、若木の頃に行うと良いでしょう。

 

樹形が乱れた場合は、花後の3月に枯れ枝や徒長枝を切りましょう。

成木後は樹形が自然と整うため剪定を行う必要はありません。

 

次は、ソシンロウバイの販売場所をお伝えします!

 

ソシンロウバイの販売場所は?通販で買えるの?

 

 

ソシンロウバイは、園芸店や庭木の専門店、楽天などのインターネットショップで取り扱われています。

苗木での販売が多くサイズに応じて600円から6000円前後で購入する事ができますよ。

 

次に、ソシンロウバイの花言葉をお伝えします!

 

ソシンロウバイの花言葉はなに?

 

ソシンロウバイの花言葉には、

「ゆかしさ」

「慈しみ」

という意味があります。

 

小振りな黄色い花から奥ゆかしさを感じられ、寒風の吹く冬場に咲く事から、人々に慈しみを伝えてくれているのかもしれませんね。

 

それでは最後に、ソシンロウバイの種類や品種をお伝えします!

 

ソシンロウバイの種類や品種は何があるの?ロウバイや満月ロウバイとの違いはなに?

 

 

ソシンロウバイの種類には他にもロウバイや、満月ロウバイなどがあります。

 

ロウバイは、ソシンロウバイよりも花の大きさが小振りで、花の中心部が茶褐色なことが特徴です。

満月ロウバイは、ロウバイの園芸品種で、ソシンロウバイよりも濃い黄色の花を咲かせ、その様子が満月に例えられています。

 

見分ける時は、花の黄色の濃さの違い花の中心部の色の違いを見るとどの品種かわかるようになりますよ。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ソシンロウバイのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ソシンロウバイの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ソシンロウバイを育てるには庭植えがおすすめです。低木のため鉢植えにはおすすめしません。

適した環境は、生長期は、春から夏までは日あたりの良い場所で育てるようにしましょう。冬場は寒風の当たらない場所に移動します。

適した用土は、水はけの良い土です。土の種類は特に選びませんが、湿度が高い場所では根腐れを起こしやすいため、水はけの悪い場所は避けましょう。

肥料は、春先の4月から5月と12月に緩効性化成肥料か、油かすなどの有機質肥料を施すようにしましょう。

水やりは、4月から10月までは土の表面が乾いたらたっぷりと与えるようにしましょう。冬場は水やりの必要はありません。

 

②ソシンロウバイの画像(写真)!特徴は?葉や実はどんな感じ?香りは?

ソシンロウバイはロウバイ科の落葉低木で花は、前年に伸びた枝先から1.5cmから4cmほどの黄色い花を咲かせます。

花からは甘い香りがしますよ。

葉は枝に対生し8cmから10cmほどの卵の様な形をしています。花後はアーモンドを膨らませた様な実をつけます。

 

③ソシンロウバイの開花時期や季節はいつ頃なの?

ソシンロウバイの開花時期は冬場の1月から2月です。

 

④ソシンロウバイの苗の植え付けのポイントは?

ソシンロウバイの植え付けは、落葉期の11月から12月、または2月から3月に行います。

根鉢の大きさの2倍ほどの植え穴を掘り、植え付けましょう。植え付けたら、根鉢の回りに水を注ぎ、棒などでつつきながら根と土を馴染ませます。

 

⑤ソシンロウバイの剪定のポイントは?

ソシンロウバイを剪定する際は、若木の頃に行うと良いでしょう。

樹形が乱れた場合は、花後の3月に枯れ枝や徒長枝を切りましょう。

 

⑥ソシンロウバイの販売場所は?通販で買えるの?

ソシンロウバイは、園芸店や庭木の専門店、楽天などのインターネットショップで取り扱われています。

 

⑦ソシンロウバイの花言葉はなに?

ソシンロウバイの花言葉には、「ゆかしさ」「慈しみ」という意味があります。

 

⑧ソシンロウバイの種類や品種は何があるの?ロウバイや満月ロウバイとの違いはなに?

ソシンロウバイの種類には他にもロウバイや、満月ロウバイなどがあります。

ロウバイは、ソシンロウバイよりも花の大きさが小振りで、花の中心部が茶褐色なことが特徴です。

満月ロウバイは、ロウバイの園芸品種で、ソシンロウバイよりも濃い黄色の花を咲かせ、その様子が満月に例えられています。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)