【ヤブジラミのまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等6個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ヤブジラミについてまとめていきたいと思います。

 

ヤブジラミはセリ科の野草で、果実が衣服につく様子がシラミに似て、藪に自生することから名前がつけられました。

 

今回は、ヤブジラミについてのポイント、

①ヤブジラミの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ヤブジラミの画像(写真)!特徴は?花や実はどんな感じ?
③ヤブジラミの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ヤブジラミは食べられる?おすすめの食べ方は?
⑤ヤブジラミに似た花は何がある?オヤブジラムやヤブニンジン、セントウソウとの違いは?
⑥ヤブジラミの花言葉はなに?

 

以上6個の点についてお伝えします。

まずはヤブジラミの育て方からお伝えします!

 

ヤブジラミの育て方は?

 

ヤブジラミは、種まきか挿し木で育てます。

 

種まきの場合秋先の種ができる時期に種を採取した後、畝のある土に種を撒きましょう。

挿し木の場合は、開花後に枝を採取し挿し芽を作り、土に植え付けると発芽して成長します。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ヤブジラミが好む環境についてお伝えします!

 

ヤブジラミの育て方!環境はどうする?

 

ヤブジラミの好みの環境は日当たりの良い場所です。

 

道ばたに自生している事が多いので、庭植えの場合は、塀や道路に沿って植え付けると良いでしょう。

また、藪の中でもたくましく育つ事から湿度の高い環境を維持して下さい。

 

次は、ヤブジラミに適した用土についてお伝えします!

 

ヤブジラミを育てる際の適した用土は何?

 

ヤブジラミに適した用土には、湿度の高い土質で肥沃に富んだ土が適しています。

市販の野菜用培養土を使っても良いでしょう。

 

次は、ヤブジラミに必要な肥料についてお伝えします!

 

ヤブジラミの育て方!肥料はどうする?

 

ヤブジラミには肥料は必要ありませんが、葉の変色を防ぐのに元肥や追肥を行うと良いでしょう。

肥料には、油粕や野菜用の化成肥料を使うと効果的です。

 

では次は、ヤブジラミの水やりポイントについてお伝えします!

 

ヤブジラミを育てる際の水の量はどうする?

 

ヤブジラミの水やりについては、土が乾燥した時にたっぷりと水やりを行いましょう。

庭植えの場合は、乾燥に気をつければ降雨だけでも充分に育ちます。

 

以上で基本的なヤブジラミの育て方については終わりです。

次はヤブジラミの写真をお見せします!

 

ヤブジラミの画像(写真)!特徴は?花や実はどんな感じ?

 

 

こちらがヤブジラミの写真です。

 

ヤブジラミセリ科の越年草で、草の高さは30cmから70cmほどあります。

複数の花序から5弁ほどの白い小さな花をつけます。

 

花が小さい事から、レースフラワーと言われています。

実は、長さ2.5mmから3.5mmほどの大きさで刺毛がみっしりと生えており、毛虫のような見た目をしています。

 

刺毛は衣服にくっつきやすく、シラミがついている様に見えることからヤブジラミと名付けられています。

 

次に、ヤブジラミの開花時期をお伝えします!

 

ヤブジラミの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ヤブジラミの開花時期は、初夏頃の5月から7月です。

河川敷や草原などで小さな白い花をたくさん見つける事ができますよ。

 

次は、ヤブジラミのおすすめの食べ方をお伝えします!

 

ヤブジラミは食べられる?おすすめの食べ方は?

 

 

ヤブジラミはセリ科の野草のため、果実は古くから蛇床子という漢方薬として皮膚の塗り薬として使われていました。

 

現在は、滋養強壮のドリンクなどに配合されています。

また、葉の部分も食べる事ができ、お浸しにすると、ホウレン草に似た風味とシャキシャキした茎を美味しく頂けますよ。

 

次に、ヤブジラミに似た花をお伝えします!

 

ヤブジラミに似た花は何がある?オヤブジラミやヤブニンジン、セントウソウとの違いは?

 

ヤブジラミに似た花には、オヤブジラミヤブニンジンセントウソウがあります。

 

違いとしては、

オヤブジラミは茎や葉が紫色で、花の縁が紫色です。

ヤブニンジンは、開花期が4月から5月と早く、白い花をまばらに付け、果実は2cmほどのこん棒状になります。

セントウソウは、開花期が3月から5月と早く、草の高さが10cmから25cmと小さく葉の色は紫色です。

 

野草園などで違いを比べてみて下さいね。

 

それでは最後に、ヤブジラミの花言葉をお伝えします!

 

ヤブジラミの花言葉はなに?

 

 

ヤブジラミの花言葉には「ジキルとハイド」という意味があります。

白い可憐な花から刺のある果実に変わる様子を表したのかもしれませんね。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ヤブジラミのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは6個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ヤブジラミの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ヤブジラミは、種をまくか、挿し木で育てます。

ヤブジラミの好みの環境は、日当たりの良い場所です。道ばたに自生している事が多いので、庭植えの場合は、塀や道路に沿って植え付けると良いでしょう。

ヤブジラミに適した用土には、湿度の高い土質で肥沃に富んだ土が適しています。

ヤブジラミには肥料は必要ありませんが、葉の変色を防ぐのに元肥や追肥を行うと良いでしょう。

ヤブジラミの水やりについては、土が乾燥した時にたっぷりと水やりを行いましょう。

 

②ヤブジラミの画像(写真)!特徴は?花や実はどんな感じ?

ヤブジラミはセリ科の越年草で、草の高さは30cmから70cmほどあります。複数の花序から5弁ほどの白い小さな花をつけます。

実は、長さ2.5mmから3.5mmほどの大きさで刺毛がみっしりと生えており、毛虫のような見た目をしています。

 

③ヤブジラミの開花時期や季節はいつ頃なの?

ヤブジラミの開花時期は、初夏頃の5月から7月です。

 

④ヤブジラミは食べられる?おすすめの食べ方は?

ヤブジラミはセリ科の野草のため、果実は古くから蛇床子という漢方薬として皮膚の塗り薬として使われていました。

また、葉の部分も食べる事ができ、お浸しにすると、ホウレン草に似た風味とシャキシャキした茎を美味しく頂けますよ。

 

⑤ヤブジラミに似た花は何がある?オヤブジラムやヤブニンジン、セントウソウとの違いは?

オヤブジラミは茎や葉が紫色で、花の縁が紫色です。

ヤブニンジンは、開花期が4月から5月と早く、白い花をまばらに付け、果実は2cmほどのこん棒状になります。

セントウソウは、開花期が3月から5月と早く、草の高さが10cmから25cmと小さく葉の色は紫色です。

 

⑥ヤブジラミの花言葉はなに?

ヤブジラミの花言葉には「ジキルとハイド」という意味があります。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)