【タチバナモドキのまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等5個のポイント!








 

みなさんこんにちは。

今回は、タチバナモドキについてまとめていきたいと思います。

 

タチバナモドキはバラ科の植物で、中国南西部が原産です。

 

名前は、橘(タチバナ)と同じ橙色をしていることが由来となっているようです。

学名は「Pyracantha angustifolia」といいます。

 

今回は、タチバナモドキについてのポイント、

①タチバナモドキの盆栽の育て方(環境、土、肥料、水やり)
②タチバナモドキの画像(写真)!特徴は?どんな実なの?
③タチバナモドキの開花時期や季節はいつ頃なの?
④タチバナモドキとトキワサンザシの違いはなに?
⑤タチバナモドキの花言葉はなに?

 

以上5個の点についてお伝えします。

まずはタチバナモドキの育て方からお伝えします!

 

タチバナモドキの盆栽の育て方は?

 

タチバナモドキは害虫には強いですが、アブラムシ・ハマキムシが発生するため、観察しながら定期的に薬剤を散布します。

6~9月に伸びた枝の剪定して、形を整えます。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、タチバナモドキが好む環境についてお伝えします!

 

タチバナモドキの育て方!環境はどうする?

 

タチバナモドキを育てるときは、日当たりの良く風通しの良い場所で管理します。

 

日当たりの時間が少ないと花の付きが悪くなります。

根の成長が早いため、1年に1度植え替えを行います。

 

次は、タチバナモドキに適した用土についてお伝えします!

 

タチバナモドキを育てる際の適した用土は何?

 

タチバナモドキを育てる際の用土は、水はけの良い土を使用します。

 

市販の草花用培養土を利用するのが手軽です。

酸性土壌・アルカリ性土壌問わず、どちらでも育てられます。

 

鉢植えの場合、赤玉土7:腐葉土3の割合で混ぜたものを使用します。

 

次は、タチバナモドキに必要な肥料についてお伝えします!

 

タチバナモドキの育て方!肥料はどうする?

 

タチバナモドキを育てる際は、肥料はあまり必要ありません。

 

庭植えの場合は、元気がないようであれば、冬の時期に油かす8:骨粉2の割合で混ぜたものを適量与えます。

鉢植えの場合は、開花直前の3~4月、開花後の7月、実がつく前の8~9月の年3回与えます。

与えすぎると枝が成長しすぎて花や実の付きが悪くなるので注意が必要です

 

では次は、タチバナモドキの水やりポイントについてお伝えします!

 

タチバナモドキを育てる際の水の量はどうする?

 

タチバナミズキを育てる際の水やりは、庭植えと鉢植えの場合で異なります。

 

庭植えの場合は、極端に乾燥が気になる場合以外は必要ありません。

鉢植えで育てる場合には、表面の土が乾いてきたら多めに水を与えます。

 

開花時に乾燥させてしまうと、その後の実の付きが悪くなるため注意が必要です。

 

以上で基本的なタチバナモドキの育て方については終わりです。

次はタチバナモドキの写真をお見せします!

 

タチバナモドキの画像(写真)!特徴は?どんな実なの?

 

タチバナモドキの実            タチバナモドキの花
 

 

タチバナモドキは、小さな5枚の花弁の花を無数につけます。

 

秋になると橙色の美しい果実を多くつけ、翌年の3月頃まで見ることができます。

多数の実をつけるため、重さに耐えきれず枝が折れてしまうこともあります。

 

葉は小さく楕円形をしており、裏には細かな毛が生えています。

 

次は、タチバナモドキの開花時期や季節はいつ頃なのかをお伝えします。

 

タチバナモドキの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

タチバナモドキの花期は春(5~6月)になります。

花色は白く、いくつも集まるようにして咲くためとても見ごたえがあります。

 

次に、タチバナモドキとトキワサンザシの違いはなにかをお伝えします。

 

タチバナモドキとトキワサンザシの違いはなに?

 

タチバナモドキとトキワカンザシを見分けるポイントは2点あります。

 

タチバナモドキの葉は全緑だが、トキワカンザシの葉の縁は鋸歯があります。

タチバナモドキの葉の裏に白い毛があるが、トキワカンザシには葉の裏に毛がありません

 

次は、タチバナモドキの花言葉はなにかをお伝えします。

 

タチバナモドキの花言葉はなに?

 

タチバナモドキの花言葉は「慈悲」です。

慈悲は、春に咲かせる真っ白な花をが、純白とも言える上品な花色からイメージされたことが由来とされています。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

タチバナモドキのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは5個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①タチバナモドキの盆栽の育て方(環境、土、肥料、水やり)

タチバナモドキを育てるときは、日当たりの良く風通しの良い場所で管理します。

用土は、市販の草花用培養土を利用するのが手軽です。

育てる際の肥料はあまり必要ありません。

水やりは、庭植えの場合は必要なく、鉢植えの場合は、表土が乾いたら多めに与えます。

 

②タチバナモドキの画像(写真)!特徴は?どんな実なの?

タチバナモドキは、小さな5枚の花弁の花を無数につけます。

秋になると橙色の美しい果実を多くつけ、翌年の3月頃まで見ることができます。

 

③タチバナモドキの開花時期や季節はいつ頃なの?

タチバナモドキの花期は春(5~6月)になります。

 

④タチバナモドキとトキワサンザシの違いはなに?

タチバナモドキの葉は全緑だが、トキワカンザシの葉の縁には鋸歯があります。

タチバナモドキの葉の裏に白い毛があるが、トキワカンザシには葉の裏に毛がありません。

 

⑤タチバナモドキの花言葉はなに?

タチバナモドキの花言葉は「慈悲」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)