【キョウガノコ(京鹿子)のまとめ!】育て方(適した環境と肥料)と花言葉等4個のポイント!

⬇︎⬇︎今なら11月30日まで初回限定送料無料のキャンペーン中!!(クーポンコード[WNTR2020])⬇︎⬇︎






 

みなさんこんにちは。

今回は、キョウガノコ(京鹿子)についてまとめていきたいと思います。

 

キョウガノコは、バラ科の植物で、西日本に多く分布しています。

 

名前の由来は、花序の様子が、京染めの鹿の斑点のようで、鹿の子思慕栄を思わせることが由来となっているようです。

学名は「Filipendula purpurea」といいます。

 

今回は、キョウガノコ(京鹿子)についてのポイント、

①キョウガノコ(京鹿子)の育て方(環境、土、肥料、水やり)
②キョウガノコ(京鹿子)の画像(写真)!特徴は?どんな花なの?
③キョウガノコ(京鹿子)の開花時期や季節はいつ頃なの?
④キョウガノコ(京鹿子)の花言葉はなに?

 

以上4個の点についてお伝えします。

まずはキョウガノコの育て方からお伝えします!

 

キョウガノコの育て方は?

 

キョウガノコは、耐寒性、耐暑性ともにありますが、西日と乾燥を避けて管理します。

 

庭植えの場合、深さ30cmほどの植え穴を掘り、株間を30cmほどにして植えていきます。

鉢植えの場合は、2年に1度を目安に植え替えを行い、植え替えの時は、古い土を半分程度落としてから植え替えます。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、キョウガノコが好む環境についてお伝えします!

 

キョウガノコの育て方!環境はどうする?

 

キョウガノコは、少し湿りぎみの半日陰で管理します。

 

乾燥と直射日光に弱いため、西日の当たるようなところは避けます。

※ 鉢やプランターで育てる場合は、春と秋は半日陰に、夏は明るい日陰に置いて育てます。

 

次は、キョウガノコに適した用土についてお伝えします!

 

キョウガノコを育てる際の適した用土は何?

 

キョウガノコは水もちのよい湿度を保てる用土が最適です。

 

市販されている、草花用培養土、赤玉土と腐葉土を2対1程度に混ぜたものを使用します。

鉢植えの場合、赤玉土5:軽石砂2:腐葉土3の割合で混ぜたものを使用します。

 

次は、キョウガノコに必要な肥料についてお伝えします!

 

キョウガノコの育て方!肥料はどうする?

 

キョウガノコを育てる際の肥料は控えめで大丈夫です。

 

庭植えの場合、春と秋に化成肥料を与えます。

鉢植えの場合、植え付け時に元肥として緩効性の化成肥料を与えます。

 

また、植え付け後は、開花前と、開花後に2週間に1回程度、薄めた液肥を与えます。

 

では次は、キョウガノコの水やりポイントについてお伝えします!

 

キョウガノコを育てる際の水の量はどうする?

 

キョウガノコを育てる際は、乾燥に注意して水を与えます。

夏場は特に乾燥しないよう毎日水を与えます

 

鉢植えの場合、表面の土が乾いてきたら水を与えます。

庭植えの場合は、乾燥しない限りは降雨で十分です。

 

以上で基本的なキョウガノコの育て方については終わりです。

次はキョウガノコの写真をお見せします!

 

キョウガノコ(京鹿子)の画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

 

 

キョウガノコの花は茎先に散房花序をだし、ピンク色の小花を咲かせます。

 

葉には長い葉柄があり、側小葉はなく、互生してつきます。

葉は切れ込みが深く、縁に鋸歯があります。

 

次に、キョウガノコ(京鹿子)の開花時期や季節はいつ頃なのかをお伝えします。

 

キョウガノコ(京鹿子)の開花時期や季節はいつ頃なの?

 

キョウガノコの開花時期は夏(6~7月)です。

花は5mmほどの小さな花をたくさんつけます。

 

次は、キョウガノコ(京鹿子)の花言葉はなにかをお伝えします。

 

キョウガノコ(京鹿子)の花言葉はなに?

 

キョウガノコの花言葉は「無益」、「質素な美」です。

 

無益は、実をつけないことが「外見だけで中身がない」ということが由来となっているようです。

質素な美は、小さな花をたくさんつける姿が由来となっているようです。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

キョウガノコのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは4個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①キョウガノコ(京鹿子)の育て方(環境、土、肥料、水やり)

キョウガノコは、耐寒性、耐暑性ともにありますが、直射日光に弱いため、西日と乾燥を避けて管理します

用土は、市販の草花用培養土、赤玉土と腐葉土を2対1程度に混ぜたものを使用します。

育てる際の肥料は、庭植えの場合、春と秋に化成肥料を与えます。

鉢植えの場合、植え付け時に元肥として緩効性の化成肥料、植え付け後は、開花前と、開花後に2週間に1回程度、薄めた液肥を与えます。

 

②キョウガノコ(京鹿子)の画像(写真)!特徴は?どんな花なの?

キョウガノコの花は茎先に散房花序をだし、ピンク色の小花を咲かせるのが特徴です。

葉には長い葉柄があり、側小葉はなく、互生してつきます。

 

③キョウガノコ(京鹿子)の開花時期や季節はいつ頃なの?

キョウガノコの開花時期は夏(6~7月)です。

 

④キョウガノコ(京鹿子)の花言葉はなに?

キョウガノコの花言葉は「無益」、「質素な美」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)