【チョウセンレンギョウのまとめ!】育て方(適した環境や肥料)と花言葉等4個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、チョウセンレンギョウについてまとめていきたいと思います。

 

チョウセンレンギョウは、モクセイ科の植物で、「レンギョウ」の仲間です。

原産地が朝鮮半島であることから、チョウセンレンギョウと呼ばれているようです。

 

チョウセンレンギョウは、日本全土に分布しています。

 

垣根や切り花などに使用されています。

学名は、「Forsythia koreana」といいます。

 

今回は、チョウセンレンギョウについてのポイント、

①チョウセンレンギョウの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②チョウセンレンギョウの画像(写真)!特徴は?
③チョウセンレンギョウの開花時期や季節はいつ頃なの?
④チョウセンレンギョウの花言葉はなに?

 

以上4個の点についてお伝えします。

まずはチョウセンレンギョウの育て方からお伝えします!

 

チョウセンレンギョウの育て方は?

 

チョウセンレンギョウは、暑さ、寒さに強い植物です。

 

日当たりの良い場所で管理します。

植え替えや植え付けは落葉期間中に行います。

 

晩秋から冬にかけて、花をつけなかった枝や絡んでしまった枝を剪定します。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、チョウセンレンギョウが好む環境についてお伝えします!

 

チョウセンレンギョウの育て方!環境はどうする?

 

チョウセンレンギョウを育てる際は、やや湿度があり、日当たりのよい場所で管理します。

 

チョウセンレンギョウを庭植えを育てる場合は、植え替えは必要ありません。

鉢植えの場合には、2~3年に一度植え替えを行います。

 

植える鉢の大きさには注意が必要で、1回りや2回りも大きいと根が発育せずに根腐れを起こしやすくなります。

植え付けの際は、土を盛って植えつけ、水はけを良くします。

 

次は、チョウセンレンギョウに適した用土についてお伝えします!

 

チョウセンレンギョウを育てる際の適した用土は何?

 

チョウセンレンギョウを育てる際に使用する用土は、通気性、水はけの良い用土を使用します。

赤玉土(小粒)、腐葉土と黒土を混合(混合比率の目安は、赤玉土4、腐葉土3、黒土3)したものを使用します。

 

次は、チョウセンレンギョウに必要な肥料についてお伝えします!

 

チョウセンレンギョウの育て方!肥料はどうする?

 

チョウセンレンギョウに使用する肥料は、それほど必要ありません。

植え付けの際に堆肥を混ぜ込み、開花後に追肥として化成肥料を与えます。

 

では次は、チョウセンレンギョウの水やりポイントについてお伝えします!

 

チョウセンレンギョウを育てる際の水の量はどうする?

 

チョウセンレンギョウは湿気のある土壌を好みます。

庭植えの場合、乾燥しきっている以外は、水やりは必要ありません。

 

鉢植えの場合、朝と夕方に多めに水を与えます。

夏季は水切れを起こさないように注意して管理します

 

以上で基本的なチョウセンレンギョウの育て方については終わりです。

次はチョウセンレンギョウの写真をお見せします!

 

チョウセンレンギョウの画像(写真)!特徴は?

 

 

チョウセンレンギョウは、黄金色の四弁花を下向きに咲かせます。

 

枝から直接花を咲かせ、葉よりも先に花が開花します。

葉は楕円形で先が尖っている、葉の縁全面に鋸歯があること、対生して生えるなどの特徴があります。

 

次に、チョウセンレンギョウの開花時期や季節はいつ頃なのかをお伝えします。

 

チョウセンレンギョウの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

チョウセンレンギョウの花期は、春(3~4月)になります。

 

チョウセンレンギョウは、花径25cm程度の花を咲かせます。

類似したレンギョウ(シナレンギョウ)よりも濃い黄色で、花びらが細長くなっているのが違いになります。

 

次は、チョウセンレンギョウの花言葉はなにかをお伝えします。

 

チョウセンレンギョウの花言葉はなに?

 

チョウセンレンギョウの花言葉は、「期待」です。

期待は、密に咲き乱れる花の様子から、これからやってくることに対してわくわくと胸を膨らませる印象があることが由来とされているようです。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

チョウセンレンギョウのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは4個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①チョウセンレンギョウの育て方(環境、土、肥料、水やり)

チョウセンレンギョウを育てる際は、やや湿度があり、日当たりのよい場所で管理します。

使用する用土は、通気性、水はけの良いものを使用します。

肥料は、植え付けの際に堆肥を混ぜ込み、開花後に追肥として化成肥料を与えます

水やりは、庭植えの場合必要なく、鉢植えの場合は、朝と夕に多めに与えます。

 

②チョウセンレンギョウの画像(写真)!特徴は?

チョウセンレンギョウは、枝から直接花を咲かせるのが特徴的で、葉よりも先に花が開花します。

花色は黄金色で、四弁花を下向きに咲かせます。

葉は楕円形で先が尖っている、葉の縁全面に鋸歯があること、対生して生えます。

 

③チョウセンレンギョウの開花時期や季節はいつ頃なの?

チョウセンレンギョウの花期は、春(3~4月)になります。

 

④チョウセンレンギョウの花言葉はなに?

チョウセンレンギョウの花言葉は、「期待」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)