【ゴールドコインのまとめ!】育て方(苗の植え付けや挿し芽)と花言葉等8個のポイント!






 

みなさんこんにちは。

今回は、ゴールドコインについてまとめていきたいと思います。

 

ゴールドコインはキク科の植物で、地中海沿岸が原産になります。

砂丘や岩場などに自生しています。

 

名前は黄色の花が金貨のように見えることが由来となっています。

学名は「Asteriscus maritimum」といいます。

 

今回は、ゴールドコインについてのポイント、

①ゴールドコインの育て方(環境、土、肥料、水やり)
②ゴールドコインの画像(写真)!特徴は?
③ゴールドコインの開花時期や季節はいつ頃なの?
④ゴールドコインの苗の植え付けのポイントは?
⑤ゴールドコインの増やし方!挿し芽のポイントは?
⑥ゴールドコインの値段や販売価格はいくら位なの?
⑦ゴールドコインとフィカス・ゴールドコイン、ラナンキュラス・ゴールドコインの違いはなに?
⑧ゴールドコインの花言葉はなに?

 

以上8個の点についてお伝えします。

まずはゴールドコインの育て方からお伝えします!

 

ゴールドコインの育て方は?

 

ゴールドコインは耐寒性、耐暑性のどちらも強く丈夫な植物です。

 

ただし、湿度が苦手なため夏場や梅雨の時期には日陰での管理、刈り込みを行い通気性の良い状態にしておくことが大切です。

開花後の花柄や枯れた葉を放置しておくと病気の元になるため定期的に摘み取ります。

 

ここからさらに詳しくお伝えします。

最初は、ゴールドコインが好む環境についてお伝えします!

 

ゴールドコインの育て方!環境はどうする?

 

ゴールドコインを育てる際は、日当たりと水はけの良い場所で管理します。

夏場は蒸れやすくなるため、予め半日陰となる場所に植えるか鉢植えでの管理がオススメです。

 

次は、ゴールドコインに適した用土についてお伝えします!

 

ゴールドコインを育てる際の適した用土は何?

 

ゴールドコインを育てる際は、水はけの良い用土を使用します。

市販の培養土または赤玉土2:腐葉土1の割合で混ぜたものがオススメです。

 

次は、ゴールドコインに必要な肥料についてお伝えします!

 

ゴールドコインの育て方!肥料はどうする?

 

ゴールドコインを育てる際は、植え付け時に緩効性の肥料を与えます。

成長期は追肥として、2週間に1回液肥を与えます。

 

では次は、ゴールドコインの水やりポイントについてお伝えします!

 

ゴールドコインを育てる際の水の量はどうする?

 

ゴールドコインを育てる際は、過湿になると根腐れを起こすため、与えすぎには注意します。

 

鉢植えの場合は、土が乾燥してきたら多めに水を与えます。

庭植えの場合は、極端に日照りが続かない限りは、自然の降雨のみで大丈夫です。

 

以上で基本的なゴールドコインの育て方については終わりです。

次はゴールドコインの写真をお見せします!

 

ゴールドコインの画像(写真)!特徴は?

 

 

ゴールドコインは頭状花・舌状花・筒状花からなり、全ての花は黄色です。

 

花径は4cmほどで、一重の花を咲かせます。

葉は互生し、厚みがあるのが特徴で縁には鋸歯を持ちます。

 

株は高くならず、マット状に横に広がるように成長します。

 

次に、ゴールドコインの開花時期をお伝えします!

 

ゴールドコインの開花時期や季節はいつ頃なの?

 

ゴールドコインの開花時期は、春(4~6月)です。

花の付け方は頭状花序で、金貨のような丸い花を咲かせます。

 

次は、ゴールドコインの苗の植え付けのポイントをお伝えします!

 

ゴールドコインの苗の植え付けのポイントは?

 

ゴールドコインを植え付ける適期は、4~6月です。

暑さや密植による蒸れを防ぐために株間を40~50cmほど開けて植え付けを行います。

 

それでは次に、ゴールドコインの増やし方をお伝えします!

 

ゴールドコインの増やし方!挿し芽のポイントは?

 

ゴールドコインは、種まきや挿し芽で増やすことができます。

 

挿し芽を行う適期は5月または9月です。

挿し芽の長さは5~10cmくらいにします。

 

葉の数が多いと萎れやすくなってしまうため、2~3枚だけ残して他はカットします。

 

挿し芽用の枝が準備できたら、20分ほど水揚げを行います。

土に挿し込んだ後は、新芽がでるまでは用土が乾燥しないようにこまめな管理が大切です。

 

次は、ゴールドコインの値段や販売価格をお伝えします!

 

ゴールドコインの値段や販売価格はいくら位なの?

 

ゴールドコインはオンラインショップでも手軽に購入することができます。

 

販売価格は、300~500円と安価で購入ができます。

ゴールドコインは丈夫であるため、初心者向けの園芸植物です。

 

次に、ゴールドコインとフィカス・ゴールドコイン、ラナンキュラス・ゴールドコインの違いをお伝えします!

 

ゴールドコインとフィカス・ゴールドコイン、ラナンキュラス・ゴールドコインの違いはなに?

 

フィカス・ゴールドコインは、ゴムの木の仲間でゴールドコインとは別の種類になります。

 

葉の形状は丸く黄色のドット柄が入っているのが特徴です。

ラナンキュラス・ゴールドコインは、キンポウゲ科の植物でゴールドコインとは別の種類になります。

 

花径は1~2cmとゴールドコインと比較して小さく、花弁が何層にも重なって咲く花が特徴です。

 

それでは最後に、ゴールドコインの花言葉をお伝えします!

 

ゴールドコインの花言葉はなに?

 

ゴールドコインの花言葉は「小さな思い出」です。

 

花言葉は、小さな花が集まって咲く様子が由来となっているようです。

記念日など特別な日にはプレゼントとして喜ばれるお花です。

 

また、ゴールドコインは4月7日の誕生花になります。

 

それでは最後に、これまでのおさらいをしていきましょう。

 

ゴールドコインのまとめ!

 

いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは8個ありました。

覚えているでしょうか?1個ずつ振り返っていきましょう!

 

①ゴールドコインの育て方(環境、土、肥料、水やり)

ゴールドコインを育てる際は、日当たりと水はけの良い場所で管理します。

育てる際の用土は、水はけの良いものを使用します。

育てる際の肥料は、植え付け時に緩効性の肥料を与えます。

育てる際は、過湿になると根腐れを起こすため、水の与えすぎには注意します。

鉢植えの場合は、土が乾燥してきたら多めに水を与えます。

庭植えの場合は、極端に日照りが続かない限りは、自然の降雨のみで大丈夫です。

 

②ゴールドコインの画像(写真)!特徴は?

ゴールドコインは頭状花・舌状花・筒状花からなり、全ての花は黄色です。

花径は4cmほどで、一重の花を咲かせます。

葉は互生し、厚みがあるのが特徴で縁には鋸歯を持ちます。

 

③ゴールドコインの開花時期や季節はいつ頃なの?

ゴールドコインの開花時期は、春(4~6月)です。

 

④ゴールドコインの苗の植え付けのポイントは?

ゴールドコインを植え付ける適期は、4~6月です。

暑さや密植による蒸れを防ぐために株間を40~50cmほど開けて植え付けを行います。

 

⑤ゴールドコインの増やし方!挿し芽のポイントは?

挿し芽を行う適期は5月または9月です。

挿し芽の長さは5~10cmくらいにします。

葉の数が多いと萎れやすくなってしまうため、2~3枚だけ残して他はカットします。

挿し芽用の枝が準備できたら、20分ほど水揚げを行います。

土に挿し込んだ後は、新芽がでるまでは用土が乾燥しないようにこまめな管理が大切です。

 

⑥ゴールドコインの値段や販売価格はいくら位なの?

ゴールドコインはオンラインショップでも手軽に購入することができます。

販売価格は、300~500円と安価で購入ができます。

 

⑦ゴールドコインとフィカス・ゴールドコイン、ラナンキュラス・ゴールドコインの違いはなに?

フィカス・ゴールドコインの葉の形状は丸く黄色のドット柄が入っているのが特徴です。

ラナンキュラス・ゴールドコインの花径は1~2cmとゴールドコインと比較して小さく、花弁が何層にも重なって咲く花が特徴です。

 

⑧ゴールドコインの花言葉はなに?

ゴールドコインの花言葉は「小さな思い出」です。

 

それでは今回はこれで失礼します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)